【バングラデシュ1部リーグ】2018~2019年シーズンバングラデシュプレミアリーグ

こんにちは、ゆうたです。

世界で最も人口密度の高い国の1つであると言われるバングラデシュ。そんなバングラデシュにもサッカーリーグが存在します。

今回はそのバングラデシュ1部リーグ(Bangkadesh Premier League)の2018~2019年シーズンについて解説していきます。

参加クラブ


※Bangladesh Football Federation Official Facebook Pageより(試合結果)

2018~2019年シーズンのバングラデシュ1部リーグは全国リーグとなっており、バングラデシュ全土から以下の13クラブが参加しています。

※クラブ名のリンクから各クラブの公式Facebookページに飛ぶことができます。(リンクがないクラブは見つけることができませんでした。)

2017~2018年シーズンは12クラブでしたが、2018~2019年シーズンから13クラブとなっています。

Bashundhara KingsNofel Sporting Clubがバングラデシュ2部(Bangladesh Championship League)から昇格してきた新しいクラブです。


※Bashundhara Kings Official Youtubeより(対Abahani Limited Dhaka戦のハイライト)

外国籍選手枠

2018~2019年シーズンのバングラデシュ1部リーグの外国籍選手枠は、以下の通りです。

登録枠4人(一般外国籍の選手3人+アジア枠の選手1人)

出場枠4人(一般外国籍の選手3人+アジア枠の選手1人)

2017~2018年シーズンは、登録枠、出場枠共に3人(一般外国籍の選手3人)だったため、2018~2019年シーズンからの新しいルールとなります。

外国籍選手枠の編成

2018~2019年シーズンのバングラデシュ1部リーグの外国籍選手枠の編成です。

※あくまで個人的に集めた情報での数字です。

クラブ  1  2  3 アジア 退団した選手
Arambagh KS 🇨🇲 🇳🇬 🇺🇿 🇺🇿 🇳🇬
Bashundhara Kings 🇧🇷 🇨🇷 🇹🇹 🇰🇬 🇪🇸
Brothers Union 🇨🇮 🇪🇬 🇸🇸 🇰🇷 🇧🇷 🇧🇷 🇵🇦 🇮🇶
Chittagong Abahani Limited 🇬🇲 🇳🇬 🇳🇬 🇰🇬 🇳🇬
Abahani Limited Dhaka 🇧🇷 🇭🇹 🇳🇬 🇦🇫 🇰🇷
Mohammedan Sporting Club Limited Dhaka 🇨🇲 🇳🇬 🇲🇱 🇯🇵 🇬🇲 🇳🇬
Sheikh Jamal Dhanmondi Club 🇬🇲 🇬🇲 🇬🇲 🇰🇬 🇦🇷 🇬🇲
Muktijoddha Sangsad KC 🇬🇳 🇨🇮 🇹🇹 🇯🇵
Nofel Sporting Club 🇨🇲 🇬🇳 🇳🇬
Rahmatganj Muslim Friends Society 🇨🇩 🇬🇲 🇳🇬 🇺🇿 🇳🇬 🇯🇵
Saif Sporting Club 🇧🇷 🇨🇴 🇷🇼 🇺🇿 🇨🇦 🇷🇺 🇰🇷
Sheikh Russel KC 🇳🇬 🇳🇬 🇺🇦 🇺🇿 🇧🇷
Team Bangladesh Jute Mills Corporetion 🇨🇲 🇳🇬 🇳🇬 🇺🇿 🇺🇿

※シーズン終了時に在籍していた選手一覧のため、退団した選手は含んでいません。

アフリカ系の国籍の選手が多く、ナイジェリアが11人と一番多くなっています。次に多いのがウズベキスタンで6人というのもバングラデシュの特徴と言えます。

日本国籍選手一覧

永田 羽竜(ナガタ ウリュウ)選手【MF】、1994年生まれ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Uryu Nagata(@uryunagata)がシェアした投稿

※永田選手のInstagramより

Mohammedan Sporting Club Limited Dhaka所属。上武大学を卒業後、オーストラリアで3シーズンプレーし、2018~2019年シーズンからMohammedan Sporting Club Limited Dhakaに移籍、シーズン終了までプレーしました。

加藤 友介(カトウ ユウスケ)選手【MF,FW】、1986年生まれ

 

この投稿をInstagramで見る

 

yusuke kato(@22yusukekato)がシェアした投稿

※加藤選手のInstagramより

Muktijoddha Sangsad KC所属。高校卒業後、単身でアルゼンチンに渡り、現地のユースチーム(20歳以下)に所属し2006年にトップチームに昇格(当時アルゼンチン2部リーグ)し、クラブの1部リーグの昇格に貢献し、1部リーグでもプレーしました。その後帰国し、JFLのMIOびわこ草津に移籍、2012年から再び海外に出てインド、タイ、香港、インドネシア、モンゴルでプレーし、2018~2019年シーズンからMuktijoddha Sangsad KCに移籍し、シーズン終了までプレーしました。

米澤 淳司(ヨネザワ アツシ)選手【FW】、1985年生まれ

 

この投稿をInstagramで見る

 

atsushi(@yone20121217)がシェアした投稿

※米澤選手のInstagramより

Rahmatganj Muslim Friends Societyに前期のみ所属。中央大学卒業して数年後に、インド、インドネシア、ミャンマー、再びインドでプレーし、2018~2019年シーズンからRahmatganj Muslim Friends Societyに移籍し、前期のみプレーしました。※リーグ終了時までバングラデシュ1部リーグでプレーしていないため、外国籍選手枠の編成でカウントしていません。

順位表

2018~2019年シーズンのバングラデシュ1部リーグの最終順位は以下の通りです。

順位 クラブ 試合 勝ち 引分 負け 得失 勝点 備考欄
1 Bashundhara Kings(※①) 24 20 3 1 +40 63 2020年シーズンAFCカップの本戦への出場権
2 Abahani Limited Dhaka(※②) 24 19 1 4 +32 58 2020年シーズンAFCカップの予選への出場権
3 Sheikh Russel KC 24 16 4 4 +23 52
4 Saif Sporting Club 24 14 5 5 +16 47
5 Arambagh KS 24 10 3 11 +1 33
6 Sheikh Jamal Dhanmondi Club 24 7 7 10 −6 28
7 Muktijoddha Sangsad KC 24 6 8 10 −12 26
8 Chittagong Abahani Limited 24 5 10 9 −4 25
9 Mohammedan Sporting Club Limited Dhaka 24 6 7 11 −9 25
10 Rahmatganj Muslim Friends Society 24 4 10 10 −19 22
11 Brothers Union 24 5 6 13 −21 21
12 Nofel Sporting Club(※③) 24 5 5 14 −19 20 2019~2020シーズンのバングラデシュ2部リーグに降格
13 Team Bangladesh Jute Mills Corporetion (※③) 24 2 5 17 −22 11

※各クラブ、ホーム&アウェイの全24試合。

※①:優勝したBashundhara Kingsには、2020年シーズンAFCカップの本戦(グループステージ)への出場権が与えられます。

※②:第2位のAbahani Limited Dhakaは、2018年シーズンの国内カップ戦(2018 Bangladesh Federation Cup)で優勝したため、2020年シーズンAFCカップの予選(プレーオフラウンド)への出場権が与えられます。

※③:第12位と13位のNofel Sporting ClubTeam Bangladesh Jute Mills Corporetionは2019~2020シーズンのバングラデシュ2部リーグに自動降格しました。

まとめ

今回は2018~2019年シーズンのバングラデシュ1部リーグについて解説しました。

アジア枠も新設されたバングラデシュリーグ。日本人選手にとってチャンスの多い国の1つだと言えます。

このブログを読んで少しでもバングラデシュのサッカーに興味を持っていただけると嬉しいです。

【バングラデシュ1部リーグ】2019~2020年シーズンバングラデシュプレミアリーグ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA