【オーストラリア1部リーグ】2020~2021年シーズンAリーグ

こんにちは、ゆうたです。

州リーグも含めると多くの日本人選手がプレーする国の一つであるオーストラリア。リーグ自体が独特で実質的な2部リーグに当たる州リーグからのトップリーグであるA-leagueへの昇格は現在ありません。

今回はそんなオーストラリア1部リーグ(A-league)の2020~2021年シーズンについて解説していきます。

参加クラブ


※A-League Official Facebook Pageより(優勝セレモニー)

2020~2021年シーズンのオーストラリア1部リーグは全国リーグとなっており、オーストラリア全土から以下の11クラブが参加しています。

※クラブ名のリンクから各クラブの公式Facebookページに飛ぶことができます。

Macarthur FCは、2020~2021年シーズンから新しく参戦したクラブです。

外国籍選手枠

2020~2021年シーズンのオーストラリア1部リーグの外国籍選手枠の編成は、以下の通りです。

登録枠5人(一般外国籍の選手5人)
出場枠5人(一般外国籍の選手5人)


※A-league Official Youtubeより(ファイナルのハイライト)

外国籍選手枠の編成

2020~2021年シーズンのオーストラリア1部リーグの外国籍選手枠の編成です。

※あくまで個人的に集めた情報での数字です。

クラブ 1 2 3 4 5 市民権を持つ選手 退団した選手
Adelaide United FC 🇩🇰 🇪🇸 🇪🇸
Brisbane Roar FC 🏴󠁧󠁢󠁥󠁮󠁧󠁿 🇮🇪 🇯🇵 🇯🇵 🏴󠁧󠁢󠁳󠁣󠁴󠁿 🏴󠁧󠁢󠁥󠁮󠁧󠁿🇳🇿 🇳🇿
Central Coast Mariners FC 🇨🇷 🇵🇱 🇷🇸 🇳🇿
Macarthur FC 🏴󠁧󠁢󠁥󠁮󠁧󠁿 🇫🇷 🇪🇸 🇪🇸 🇨🇾
Melbourne City FC 🏴󠁧󠁢󠁥󠁮󠁧󠁿 🇫🇷 🇯🇵 🇵🇹 🇺🇾 🇲🇰
Melbourne Victory FC 🇧🇯 🏴󠁧󠁢󠁥󠁮󠁧󠁿 🏴󠁧󠁢󠁥󠁮󠁧󠁿 🇳🇿 🇧🇮🇮🇪🇳🇿🇳🇿 🏴󠁧󠁢󠁥󠁮󠁧󠁿
Newcastle United Jets FC 🇮🇶🇮🇪🇸🇸 🇮🇩🇲🇾
Perth Glory FC 🇨🇼 🇩🇪 🇯🇵 🇪🇸 🇺🇾 🇮🇪🇳🇿
Sydney FC 🇧🇷 🏴󠁧󠁢󠁥󠁮󠁧󠁿 🇩🇪 🇳🇿 🇷🇸
Wellington Phoenix FC 🏴󠁧󠁢󠁥󠁮󠁧󠁿 🏴󠁧󠁢󠁥󠁮󠁧󠁿 🇮🇱 🇲🇽
Western Sydney Wanderers FC 🏴󠁧󠁢󠁥󠁮󠁧󠁿 🇩🇪 🏴󠁧󠁢󠁳󠁣󠁴󠁿 🏴󠁧󠁢󠁳󠁣󠁴󠁿 🇩🇪 🇮🇪🇲🇰
Western United FC 🇮🇹 🇯🇵 🇵🇱 🇪🇸 🇪🇸 🏴󠁧󠁢󠁥󠁮󠁧󠁿🇽🇰
🇳🇿

・地域別外国籍選手数

地域
アジア/オセアニア(7) 🇯🇵日本(5),🇳🇿ニュージーランド(2)
アフリカ(1) 🇧🇯ベナン(1)
北中米(3) 🇨🇷コスタリカ(1),🇨🇼キュラソー(1),🇲🇽メキシコ(1)
南米(3) 🇺🇾ウルグアイ(2),🇧🇷ブラジル(1)
ヨーロッパ(33) 🏴󠁧󠁢󠁥󠁮󠁧󠁿イングランド(9),🇪🇸スペイン(7),🏴󠁧󠁢󠁳󠁣󠁴󠁿スコットランド(3),🇩🇪ドイツ(3),
🇫🇷フランス(2),🇷🇸セルビア(2),🇵🇱ポーランド(2),🇮🇪アイルランド(1)
🇩🇰デンマーク(1),🇵🇹ポルトガル(1),🇮🇱イスラエル(1),🇮🇹イタリア(1)

※市民権を持つ選手と退団した選手は含んでいません。

日本国籍選手一覧

檀崎 竜孔(ダンザキ リク)選手

※檀崎選手のInstagramより
ポジション:FW
生年月日:2000年5月31日生まれ
経歴:青森山田高校 – 北海道コンサドーレ札幌 – Brisbane Roar FC
オーストラリアAリーグBrisbane Roar FC所属。青森山田高校を卒業後、日本のJリーグの北海道コンサドーレ札幌でプレーし、2020年にオーストラリアに移籍していきました。U-15,16,18日本代表経験あり。

工藤 壮人(クドウ マサト)選手

 

この投稿をInstagramで見る

 

Masato Kudo(@masato_kudo_official)がシェアした投稿

※工藤選手のInstagramより
ポジション:FW
生年月日:1990年5月6日生まれ
経歴:柏レイソルU-18 – 柏レイソル – バンクーバー・ホワイトキャップス(カナダ) – サンフレッチェ広島 – レノファ山口 – サンフレッチェ広島 – Brisbane Roar FC(オーストラリア)
オーストラリアAリーグBrisbane Roar FC所属。柏レイソルユースでプレー後、日本のJリーグの柏レイソル、カナダリーグ、サンフレッチェ広島、レノファ山口でプレーし、2020年にオーストラリアに移籍してきました。U-21,23日本代表経験あり。元日本代表。

椿 直起(ツバキ ナオキ)選手

※椿選手のInstagramより
ポジション:MF
生年月日:2000年6月23日生まれ
経歴:横浜Fマリノスユース – 横浜Fマリノス – ギラヴァンツ北九州 – 横浜Fマリノス – ギラヴァンツ北九州 – Melbourne City FC(オーストラリア)
オーストラリアAリーグMelbourne City FC所属。横浜Fマリノスユースでプレー後、日本のJリーグの横浜Fマリノス、ギラヴァンツ北九州でプレーし、2020年にオーストラリアに移籍してきました。U-16~18日本代表経験あり。

太田 宏介(オオタ コウスケ)選手

※太田選手のInstagramより
ポジション:DF
生年月日:1987年7月23日生まれ
経歴:麻布大渕野辺高校 – 横浜FC – 清水エスパルス – FC東京 – フィテッセ(オランダ) – FC東京 – 名古屋グランパス – Perth Glory FC(オーストラリア)
オーストラリアAリーグPerth Glory FC所属。麻布大学付属淵野辺高校を卒業後、日本のJリーグの横浜FC、清水エスパルス、FC東京、名古屋グランパス、オランダリーグでプレーし、2020年にオーストラリアに移籍してきました。U-20日本代表経験あり。元日本代表。

今井 智基(イマイ トモキ)選手

 

この投稿をInstagramで見る

 

Tomoki Imai(@mero1129_official)がシェアした投稿

※今井選手のInstagramより
ポジション:DF
生年月日:1990年11月29日生まれ
経歴:大宮アルディージャユース – 中央大学 – 大宮アルディージャ – 柏レイソル – 松本山雅FC – Western United Football Club(オーストラリア)
オーストラリアAリーグWestern United FC所属。中央大学卒業後、大宮アルディージャ、柏レイソル、松本山雅FCでプレーし、2020年にオーストラリアに移籍してきました。

西川 聡(ニシカワ ソウ)選手

ポジション:DF
生年月日:2001年6月18日生まれ
経歴:Melbourne Victory FC U-21(オーストラリア) – Melbourne Victory FC(オーストラリア)
Melbourne Victory FC所属。

加藤 カレッティ 丈(カトウ カレッティ ジョウ)選手

ポジション:MF
生年月日:1998年9月14日生まれ
経歴:FFA Centre of Excellence(オーストラリア) – Brisbane Roar FC(オーストラリア) – Florö SK(ノルウェー) – Adelaide United FC(オーストラリア)
Adelaide United FC所属。

コナー・ニール・和希・オトゥール(コナー ニール カズキ オトゥール)選手

ポジション:DF
生年月日:1997年7月4日生まれ
経歴:成立学園高校 – Brisbane Roar FC U-21(オーストラリア) – Brisbane Roar FC(オーストラリア) – Newcastle United Jets FC(オーストラリア)
Newcastle United Jets FC所属。

順位表

2020~2021年シーズンのオーストラリア1部リーグの最終順位は以下の通りです。

・レギュラーシーズン

順位 クラブ 試合 勝ち 引分 負け 得失 勝点 備考欄
1 Melbourne City FC(※①) 26 15 4 7 +25 49 2022年シーズンAFCチャンピオンズリーグの本戦への出場権
2 Sydney FC(※②) 26 13 8 5 +16 47 2022年シーズンAFCチャンピオンズリーグの予選への出場権
3 Central Coast Mariners FC 26 12 6 8 +4 42
4 Brisbane Roar FC 26 11 7 8 +8 40
5 Adelaide United FC 26 11 6 9 −2 39
6 Macarthur FC 26 11 6 9 −3 39
第6位以上のクラブがファイナルシリーズ進出
7 Wellington Phoenix FC 26 10 8 8 +10 38
8 Western Sydney Wanderers FC 26 9 8 9 +2 35
9 Perth Glory FC 26 9 7 10 0 34
10 Western United FC 26 8 4 14 −17 28
11 Newcastle United Jets FC 26 5 6 15 −14 21
12 Melbourne Victory FC 26 5 4 17 −29 19

※各クラブ、ホーム&アウェーの22試合+4試合の全26試合

※①:優勝したMelbourne City FCは、2022年シーズンAFCチャンピオンズリーグの本戦(グループステージ)への出場権が与えられます。

※②:第2位のSydney FCは、2022年シーズンAFCチャンピオンズリーグの予選(プレーオフラウンド)への出場権が与えられます。

※第6位以上のクラブがファイナルシリーズに進出します。

・ファイナルシリーズ

○準々決勝

クラブ1 スコア クラブ2
Central Coast Mariners FC 0-2  Macarthur FC
Brisbane Roar FC 1-2 Adelaide United FC

○準決勝

クラブ1 スコア クラブ2
Sydney FC 2-1 Adelaide United FC
Melbourne City FC 2–0  Macarthur FC

○決勝

クラブ1 スコア クラブ2
Melbourne City FC 3-1 Sydney FC

まとめ

今回は2020~2021年シーズンのオーストラリア1部リーグについて解説しました。

近年、日本人選手の増加とともに注目度が上がってきているオーストラリアリーグ。今後さらにプレーする日本人選手が増えそうですし、個人的にもいつか行ってみたい国の一つです。

このブログを読んで少しでもオーストラリアのサッカーに興味を持っていただけると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA