【AFCカップ2022】AFCカップに出場する日本人選手一覧

こんにちは、ゆうたです。

ヨーロッパにUEFAチャンピオンズリーグとUEFAヨーロッパリーグがあるようにアジアでも日本のJリーグのクラブが参加するアジアチャンピオンズリーグとは別にAFCカップという大会があります。

AFCカップに参加するアジアのクラブでも多くの日本人選手がプレーしています。

今回は、2022年シーズンのAFCカップに出場する日本人選手一覧を解説していきます。


※AFC Cup Official Facebook Pageより(開幕1ヶ月前の告知)

予選ラウンド

Athletic 220 FC(モンゴル)※2021年シーズンモンゴル1部リーグ優勝

グループG

Kaya FC–Iloilo(フィリピン)※ 2021年シーズンCopa Paulino Alcantara優勝

堀越 大蔵(ホリコシ ダイゾウ)選手

※堀越選手のInstagramより
ポジション:FW
生年月日:1996年9月14日生まれ
経歴:多摩大学目黒高校 – 東海大学 – アルビレックス新潟シンガポール – Kaya FC-Iloilo(フィリピン)
Kaya FC-Iloilo所属。当秋大学を卒業後、アルビレックス新潟シンガポールでプレーし、2020年シーズンからKaya F.C.-Iloiloに所属しています。

藤井 亮(フジイ リョウ)選手

ポジション:MF
生年月日:1996年8月7日生まれ
経歴:Los Angeles Galaxy II(アメリカ) – Nyköpings BIS(スウェーデン) – Global FC(フィリピン)  – Kaya FC-Iloilo(フィリピン)
Kaya FC-Iloilo所属。2021年シーズンからKaya F.C.-Iloiloに所属しています。

グループH

Tampines Rovers FC(シンガポール)※2021年シーズンシンガポール1部リーグ第4位

仲村 京雅(ナカムラ キョウガ)選手

 

この投稿をInstagramで見る

 

Kyoga Nakamura(@kyoga_nakamura)がシェアした投稿

※仲村選手のInstagramより
ポジション:FW
生年月日:1996年4月25日生まれ
経歴:ジェフユナイテッド千葉U-18 – ジェフユナイテッド千葉 – YSCC横浜 – ジェフユナイテッド千葉 – FC琉球 – ジェフユナイテッド千葉 – YSCC横浜 – ジェフユナイテッド千葉 – YSCC横浜 – アルビレックス新潟シンガポール – Tampines Rovers FC(シンガポール)
Tampines Rovers FC所属。日本のJリーグのジェフユナイテッド千葉、YSCC横浜、FC琉球でプレー後、2019年にアルビレックス新潟シンガポールに加入し、2020年シーズンにTampines Rovers FCに移籍しました。

山下 柊哉(ヤマシタ シュウヤ)選手

※山下選手のInstagramより
ポジション:DF
生年月日:1999年4月16日生まれ
経歴:作陽高校 – 常葉大学 – アルビレックス新潟シンガポール – Tampines Rovers FC(シンガポール)
Tampines Rovers FC所属。常葉大学を卒業後、アルビレックス新潟シンガポールに加入し、2022年からTampines Rovers FCでプレーしています。

グループI

Hougang United FC(シンガポール)※2021年シーズンシンガポール1部リーグ第3位

山﨑 海秀(ヤマザキ カイシュウ)選手

※山崎選手のInstagramより
ポジション:DF
生年月日:1997年6月12日生まれ
経歴:柏レイソルU-18 – SV Darmstadt 98 U-19(ドイツ) – いわきFC – アルビレックス新潟シンガポール – Lion City Sailors FC(シンガポール) – Hougang United FC(シンガポール)
Hougang United FC所属。柏レイソルU-18、ドイツ、いわきFCでプレー後、2018年からシンガポールでプレーしています。

Phnom Penh Crown FC(カンボジア)※2021年シーズンカンボジア1部リーグ優勝

大瀬 貴己(オオセ タカキ)選手

 

この投稿をInstagramで見る

 

takaki ose 大瀬貴己(@crazy_boy.jp)がシェアした投稿

※大瀬選手のInstagramより
ポジション:DF
生年月日:1995年10月19日生まれ
経歴:実践学園高校 – 専修大学 – HBO東京 – Pietà Hotspurs FC(マルタ) – Ahli Sidab Club(オマーン) – Angkor Tiger FC(カンボジア) – Phnom Penh Crown FC(カンボジア)
Phnom Penh Crown FC所属。専修大学を卒業後、HBO東京を経て、マルタ、オマーンでプレーし2020年シーズンからカンボジアでプレーしています。

Young Elephants FC(ラオス)※2020年シーズンラオス1部リーグ第3位

岩橋 聡志(イワハシ サトシ)選手

※岩橋選手のInstagramより
ポジション:FW
生年月日:1995年9月2日生まれ
経歴:長崎日大高校 – 城西国際大学 – St.patricks CYFC(アイルランド) – Khangarid FC(モンゴル) – Athletic 220 FC(モンゴル) – Young Elephants FC(ラオス)
Young Elephants FC所属。城西国際大学を卒業後、アイルランド、モンゴルでプレーし、2022年からラオスでプレーしています。

柳園 良太(ヤナギゾノ リョウタ)選手

 ※柳園選手のInstagramより
ポジション:FW
生年月日:1996年4月12日生まれ
経歴:西武台高校 – 東京国際大学 – FCViktoria Arnoldsweiler(ドイツ) – SV Rott(ドイツ) – YSCC横浜 – Young Elephants FC(ラオス)
Young Elephants FC所属。

まとめ

今回は2022年シーズンのAFCカップに出場する日本人選手一覧を解説しました。

新型コロナウイルスの影響でセントラル開催となった2021年シーズンのAFCカップ。

このブログをきっかけにアジアの国々のクラブでプレーする日本人選手のことも興味を持ってもらえると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA