【ブータン1部リーグ】2020年シーズンブータンプレミアリーグ

こんにちは、ゆうたです。

世界一幸福度が高い国と言われるブータン。そんなブータンにもサッカーリーグが存在します。

今回はそんなブータン1部リーグの2020年シーズンについて解説していきます。

参加クラブ


※BOB Bhutan Premier League Official Facebook Pageより(全試合日程)

2020年シーズンのブータン1部リーグは全国リーグとなっており、ブータン全土から以下の8クラブが参加しています。

①2019年シーズンブータンプレミアリーグから以下の上位4クラブが出場

②2020年シーズンのブータンスーパーリーグから以下の上位4クラブが出場

※クラブ名のリンクから各クラブの公式Facebookページに飛ぶことができます。

2018年シーズンまでは、ティンプーリーグの上位3クラブ、Paro(パロ)から1クラブ、Phuntsholing(プンツォリン)から1クラブ、Punakha(プナカ)から1クラブの計6クラブでブータンナショナルリーグ(ブータン1部リーグ)というリーグ名で開催していましたが、2019年シーズンから形式が変わり、現在の前シーズンの上位4クラブとブータンスーパーリーグから上位4クラブの合計8クラブで開催されています。

※ブータンスーパーリーグとは、前シーズンのブータンスーパーリーグから4クラブ、Dzongkhag Leagueから4クラブの合計8クラブが参加する1回総当たりのリーグ戦でブータンプレミアリーグが開幕する前に開催されていて、ブータンプレミアリーグの予選リーグの位置付けになっています。

【ブータン1部リーグ】2019年シーズンブータンプレミアリーグ

外国籍選手枠

2020年シーズンのブータン1部リーグの外国籍選手枠は新型コロナウイルスの影響でなしとなりました。

No foreign players this season in the Bhutan Premier League 

※Kuensel Onlineより

外国籍選手枠の編成

2020年シーズンのブータン1部リーグの外国籍選手枠は新型コロナウイルスの影響でなしとなりました。

日本国籍選手一覧

2020年シーズンは、日本国籍選手は在籍していません。

以下、今までに在籍した選手です。

伊藤 壇(イトウ ダン)選手【MF】、1975年生まれ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Dan Ito(伊藤 壇)(@danito1975)がシェアした投稿


2015年シーズンにThimphu FCに在籍しました。

順位表

2020年シーズンのブータン1部リーグの最終順位は以下の通りです。

順位 クラブ 試合 勝ち 引分 負け 得失 勝点 備考欄
1 Thimphu City FC(※①) 14 12 1 1 +27 37 2021年シーズンAFCカップの予選への出場権
2 Ugyen Academy Football Club 14 11 1 2 +13 34
3 Paro FC 14 9 0 5 +27 27
4 Transport United FC 14 6 3 5 +4 21
5 Paro United Football Club 14 4 2 8 −6 14
6 High Quality United FC(※②) 14 4 1 9 −4 13 2021年シーズンのブータンスーパーリーグリーグに降格
7 Tensung FC(※②) 14 3 4 7 −14 13
8 Druk Stars FC(※②) 14 1 0 13 −47 3

※各クラブ、ホーム&アウェイの全14試合。

※①:優勝したThimphu City FCには、2021年シーズンAFCカップの予選1回選(予選ステージ)への出場権が与えられます。

※②:第6〜8位のHigh Quality United FCTensung FCDruk Stars FC、は2021年シーズンのブータンスーパーリーグリーグに自動降格しました。

まとめ

今回は2020年シーズンのブータン1部リーグについて解説しました。

最近までブータン代表は、FIFAランキングで最下位でしたが力をつけ始めてきていると聞きますし、リーグ自体も力を入れているクラブも増えてきている印象です。

このブログを読んで少しでもブータンのサッカーに興味を持っていただけると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA