【オマーン1部リーグ】2021~2022年シーズンオマーンプロフェッショナルリーグ

こんにちは、ゆうたです。

オマーンの首都といえばマスカット。子供の頃に美味しそうな地名やなーと思ってました。笑

そんなオマーンにもサッカーリーグが存在します。

今回はそんなオマーン1部リーグのの2021~2022年シーズンについて解説していきます。

参加クラブ

2021~2022年シーズンのオマーン1部リーグは全国リーグとなっており、オマーン全土から以下の14クラブが参加しています。

※クラブ名のリンクから各クラブの公式Facebookページに飛ぶことができます。(リンクがないクラブは見つけることができませんでした)

※新型コロナウイルスのパンデミックの影響により、2020~2021年シーズンは10節終了後中止となったため、昇格クラブはありません。

【オマーン1部リーグ】2020~2021年シーズンオマーンプロフェッショナルリーグ

外国籍選手枠

2021~2022年シーズンのオマーン1部リーグの外国籍選手枠の編成は、以下の通りです。

登録枠5人(一般外国籍の選手3人+アジア枠の選手1人+GCC枠の選手1人)

出場枠5人(一般外国籍の選手3人+アジア枠の選手1人+GCC枠の選手1人)

※GCC(Gulf Cooperation Council)とは湾岸協力理事会のことで防衛・経済をはじめとするあらゆる分野における参加国間での調整、統合、連携を目的としているサウジアラビア、アラブ首長国連邦(UAE)、バーレーン、オマーン、カタール、クウェートによって設立された組織でここでいうGCC枠の選手とはこの国籍の選手のことを指します。

外国籍選手枠の編成

2021~2022年シーズンのオマーン1部リーグの外国籍選手枠の編成は不明です。

※情報を見つけることができませんでした。

日本国籍選手一覧

2021~2022年シーズンは日本国籍の選手はプレーしていません。

順位表

2021~2022年シーズンのオマーン1部リーグの最終順位は以下の通りです。

順位 クラブ 試合 勝ち 引分 負け 得失 勝点 備考欄
1 Al-Seeb Club(※①) 26 16 7 3 +33 55 2023~2024年シーズンAFCカップの予選への出場権
2 Al-Nahda Club 26 15 8 3 +18 53
3 Dhofar Club 26 13 9 4 +22 48
4 Al-Mussanah Club 26 12 7 7 +9 43
5 Al-Nasr Club 26 11 9 6 +6 42
6 Sohar SC 26 10 9 7 +1 39
7 Al-Rustaq Club 26 9 8 9 +1 35
8 Oman Club 26 8 7 11 −3 31
9 Al-Suwaiq Club 26 8 7 11 −4 31
10 Al-Ittihad Club 26 5 10 11 −19 25
11 Bahla Club 26 5 9 12 −7 24
12 Muscat Club(※②) 26 5 7 14 −12 22 2022~2023年シーズンのオマーン2部リーグに降格
13 Saham Club(※②) 26 3 11 12 −17 20
14 Nizwa Club(※②) 26 4 8 14 −28 20

※各クラブ、ホーム&アウェーの全26試合

※①:優勝したAl-Seeb Clubには、2023~2024年シーズンAFCカップの予選(プレーオフラウンド)への出場権が与えられます。

※②:第12位のMuscat Clubと第13位のSaham Clubと第14位のNizwa Clubは、2022~2023年シーズンのオマーン2部リーグに自動降格しました。

まとめ

今回は2021~2022年シーズンのオマーン1部リーグについて解説しました。

個人的には、オマーンを含む中東のサッカーの情報はまだまだ少ないと感じています。

このブログを読んで少しでもオマーンのサッカーに興味を持っていただけると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA