【インド2部リーグ】2022~2023年シーズンIリーグ

こんにちは、ゆうたです。

FIFA(国際サッカー連盟)は、原則1国1リーグ制を定めていますが、インドでは2007年から始まった国内初のプロリーグにあたる「Iリーグ」に加え、2014年から新たに「インディアンスーパーリーグ」が発足し、1国に2リーグ存在する形で開催されてきました。

統合の話は毎シーズン検討されていながらなかなか実現しなかったものの、2022~2023年シーズンからインドスーパーリーグが1部、Iリーグが2部、Iリーグ2nd Divisionが3部リーグというフォーマットに変更になり、各リーグの昇降格があるようになりました。

今回はそんなインド2部リーグに当たる「Iリーグ」の2022~2023年シーズンについて解説していきます。

参加クラブ


※I-League Official Facebokk Pageより

2022~2023年シーズンの「Iリーグ」は全国リーグとなっており、インド全土から以下の12クラブが参加しています。

※クラブ名のリンクから各クラブの公式Facebookページに飛ぶことができます。

昇格クラブはなしですが、2021~2022年シーズンまで在籍したIndian Arrowsは解散したため12クラブでの開催となります。

2021~2022年シーズンIリーグ

外国籍選手枠

2022~2023年シーズンの「Iリーグ」の外国籍選手枠の編成は、以下の通りです。

登録枠6人(一般外国籍の選手5人+アジア枠の選手1人)

出場枠4人(一般外国籍の選手3人+アジア枠の選手1人)

2020~2021年シーズンは登録枠、出場枠共に4人(一般外国籍の選手3人+アジア人枠の選手1人)でした。


※Indian Football Official Youtubeより(リーグ開幕前の告知動画)

外国籍選手枠の編成

2022~2023年シーズンの「Iリーグ」の外国籍選手枠の編成です。

※あくまで個人的に集めた情報での数字です。

クラブ 1 2 3 4 5 アジア 退団した選手
Aizawl FC 🇦🇷 🇳🇬 🇺🇬 🇯🇵 🇯🇵
Churchill Brothers FC 🇸🇳 🇸🇳 🇪🇸 🇪🇸 🇮🇷
Gokulam Kerala FC 🇦🇷 🇧🇷 🇨🇲 🇨🇲 🇨🇲 🇦🇫
Kenkre FC
Mohammedan SC 🇳🇬 🇸🇳 🇷🇸 🇹🇹 🇸🇾 🇹🇯
NEROCA FC 🇧🇷 🇯🇲 🇸🇱 🇰🇬 🇺🇿 🇺🇿
Rajasthan United FC 🇬🇲 🇺🇾 🇪🇸 🇰🇬 🇰🇬 🇱🇧 🇧🇷
Real Kashmir FC 🇬🇭 🇬🇭 🇬🇭 🇬🇭 🇹🇯
Roundglass Punjab FC 🇧🇦 🇷🇸 🇸🇮 🇪🇸 🇳🇵
Sreenidhi Deccan FC 🇨🇴 🇳🇬 🇬🇭 🇦🇫
Sudeva Delhi FC 🇳🇬 🇳🇬 🇬🇭 🇹🇹 🇯🇵 🇯🇵
TRAU FC 🇧🇷 🇬🇭 🇬🇭 🇰🇳 🇹🇯

・地域別外国籍選手数

地域
アジア(18) 🇯🇵日本(4),🇰🇬キルギス(3),🇹🇯タジキスタン(3),🇺🇿ウズベキスタン(2),
🇦🇫アフガニスタン(2),🇱🇧レバノン(1),🇸🇾シリア(1),🇮🇷イラン(1),🇳🇵ネパール(1)
アフリカ(22) 🇬🇭ガーナ(8),🇳🇬ナイジェリア(5),🇨🇲カメルーン(3),🇸🇳セネガル(3),
🇺🇬ウガンダ(1),🇸🇱シエラレオネ(1),🇬🇲ガンビア(1)
北中米(4) 🇹🇹トリニダード・トバゴ(2),🇯🇲ジャマイカ(1),🇰🇳セントクリストファーネイビス(1)
南米(7) 🇧🇷ブラジル(3),🇦🇷アルゼンチン(2),🇨🇴コロンビア(1),🇺🇾ウルグアイ(1)
ヨーロッパ(8) 🇪🇸スペイン(4),🇷🇸セルビア(2),🇧🇦ボスビアヘルツェゴビナ(1),🇸🇮スロベニア(1)

※シーズン終了時に在籍していた選手一覧のため、退団した選手は含んでいません。

日本国籍選手一覧

内田 昂輔(ウチダ コウスケ)選手

※内田選手のInstagramより
ポジション:MF
生年月日:1987年10月2日生まれ
経歴:滝川二高校 – 立命館大学 – 大分トリニータ – FC琉球 – OFK Grbalj(モンテネグロ) – FK Bokelj Kotor(モンテネグロ) – Deutschlandsberge SC(オーストリア) – Lanexang United FC(ラオス) – Budaiya Club(バーレーン) – Lanexang United FC(ラオス) – Persela Lamongan(インドネシア) – Yangon United FC(ミャンマー) – PS Barito Putera(インドネシア) – Angkor Tiger FC(カンボジア) – Delhi FC(インド) – Sudeva Delhi FC(インド)
Sudeva Delhi FC所属。2022年シーズンからインドに移籍しました。日本のJリーグの大分トリニータやFC琉球でプレー後、海外に出てモンテネグロ、オーストリア、ラオス、バーレーン、ミャンマーでのプレー経験があります。

三澤 徹晃(ミサワ テツアキ)選手

 

この投稿をInstagramで見る

 

(@tetsuaki0128)がシェアした投稿

※三澤選手のInstagramより
ポジション:FW
生年月日:1999年1月28日生まれ
経歴:瀬戸内高校 – 神奈川大学 – BCH Lions(モンゴル) – Muktijoddha SKC(バングラデシュ) – Sudeva Delhi FC(インド)
Sudeva Delhi FC所属。神奈川大学を卒業後、モンゴル、バングラデシュでプレーし、2022年からインドでプレーしています。

毛利 栄佑(モウリ エイスケ)選手

 

この投稿をInstagramで見る

 

Eisuke.M/毛利栄佑(@eisukeee439)がシェアした投稿

※毛利選手のInstagramより
ポジション:DF
生年月日:1994年4月9日生まれ
経歴:大津高校 – 国士舘大学 – Athletic220 FC(モンゴル) – LAO TOYOTA FC(ラオス) – JJ Sports Club(モルディブ) – FC Torpedo Yerevan(アルメニア) – Super United Sport(モルディブ) – United Victory(モルディブ) – Aizawl FC(インド)
Aizawl FC所属。国士舘大学を卒業後、モンゴル、ラオス、アルメニア、モルディブでプレーし、2022年シーズンからインドでプレーしています。

斎藤 彰人(サイトウ アキト)選手

※斎藤選手のInstagramより
ポジション:DF
生年月日:1999年8月15日生まれ
経歴:実践学園高校 – 産業能率大学 – Lernayin Artsakh Goris(アルメニア) – Aizawl FC(インド)
Aizawl FC所属。産業能率大学を卒業後、アルメニアでプレーし、2022年シーズンからインドでプレーしています。

まとめ

今回は2022~2023年シーズンの「Iリーグ』について解説しました。

人口の増加と共に経済の発展も著しいインド。サッカー人気も高く今後も発展していくと思います。

このブログを読んで少しでもインドのサッカーに興味を持っていただけると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA