【タジキスタン1部リーグ】2021年シーズンタジキスタンハイヤーリーグ

こんにちは、ゆうたです。

「中央アジア」と聞いてピンと来る方は少ないのではないでしょうか?そんな中央アジアに位置するタジキスタンにもサッカーリーグが存在します。

今回は、そのタジキスタン1部リーグの2021年シーズンについて解説していきます。

参加クラブ


※Tajikistan Football Federation Official Facebook Pageより(2021年シーズンの優勝クラブ)

2021年シーズンのタジキスタン1部リーグは全国リーグとなっており、タジキスタン全土から以下の10クラブが参加しています。
※2019年シーズンは8クラブでした。

※クラブ名のリンクから各クラブの公式Facebookページに飛ぶことができます。(リンクがないクラブは見つけることができませんでした。)

Eskhata Khujand 、Ravshan Kulobが2020年シーズンタジキスタン2部リーグからの昇格クラブです。

【タジキスタン1部リーグ】2020年シーズンタジキスタンハイヤーリーグ

外国籍選手枠

2021年シーズンのタジキスタン1部リーグの外国籍選手枠は、以下の通りです。

登録枠7人(一般外国籍の選手7人)
出場枠4人(一般外国籍の選手4人)


※VarzishTV Official Youtubeより(第11節、Ravshan Kulob対FC Istiklolのハイライト)
1分20秒あたりに野間選手が得点しています。

外国籍選手枠の編成

2021年シーズンのタジキスタン1部リーグの各クラブの外国籍選手の編成です。

※あくまで個人的に集めた情報での数字です。

クラブ 1 2 3 4 5 6 7 退団した選手
CSKA Pamir Dushanbe 🇬🇭 🇬🇭 🇬🇭 🇨🇲 🇹🇲 🇺🇿 🇬🇭🇺🇦
FC Dushanbe-83 🇬🇭 🇬🇭 🇬🇭 🇬🇭 🇰🇬 🇨🇲🇮🇷🇲🇩🇲🇩
Eskhata Khujand 🇺🇿 🇺🇿 🇺🇿
FK Fayzkand 🇨🇲 🇨🇲 🇨🇲 🇮🇷 🇺🇿 🇺🇿 🇺🇿
FC Istaravshan 🇺🇿 🇺🇿 🇺🇿 🇺🇿 🇺🇿 🇺🇿
FC Istiklol 🇧🇬 🇯🇵 🇺🇦 🇺🇦 🇳🇱
FC Khatlon 🇨🇲 🇨🇲 🇨🇲 🇬🇭
FC Khujand 🇪🇪 🇷🇺 🇺🇿 🇺🇿 🇺🇿 🇰🇿
Kuktosh Rudaki 🇨🇲 🇨🇮 🇺🇿 🇺🇿 🇺🇿 🇺🇿 🇺🇿 🇺🇿
Ravshan Kulob 🇬🇭 🇬🇭 🇬🇭 🇷🇺 🇺🇿 🇺🇿🇺🇿🇺🇿

※肌色の背景はシーズン途中に加入した選手です。
※薄緑色の背景はシーズン途中に国内移籍した選手です。

・地域別外国籍選手数

地域
アジア(25) 🇺🇿ウズベキスタン(21),🇮🇷イラン(1),🇰🇬キルギス(1),🇯🇵日本(1),🇹🇲トルクメニスタン(1)
アフリカ(20) 🇬🇭ガーナ(11),🇨🇲カメルーン(8),🇨🇮コートジボワール(1)
北中米(0)
南米(0)
ヨーロッパ(6) 🇺🇦ウクライナ(2),🇷🇺ロシア(2),🇧🇬ブルガリア(1),🇪🇪エストニア(1),

日本国籍選手一覧

野間 涼太(ノマ リョウタ)選手

ポジション:MF
生年月日:1991年11月15日生まれ
経歴:青森山田高校 – 明治大学 – FK Rudar Pljevlja(モンテネグロ) – FK Radnički Niš(セルビア) – FC SKA-Khabarovsk(ロシア) – FC Istiklol(タジキスタン)
FC Istiklol所属。明治大学を卒業後、海外に出てモンテネグロ、セルビア、ロシアでプレーし2021年シーズンから日本人で初めてタジキスタンでプレーしています。

順位表

2021年シーズンのタジキスタン1部リーグの最終順位は以下の通りです。

順位 クラブ 試合 勝ち 引分 負け 得失 勝点 備考欄
1 IFC Istiklol(※①) 27 21 5 1 +69 68 2022年シーズンのAFCチャンピオンズリーグの本戦への出場権
2 FC Khujand(※②) 27 17 4 6 +26 55 2022年シーズンAFCカップの本戦への出場権
3 CSKA Pamir Dushanbe(※②) 27 12 8 7 +8 44
4 FC Istaravshan 27 12 6 9 +5 42
5 FC Khatlon 27 10 6 11 −3 36
6 Eskhata Khujand 27 9 3 15 −16 30
7 Ravshan Kulob 27 7 8 12 −8 29
8 FK Fayzkand 27 8 5 14 −17 29
9 Kuktosh Rudaki(※③) 27 7 5 15 −20 26 2022年シーズンのタジキスタン2部リーグに自動降格
10 FC Dushanbe-83(※③) 27 4 6 17 −44 18

※各クラブ、ホーム&アウェイ+もう1周の全27試合。

※①:優勝したFC Istiklolは、2022年シーズンのAFCチャンピオンズリーグの本戦(グループステージ)への出場権が与えられます。

※②:第2位のFC Khujandにと第3位のCSKA Pamir Dushanbeには、2022年シーズンAFCカップの本戦(グループステージ)への出場権が与えられます。

※③:第9位FC Lokomotiv-Pamirと第10位のFC Dushanbe-83は、2022年シーズンのタジキスタン2部リーグに自動降格しました。

まとめ

今回は2021年シーズンのタジキスタン1部リーグについて解説しました。

国土の半分以上が3000m越えとなっているタジキスタンですが、サッカーという側面から知るというのも面白いかもしれません。

2021年シーズンのACL(アジアチャンピオンズリーグ)の出場枠拡大に伴い、タジキスタンリーグの優勝クラブはダイレクト(以前までは予選で勝ち上がった場合のみ本戦に出場)で本戦に出場できるようになりました。個人的には日本国籍選手がプレーしたことない国はいろんな意味合いでチャンスがあると思っていますし、挑戦してほしいと思っています。

このブログを読んで少しでもタジキスタンのサッカーに興味を持っていただけると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA