【韓国1部リーグ】2022年シーズンKリーグ1

こんにちは、ゆうたです。

2022年現在、多くの韓国出身の選手が日本のJリーグで活躍しています。

その逆に日本人選手も韓国リーグでプレーしています。

今回は、その韓国1部リーグの2022年シーズンについて解説していきます。

参加クラブ


※K리그(K LEAGUE) Official Facebook Pageより(開幕戦の対戦カード)

2022年シーズンの韓国1部リーグは韓国全土から12クラブが参加しています。

※クラブ名のリンクから各クラブの公式Facebookページに飛ぶことができます。

Gimcheon Sangmu FCが2021年シーズン韓国2部リーグからの昇格クラブです。

【韓国1部リーグ】2021年シーズンKリーグ1

外国籍選手枠

2022年シーズンの韓国1部リーグの外国籍選手枠は、以下の通りです。

登録枠5人(一般外国籍の選手3人+アジア枠の選手1人+東南アジア枠の選手1人)
出場枠5人(一般外国籍の選手3人+アジア枠の選手1人+東南アジア枠の選手1人)

2019年シーズンまでは、登録・出場枠共に4人(一般外国籍の選手3人+アジア枠の選手1人)でしたが、2020年シーズンから新たに東南アジア枠が追加されました。


※K LEAGUE Official Youtubeより(第27節の全ゴール集)

外国籍選手枠の編成

2022年シーズンの韓国1部リーグの各クラブの外国籍選手の編成です。

※あくまで個人的に集めた情報での数字です。

クラブ 前期/後期 1 2 3 アジア 東南アジア 退団した選手
Daegu FC
前期 🇧🇷 🇧🇷 🇧🇷 🇯🇵 🇧🇷
後期 🇧🇷
Gangwon FC
前期 🇧🇬 🇲🇪 🇸🇪 🇯🇵
後期 🇧🇷 🇲🇪
Gimcheon Sangmu FC
前期
後期
Incheon United FC
前期 🇲🇪 🇨🇷 🇦🇺
後期 🇧🇷
Jeju United FC
前期 🇬🇼 🇸🇪 🇵🇱
後期
Jeonbuk Hyundai Motors FC
前期 🇧🇷 🇬🇲 🇷🇺 🇯🇵
後期 🇬🇪
Pohang Steelers FC
前期 🇧🇷 🇳🇬 🇦🇺 🇨🇴
後期
Seongnam FC
前期 🇷🇸 🇨🇴
後期 🇲🇪
FC Seoul
前期 🇪🇸 🇷🇸 🇧🇷 🇦🇺
後期 🇷🇺 🇯🇵
Suwon Samsung Bluewings FC
前期 🇳🇱 🇩🇰 🇷🇸
後期 🇯🇵
Suwon FC
前期 🇧🇷 🇫🇮 🇿🇦 🇦🇺
後期
Ulsan Hyundai FC
前期 🇧🇷 🇬🇪 🇭🇺 🇯🇵
後期 🇭🇺

・地域別外国籍選手数

地域
アジア(8) 🇯🇵日本(5),🇦🇺オーストラリア(3)
アフリカ(4) 🇿🇦南アフリカ(1),🇬🇼ギニアビサウ(1),🇳🇬ナイジェリア(1),🇬🇲ガンビア(1)
北中米(1) 🇨🇷コスタリカ(1)
南米(10) 🇧🇷ブラジル(9),🇨🇴コロンビア(1)
ヨーロッパ(15) 🇷🇸セルビア(2),🇲🇪モンテネグロ(2),🇸🇪スウェーデン(2),🇬🇪ジョージア(2),
🇪🇸スペイン(1),🇩🇰デンマーク(1),🇷🇺ロシア(1),🇫🇮フィンランド(1),
🇳🇱オランダ(1),🇧🇦ボスニアヘルツェゴビナ(1),🇭🇺ハンガリー(1)

※退団した選手は含んでいません。

日本国籍選手一覧

鈴木 圭太(スズキ ケイタ)選手

 

この投稿をInstagramで見る

 

KEITA SUZUKI 케이타(@keita_suzuki18)がシェアした投稿

※鈴木選手のInstagramより
ポジション:LSB,MF
生年月日:1997年12月20日生まれ
経歴:桃山学院高校 – FK Ibar(モンテネグロ)- FK Berane(モンテネグロ) – OFK Mladost(モンテネグロ) – FK Podgorica(モンテネグロ) – Daegu FC(韓国)
Daegu FC所属。桃山学院大学を卒業後、モンテネグロで6シーズンプレーし、2022年から韓国でプレーしています。

小林 祐希(コバヤシ ユウキ)選手

※小林選手のInstagramより
ポジション:MF
生年月日:1992年4月24日生まれ
経歴:東京ヴェルディユース – 東京ヴェルディ – ジュビロ磐田 – 東京ヴェルディ – ジュビロ磐田 – SC Heerenveen(オランダ) – Waasland-Beveren(ベルギー) –  Al-Khor SC(カタール) – Seoul E-Land FC(韓国)- Gangwon FC(韓国)
Gangwon FC所属。東京ベルディユースでプレー後、日本のJリーグの東京ベルディ、ジュビロ磐田、オランダ、ベルギー、カタールでプレーし、2021年韓国に移籍してきました。U-16,17,19日本代表、日本A代表経験あり。

天野 純(アマノ ジュン)選手

ポジション:MF
生年月日:1991年7月19日生まれ
経歴:横浜Fマリノスユース – 順天堂大学 – 横浜Fマリノス – Sporting Lokeren(ベルギー) – 横浜Fマリノス – Ulsan Hyundai FC(韓国)
Ulsan Hyundai FC所属。順天堂大学を卒業後、ユース時代に過ごした横浜Fマリノスに加入し、ベルギーでのプレーも経験し、2022年から韓国でプレーしています。日本A代表経験あり。

小川 慶治朗(オガワ ケイジロウ)選手

※小川選手のInstagramより
ポジション:FW
生年月日:1992年7月14日生まれ
経歴:ヴィッセル神戸U-18 – ヴィッセル神戸 – 湘南ベルマーレ – ヴィッセル神戸 – 横浜FC – Western Sydney Wanderers FC(オーストラリア) – FC Seoul (韓国)
FC Seoul所属(後期)。

齋藤 学(サイトウ マナブ)選手

 

この投稿をInstagramで見る

 

齋藤 学(@manabu011)がシェアした投稿

※齋藤選手のInstagramより
ポジション:FW/MF
生年月日:1990年4月4日生まれ
経歴:横浜F・マリノスユース – 横浜F・マリノス – 愛媛FC – 横浜F・マリノス – 川崎フロンターレ – Suwon Samsung Bluewings FC(韓国)
Suwon Samsung Bluewings FC(後期)所属。

※前期のみ

邦本 宜裕(クニモト タカヒロ)選手

※邦本選手のInstagramより
ポジション:FW
生年月日:1997年10月8日生まれ
経歴:浦和レッズユース – アビスパ福岡 – Gyeongnam FC(韓国) – Jeonbuk Hyundai Motors FC(韓国)
韓国1部リーグJeonbuk Hyundai Motors FC所属。浦和レッズユースでプレー後、日本のJリーグの福岡でプレー後、2018年シーズンから韓国でプレーしています。U-17~20日本代表経験あり。

まとめ

今回は2022年シーズンの韓国1部リーグについて解説しました。

韓国リーグのクラブは、AFCチャンピオンズリーグでも日本のJクラブと対戦することもあり、注目している方も多くいるのではないでしょうか。

このブログを読んで少しでも韓国のサッカーに興味を持っていただけると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA