【インド1部リーグ】2018~2019Iリーグ

こんにちは、ゆうたです。

FIFA(国際サッカー連盟)は、原則1国1リーグ制を定めていますが、インドでは2007年から始まった国内初のプロリーグにあたる「Iリーグ」に加え、2014年から新たに「インディアンスーパーリーグ」が発足し、1国に2リーグ存在する形になっています。

統合の話も上がってますが、2020年現在は統合されておらず、どちらが1部リーグと正式な定義はありませんが、「Iリーグ」にはIリーグ2部リーグへの降格もあり、優勝クラブにはAFCチャンピオンズリーグの予選への参加権が与えられることをふまえ(「インディアンスーパーリーグ」は1部リーグのみ、優勝クラブにはAFCカップの参加権のみ)、インド1部リーグと定義しています。

今回はそんな「Iリーグ」の2018~2019年シーズンについて解説していきます。

参加クラブ


※I-League Official Facebokk Pageより(開幕戦の対戦カード)

2018~2019年シーズンの「Iリーグ」は全国リーグとなっており、インド全土から以下の11クラブが参加しています。

※クラブ名のリンクから各クラブの公式Facebookページに飛ぶことができます。

Real Kashmir Football Clubが2017~2018年シーズンのインド2部リーグからの昇格クラブです。


※LAJONG TV Youtubeより(ハイライト映像)

外国籍選手枠

2018~2019年シーズンの「Iリーグ」の外国籍選手枠の編成は、以下の通りです。

登録枠6人(一般外国籍の選手6人)

出場枠6人(一般外国籍の選手6人)

2017~2018年シーズンも登録枠、出場枠共に6人で同じでしたが、内訳が一般外国籍の選手4人+アジア枠の選手2人でした。

この外国籍選手枠は2018~2019年シーズンからの新しいルールになります。

外国籍選手枠の編成

2018~2019年シーズンの「Iリーグ」の外国籍選手枠の編成です。

※あくまで個人的に集めた情報での数字です。

クラブ 1 2 3 4 5 6
Aizawl Football Club 🇨🇮 🇱🇷 🇱🇷 🇳🇬 🇺🇬
Chennai City Football Club 🇮🇹 🇸🇰 🇪🇸 🇪🇸 🇪🇸 🇪🇸
Churchill Brothers FC 🇧🇦 🇨🇮 🇱🇧 🇹🇹 🇹🇹 🇺🇬
East Bengal Football Club 🇨🇷 🇲🇽 🇸🇳 🇪🇸 🇪🇸 🇪🇸
Gokulam Kerala Football Club 🇬🇭 🇭🇹 🇳🇬 🇹🇹 🇹🇹
Minerva Punjab Football Club 🇨🇴 🇬🇭 🇪🇸 🇸🇾 🇺🇦
Mohun Bagan Athletic Club 🇨🇲 🇪🇬 🇭🇹 🇯🇵 🇳🇬 🇺🇬
NEROCA Football Club 🇦🇺 🇧🇹 🇬🇶 🇯🇵 🇱🇷 🇳🇬
Real Kashmir Football Club 🇬🇭 🇨🇮 🇨🇮 🇳🇬 🏴󠁧󠁢󠁳󠁣󠁴󠁿 🇿🇲
Shillong Lajong Football Club

※シーズン終了時に在籍していた選手一覧のため、退団した選手は含んでいません。

外国籍選手枠の変更もあり、2017~2018年シーズンに比べアジアの国籍を持つ選手がかなり減りました。

日本国籍選手一覧

木脇 悠太(キノワキ ユウタ)選手【MF】、1991年生まれ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Yuta Kinowaki(@yutakinowaki)がシェアした投稿

※木脇選手のInstagramより

Mohun Bagan Athletic Club所属。大学を卒業後にポーランドとラトビアでプレー後、2015~2016年シーズンからインドでプレーしています。

遊佐 克美(ユサ カツミ)選手【MF,WG】、1988年生まれ

 

この投稿をInstagramで見る

 

遊佐 克美(@yusa_katsumi_10)がシェアした投稿

※遊佐選手のInstagramより

NEROCA Football Club所属。サンフレッチェ広島ユースからトップチームに昇格し、ツエーゲン金沢、FC岐阜セカンドでプレー後、パラグアイ、2011~2012年シーズンからインドでプレーしています。

順位表

2018~2019年シーズンの「Iリーグ」の最終順位は以下の通りです。

順位 クラブ 試合 勝ち 負け 引分 得失 勝点 備考欄
1 Chennai City Football Club(※①) 20 13 4 3 +20 43 2020年シーズンAFCチャンピオンズリーグの予選1回戦への出場権
2 East Bengal Football Club 20 13 3 4 +17 42
3 Real Kashmir Football Club 20 10 7 3 +11 37
4 Churchill Brothers FC 20 9 7 4 +12 34
5 Mohun Bagan Athletic Club 20 8 5 7 −1 29
6 NEROCA Football Club 20 7 5 8 +1 26
7 Aizawl Football Club 20 6 6 8 −1 24
8 Indian Arrows 20 6 3 11 −9 21
9 Minerva Punjab Football Club 20 4 6 10 −9 18
10 Gokulam Kerala Football Club 20 3 8 9 −8 17
11 Shillong Lajong Football Club(※②) 20 3 2 15 −33 11 2019~2020年シーズンのインド2部リーグへ降格

※各クラブ、ホーム&アウェーの全20試合

※①:優勝したChennai City Football Clubは、2020年シーズンのAFCチャンピオンズリーグの予選1回戦への出場権(敗退した場合、2020年シーズンAFCカップの本戦のグループステージに出場)が与えられます。

※②:第11位のShillong Lajong Football Clubは、2019~2020年シーズンのインド2部リーグへ降格しました。

まとめ

今回は2018~2019年シーズンの「Iリーグ』について解説しました。

人口の増加と共に経済の発展も著しいインド。サッカー人気も高く今後も発展していくと思います。

このブログを読んで少しでもインドのサッカーに興味を持っていただけると嬉しいです。

2019~2020年シーズンIリーグ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA