【クウェート1部リーグ】2021~2022年シーズンクウェートプレミアリーグ

こんにちは、ゆうたです。

国民皆公務員と言われているクウェート。そんなクウェートにもサッカーリーグが存在します。

今回はそんなクウェート1部リーグの2021~2022年シーズンについて解説していきます。

参加クラブ

2021~2022年シーズンのクウェート1部リーグは全国リーグとなっており、クウェート全土から以下の10クラブが参加しています。

※クラブ名のリンクから各クラブの公式Facebookページに飛ぶことができます。(リンクがないクラブは情報を見つけることができませんでした)

Al-Tadhamon SCAl-Yarmouk SCの2クラブが2020~2021年シーズンのクウェート2部リーグからの昇格クラブです。

【クウェート1部リーグ】2020~2021年シーズンクウェートプレミアリーグ

外国籍選手枠

2021~2022年シーズンのクウェート1部リーグの外国籍選手枠の編成は、以下の通りです。

登録枠5人(一般外国籍の選手5人)

出場枠5人(一般外国籍の選手5人)

外国籍選手枠の編成

2021~2022年シーズンのクウェート1部リーグの外国籍選手枠の編成は不明です。

※情報を見つけることができませんでした。

日本国籍選手一覧

今までプレーした日本国籍選手はいません。

順位表

2021~2022年シーズンのクウェート1部リーグの最終順位は以下の通りです。

順位 クラブ 試合 勝ち 引分 負け 得失 勝点 備考欄
1 Al-Kuwait SC(※①) 18 13 3 2 +26 42 2023~2024年のAFCカップの予選への参加権
2 Kazma SC 18 10 5 3 +7 35
3 Al-Arabi SC 18 10 2 6 +9 32
4 Al-Salmiya SC 18 9 4 5 +8 31
5 Al-Qadsia SC 18 9 3 6 +2 30
6 Al-Nasar SC 18 7 3 8 +4 24
7 Al-Fahaheel SC 18 4 6 8 −10 18
8 Al-Tadhamon SC 18 4 4 10 −11 16
9 Al-Yarmouk SC(※②) 18 3 3 12 −15 12 2022~2023年シーズンクウェート2部リーグへ降格
10 Al-Shabab SC(※②) 18 3 3 12 −20 12

※各クラブ総当たり2回戦の全18試合

※①:優勝したAl-Kuwait SCは、2023~2024年のAFCカップの予選(プレーオフ)への参加権が与えられます。

※②:第9位のAl-Yarmouk SCと第10位のAl-Shabab SCは、2022~2023年シーズンクウェート2部リーグへ降格しました。

まとめ

今回は2021~2022年シーズンのクウェート1部リーグについて解説しました。

クウェートを含む中東のサッカーの情報はまだまだ少ないと感じています。個人的には日本国籍選手がプレーしたことない国はいろんな意味合いでチャンスがあると思っていますし、挑戦してほしいと思っています。

このブログを読んで少しでもクウェートのサッカーに興味を持っていただけると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA