【イラン1部リーグ】2020~2021年シーズンペルシアンガルフプロリーグ

こんにちは、ゆうたです。

2021年6月にFIFAが発表した代表チームでの通算ゴール数でポルトガルのクリスティアーノ・ロナウド選手と並び世界1位の109ゴールの記録を保持している元選手のアリ・ダエイ氏の出身国であるイラン。世界1位とは驚きですよね。

今回はそんなイラン1部リーグの2020~2021年シーズンについて解説していきます。

参加クラブ

2020~2021年シーズンのイラン1部リーグは全国リーグとなっており、イラン全土から以下の16クラブが参加しています。

※クラブ名のリンクから各クラブの公式Instagramに飛ぶことができます。

Aluminium Arak FCMes Rafsanjan FCが2019~2020年シーズンのイラン2部リーグから昇格してきました。

外国籍選手枠

2020~2021年シーズンのイラン1部リーグの外国籍選手枠の編成は、以下の通りです。

登録枠4人(一般外国籍の選手3人+アジア枠の選手1人)
出場枠4人(一般外国籍の選手3人+アジア枠の選手1人)


※Persepolis F.C. Official Youtubeより(ハイライト)

外国籍選手枠の編成

2020~2021年シーズンイラン1部リーグの外国籍選手枠の編成です。

※あくまで個人的に集めた情報での数字です。

クラブ 1 2 3 アジア 退団した選手
Aluminium Arak FC
Esteghlal Tehran FC 🇭🇷 🇲🇱
Foolad Khuzestan FC 🇧🇷 🇲🇱 🇿🇦
Gol Gohar Sirjan FC 🇳🇬
Machine Sazi Tabriz FC
Mes Rafsanjan FC
Naft Masjed Soleyman FC
FC Nassaji Mazandaran
Paykan FC
Persepolis FC 🇭🇷 🇮🇶
Saipa FC
Sanat Naft Abadan FC
Sepahan SC 🇧🇷 🇬🇪
Padideh Khorasan FC
Tractor SC 🇩🇿
Zob Ahan FC 🇷🇸 🇷🇸

・地域別外国籍選手数

地域
アジア/オセアニア(0)
アフリカ(4) 🇲🇱マリ(2),🇿🇦南アフリカ(1),🇳🇬ナイジェリア(1)
北中米(0)
南米(2) 🇧🇷ブラジル(2)
ヨーロッパ(5) 🇷🇸セルビア(2),🇭🇷クロアチア(2),🇬🇪ジョージア(1)

※退団した選手は含んでいません。

日本国籍選手一覧

2020~2021年シーズンは、プレーした日本国籍選手はいません。

順位表

2020~2021年シーズンのイラン1部リーグの最終順位は以下の通りです。

順位 クラブ 試合 勝ち 引分 負け 得失 勝点 備考欄
1 Persepolis FC 30 19 10 1 +33 67 2022年シーズンのAFCチャンピオンズリーグの本戦への出場権
2 Sepahan SC 30 19 8 3 +29 65 2022年シーズンAFCチャンピオンズリーグの予選への出場権
3 Esteghlal Tehran FC 30 16 8 6 +17 56
4 Tractor SC 30 12 9 9 +6 45
5 Gol Gohar Sirjan FC 30 13 6 11 +1 45
6 Foolad Khuzestan FC 30 10 14 6 +9 44 2022年シーズンのAFCチャンピオンズリーグの本戦への出場権
7 Paykan FC 30 9 13 8 +2 40
8 Mes Rafsanjan FC 30 10 9 11 −6 39
9 Padideh Khorasan FC 30 10 8 12 −4 38
10 Sanat Naft Abadan FC 30 9 10 11 −5 37
11 Aluminium Arak FC 30 8 13 9 −8 37
12 FC Nassaji Mazandaran 30 9 6 15 −7 33
13 Naft Masjed Soleyman FC 30 7 10 13 −8 31
14 Zob Ahan FC 30 5 11 14 −11 26
15 Saipa FC 30 5 11 14 −15 26 2021~2022年シーズンのイラン2部リーグに降格
16 Machine Sazi Tabriz FC 30 2 8 20 −33 14

※各クラブ、ホーム&アウェーの全30試合

※①:優勝したPersepolis FC2021 Hazfi Cup(カップ戦)で優勝した第6位のFoolad Khuzestan FCには、2022年シーズンのAFCチャンピオンズリーグの本戦(グループステージ)への出場権が与えられます。

※②:第2位のSepahan SC第3位のEsteghlal Tehran FCには、2022年シーズンAFCチャンピオンズリーグの予選(プレーオフラウンド)への出場権が与えられます。

※③:第15位のSaipa FC、第16位のMachine Sazi Tabriz FCは、2021~2022年シーズンのイラン2部リーグに自動降格しました。

まとめ

今回は2020~2021年シーズンのイラン1部リーグについて解説しました。

イランを含む中東のサッカーの情報はまだまだ少ないと感じています。今後、イランリーグでプレーする日本人選手が増えてくると面白くなりそうですね。

このブログを読んで少しでもイランのサッカーに興味を持っていただけると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA