【ネパール1部リーグ】2019~2020年シーズンマーティアズメモリアルAディヴィジョンリーグ

こんにちは、ゆうたです。

南アジアの国の1つのネパール。南アジアで盛んなクリケットも人気ですが、サッカーも人気のあると聞いたことがあります。

今回はそんなネパール1部リーグ(Martyr’s Memorial A-Division League)の2019~2020年シーズンについて解説していきます。

参加クラブ

※GoalNepal.com Official Facebook Pageより(リーグ開幕のアナウンス)

2019~2020年シーズンのネパール1部リーグは全国リーグとなっており、ネパール全土から以下の14クラブが参加しています。

※クラブ名のリンクから各クラブの公式Facebookページ(公式ページがないクラブはファンページ)に飛ぶことができます。

昇格クラブはありません。

【ネパール1部リーグ】2018~2019年シーズンマーティアズメモリアルAディヴィジョンリーグ

外国籍選手枠

2019~2020年シーズンのネパール1部リーグの外国籍選手枠は、以下の通りです。

登録枠4人(一般外国籍の選手3人+SAARC枠の選手1人)

出場枠4人(一般外国籍の選手3人+SAARC枠の選手1人)

※SAARCとは南アジア地域協力連合のことで、インド・パキスタン・バングラデシュ・スリランカ・ネパール・ブータン・モルディブ・アフガニスタンの8カ国を指します。

※NepalHighlights HDのYoutubeより(試合のハイライト、HIGHLIGHTS: Machhindra FC 2-0 Brigade Boys Club • A Division League 2019)

外国籍選手枠の編成

2019~2020年シーズンのネパール1部リーグの外国籍選手枠の編成です。

※あくまで個人的に集めた情報での数字です。

クラブ 1 2 3 SAARC
Brigade Boys Club 🇳🇬 🇳🇬 🇨🇲 🇮🇳
Chyasal Youth Club 🇯🇵 🇯🇵 🇯🇵 🇮🇳
Friends Club 🇧🇷 🇧🇷 🇧🇷 🇮🇳
Himalayan Sherpa Club 🇨🇲 🇨🇲 🇪🇬
Jawalakhel Youth Club 🇨🇲 🇬🇳 🇲🇱 🇮🇳
Machhindra F.C. 🇳🇬 🇳🇬 🇨🇲
Manang Marshyangdi Club 🇳🇬 🇨🇮 🇲🇿 🇮🇳
Nepal APF Club
Nepal Army Club
Nepal Police Club
New Road Team 🇨🇲 🇨🇲 🇨🇲
Sankata Boys S.C. 🇳🇬 🇨🇲 🇨🇲 🇮🇳
Saraswoti Youth Club 🇳🇬 🇨🇲 🇹🇿
Three Star Club 🇳🇬 🇳🇬 🇨🇲 🇮🇳

SAARCとは南アジア地域協力連合のことで南西アジアの8か国(インド,パキスタン,バングラデシュ,スリランカ,ネパール,ブータン,モルディブ,アフガニスタン)のことです。

・地域別外国籍選手数

地域
アジア(10) 🇮🇳インド(7),🇯🇵日本(3),
アフリカ(27) 🇨🇲カメルーン(12),🇳🇬ナイジェリア(9),🇪🇬エジプト(1),🇬🇳ギニア(1),
🇲🇱マリ(1),🇨🇮コートジボワール(1),🇲🇿モザンビーク(1),🇹🇿タンザニア(1)
北中米(0)
南米(3) 🇧🇷ブラジル(3)
ヨーロッパ(0)

※シーズン終了時に在籍していた選手一覧のため、退団した選手は含んでいません。

アフリカ系の選手が多く、アジア枠ではなく南アジア地域協力連合枠なため、インド国籍の選手が多く在籍しています。

日本国籍選手一覧

脇野 隼人(ワキノ ハヤト)選手【FW,MF】、1993年生まれ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Hayato Wakino(@hayatowakino)がシェアした投稿

※脇野選手のInstagramより

Chyasal Youth Club所属。

小澤 淳一(オザワ ジュンイチ)選手【MF】、1991年生まれ

小澤選手のInstagram

Chyasal Youth Club所属。

中村 大我(ナカムラ タイガ)選手【MF】、1995年生まれ

Chyasal Youth Club所属。

順位表

2019~2020年シーズンのネパール1部リーグの最終順位は以下の通りです。

順位 クラブ 試合 勝ち 引分 負け 得失 勝点 備考欄
1 Machhindra F.C. 13 10 2 1 +17 31
2 Nepal Army Club 13 9 2 2 +14 29
3 Manang Marshyangdi Club 13 8 4 1 +12 28
4 Three Star Club 13 8 2 3 +9 26
5 Nepal Police Club 13 6 2 5 +3 20
6 Jawalakhel Youth Club 13 5 4 4 +1 19
7 Sankata Boys S.C. 13 5 3 5 0 18
8 New Road Team 13 5 2 6 0 15
9 Chyasal Youth Club 13 4 3 6 −4 15
10 Himalayan Sherpa Club 13 3 5 5 −3 14
11 Friends Club 13 4 2 7 −7 14
12 Nepal APF Club 13 2 3 8 −6 9
13 Brigade Boys Club 13 2 3 8 −10 9
14 Saraswoti Youth Club(※②) 13 1 1 11 −26 4 2021年シーズンのネパール2部リーグに降格

※各クラブ、総当たり1回戦のみの全13試合
[a]:Machhindra F.C.は、昨シーズン13位だったため、勝点1がマイナスされています。
[b]:New Road Teamは、昨シーズン14位だったため、勝点2がマイナスされています。
※昨シーズンは降格がなかったため。

※①:第14位のSaraswoti Youth Clubは、2021年シーズンのネパール2部リーグに自動降格しました。

※元々、リーグ戦の優勝クラブにはAFCの大会(AFCカップ)への出場権が与えられる予定でしたが、全てのクラブがAFCが発行するクラブライセンスを取得できず、不参加となりました。

まとめ

今回は2019~2020年シーズンのネパール1部リーグについて解説しました。

ネパールリーグはアジア枠がないため日本国籍選手にとって挑戦が難しいのかなと個人的には感じています。

このブログを読んで少しでもネパールのサッカーに興味を持っていただけると嬉しいです。

【ネパール1部リーグ】2021年シーズンネパールスーパーリーグ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA