【AFCカップ2021】AFCカップに出場する日本人選手一覧

こんにちは、ゆうたです。

ヨーロッパにUEFAチャンピオンズリーグとUEFAヨーロッパリーグがあるようにアジアでも日本のJリーグのクラブが参加するアジアチャンピオンズリーグとは別にAFCカップという大会があります。

AFCカップに参加するアジアのクラブでも多くの日本人選手がプレーしています。

今回は、2021年シーズンのAFCカップに出場する日本人選手一覧を解説していきます。


※AFC Cup Official Facebook Pageより

※新型コロナウイルスの影響により、東南アジアゾーン(予選ラウンド、グループG,H,I)は中止となりました。

予選ラウンド

FC Chanthabouly(ラオス)※2020年シーズンラオス1部リーグ優勝

柳舘 知(ヤナギダテ カズ)選手

 

この投稿をInstagramで見る

 

Kazu Yanagidate(@kazu_yanagidate)がシェアした投稿

※柳舘選手のInstagramより
ポジション:DF
生年月日:1993年3月23日
経歴:HBO東京 – National Defense Ministry(カンボジア) – CMAC UNITED(カンボジア) – G.C. National Police FC(カンボジア) – Kuda Henveiru United(モルディブ) – Anduud City(モンゴル) – SP Falcons(モンゴル) – Viengchanh FC(ラオス) – FC Chanthabouly(ラオス)
FC Chanthabouly所属。2020年シーズンにViengchanh FCに加入し、2021年シーズンからFC Chanthaboulyに移籍しました。

井手口 正昭(イデグチ マサアキ)選手

ポジション:MF
生年月日:1988年8月10日
経歴:東福岡高校 – 阪南大学 – 横浜FC – 横浜FC香港 – 横浜FC – Hoang Anh Gia Lai FC(ベトナム) – FC大阪 – Visakha FC(カンボジア) – Phnom Penh Crown FC(カンボジア) – FC Chanthabouly(ラオス)
FC Chanthabouly所属。2021年からFC Chanthaboulyに移籍しました。

Kasuka FC(ブルネイ)※2018~2019年シーズンブルネイ1部リーグ第2位

和田 翔太(ワダ ショウタ)選手

ポジション:GK
生年月日:1984年6月10日
経歴:堀越高校 – 神奈川大学 – さいたまSC – FC琉球 – フェルヴォローザFC – アルテ高崎 – グルージャ盛岡 – ツエーゲン金沢 – 栃木ウーヴァFC – TTM FC(タイ) – Hua Hin FC(タイ) – Singburi FC(タイ) – FC Ulaanbaatar(モンゴル) – Master 7 FC(ラオス) – Kasuka FC(ブルネイ)
Kasuka FC所属。

安藤 竣哉(アンドウ シュンヤ)選手

 

この投稿をInstagramで見る

 

Shunya Ando 安藤 竣哉(@shunya.ando)がシェアした投稿

※安藤選手のInstagramより
ポジション:FW
生年月日:1996年5月21日
経歴:桐蔭学園高校 – SV Gonsenheim U19(ドイツ) – SV Grün-Weiß Siemerode(ドイツ) – VfR Fischeln(ドイツ) – VfB Speldorf(ドイツ) – Holzheimer SG(ドイツ) – Kasuka FC(ブルネイ)
Kasuka FC所属。

グループD

Maziya S&RC(モルディブ)※2019~2020年シーズンモルディブ1部リーグ優勝

小田原 貴(オダワラ タカシ)選手

 

この投稿をInstagramで見る

 

Takashi Odawara(@odawara1203)がシェアした投稿

※小田原選手のInstagramより
ポジション:MF/DF
生年月日:1992年12月3日生まれ
経歴:FCトリプレッタ – 東京農業大学 – JPV Marikina FC(フィリピン) – Davao Aguilas FC(フィリピン) – Ceres–Negros FC/United Cit FC(フィリピン) – Maziya S&RC(モルディブ)
Maziya S&RC所属。東京農業大学を卒業後、2015年シーズンからフィリピンリーグでプレーし、2021年からモルディブでプレーしています。

グループG

Boeung Ket Angkor FC(カンボジア)※2020年シーズンカンボジア1部リーグ優勝

山崎 健太(ヤマザキ ケンタ)選手

 

この投稿をInstagramで見る

 

Kenta Yamazaki(@y.kenta0519)がシェアした投稿

※山崎選手のInstagramより
ポジション:MF
生年月日:1987年5月19日生まれ
経歴:駒澤大学高校 – 駒澤大学 – 東京23FC – TTM Customs FC(タイ) – FK Berane(モンテネグロ) – OFK Grbalj(モンテネグロ) – Ubon UMT United(タイ) – Boeung Ket Angkor FC(カンボジア)
Boeung Ket Angkor FC所属。駒澤大学を卒業後、東京23FCでプレーし、タイ、モンテネグロでプレーし、2019年からカンボジアでプレーしています。

水野 輝(ミズノ ヒカル)選手

 

この投稿をInstagramで見る

 

(@hikarum1028)がシェアした投稿

※水野選手のInstagramより
ポジション:MF
生年月日:1991年8月2日生まれ
経歴:市立船橋高校 – 明治大学 – FC琉球 – アルビレックス新潟シンガポール – Preah Khan Reach Svay Rieng FC(カンボジア) – Boeung Ket Angkor FC(カンボジア)
Boeung Ket Angkor FC所属。明治大学を卒業後、日本のJリーグのFC琉球、アルビレックス新潟シンガポールでプレーし、2016年からカンボジアでプレーしています。

グループH

Saigon FC(ベトナム)※2020年シーズンベトナム1部リーグ第3位

松井 大輔(マツイ ダイスケ)選手

 

この投稿をInstagramで見る

 

松井大輔(@matsuidaisuke_official)がシェアした投稿

※松井選手のInstagramより
ポジション:MF
生年月日:1981年5月11日生まれ
経歴:鹿児島実高校 – 京都サンガFC – Le Mans FC(フランス) – AS Saint-Étienne(フランス) – Grenoble Foot 38(フランス) – FC Tom Tomsk(ロシア) – Grenoble Foot 38(フランス) – Dijon FCO(フランス) – PFC Slavia Sofia(ブルガリア) – Lechia Gdańsk(ポーランド) – ジュビロ磐田 – Odra Opole(ポーランド) – 横浜FC – Saigon FC(ベトナム)
Saigon FC所属。鹿児島実業を卒業後、日本のJリーグの京都サンガFC、ジュビロ磐田、横浜FC、フランス、ロシア、ブルガリア、ポーランドでプレーし、2021年シーズンからSaigon FCに移籍してきました。U-21~23日本代表経験あり。元日本代表。

高崎 寛之(タカサキ ヒロユキ)選手

 

この投稿をInstagramで見る

 

高崎寛之(@hiro0317)がシェアした投稿

※高崎選手のInstagramより
ポジション:FW
生年月日:1986年3月17日生まれ
経歴:古河三高校 – 駒澤大学 – 浦和レッズ – 水戸ホーリーホック – 浦和レッズ – ヴァンフォーレ甲府 – 徳島ヴォルティス – 鹿島アントラーズ – モンテディオ山形 – 鹿島アントラーズ – 松本山雅FC – 鹿島アントラーズ – 松本山雅FC – FC岐阜 – Saigon FC(ベトナム)
Saigon FC所属。駒沢大学を卒業後、日本のJリーグの浦和レッズ、水戸ホーリーホック、ヴァンフォーレ甲府、徳島ヴォルティス、鹿島アントラーズ、モンテディオ山形、松本山雅FC、FC岐阜でプレーし、2021年シーズンからSaigon FCに移籍してきました。

苅部 隆太郎(カルべ リュウタロウ)選手

 

この投稿をInstagramで見る

 

Ryutaro Karube(@ryuuuuq)がシェアした投稿

※苅部選手のInstagramより
ポジション:MF/DF
生年月日:1992年12月19日生まれ
経歴:川崎フロンターレU-18 – 明治大学 – FC岐阜 – Perseru Serui(インドネシア)  – Thanh Hoa FC(ベトナム) – Chainat Hornbill FC (タイ) – Kuala Lumpur FA(マレーシア) – Chainat Hornbill FC (タイ) – Suphanburi(タイ) – Saigon FC(ベトナム)
Saigon FC所属。明治大学を卒業後、日本のJリーグのFC岐阜、インドネシアリーグ、ベトナムリーグ、タイリーグ、マレーシリーグでプレーし、2021年シーズンからSaigon FCに移籍してきました。

グループI

Geylang International FC(シンガポール)※2020年シーズンシンガポール1部リーグ第4位

市川 祐樹(イチカワ ユウキ)選手

 

この投稿をInstagramで見る

 

Yuki Ichikawa(@yuuuuki9280)がシェアした投稿

※市川選手のInstagramより
ポジション:DF
生年月日:1987年8月29日生まれ
経歴:前橋育英高校 – 駒澤大学 – JAPANサッカーカレッジ – アルビレックス新潟シンガポール – Geylang International FC(シンガポール)
Geylang International FC所属。2012年シーズンからシンガポールリーグでプレーしています。Geylang International FCでは6シーズン目になります。

グループJ

Athletic 220 FC(モンゴル)※2020年シーズンモンゴル1部リーグ優勝

立石 爽志(タテイシ ソウシ)選手

ポジション:MF
生年月日:1997年6月20日生まれ
経歴:大宮アルディージャU-18 – 東京学芸大学 – Bankhai United(タイ) – Nonthaburi FC(タイ) – 東京学芸大学 – Nunawading City FC(オーストラリア) – Coedo Kawagoe FC – Athletic 220 FC(モンゴル)
Athletic 220 FC所属。東京学芸大学を休学しでタイへ渡り2クラブでプレーし、その後復学し卒業後、オーストラリアでプレーしました。1度日本の地域リーグでプレーするも2021年シーズンからモンゴルでプレーしています。

岩橋 聡志(イワハシ サトシ)選手

※岩橋選手のInstagramより
ポジション:FW
生年月日:1995年9月2日生まれ
経歴:長崎日大高校 – 城西国際大学 – St.patricks CYFC(アイルランド) – Khangarid FC(モンゴル) – Athletic 220 FC(モンゴル)
Athletic 220 FC所属。城西国際大学を卒業後、アイルランドでプレーし、2020年シーズンはモンゴルで契約したものの新型コロナウイルスの影響で渡航できず、2021年シーズンからAthletic 220 FCでプレーしています。

※#AFCCup2021 Official Twitterより

まとめ

今回は2021年シーズンのAFCカップに出場する日本人選手一覧を解説しました。

新型コロナウイルスの影響でセントラル開催となった2021年シーズンのAFCカップ。

このブログをきっかけにアジアの国々のクラブでプレーする日本人選手のことも興味を持ってもらえると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA