【韓国1部リーグ】2021年シーズンKリーグ1

こんにちは、ゆうたです。

2021年現在、多くの韓国出身の選手が日本のJリーグで活躍しています。

その逆に日本人選手も韓国リーグでプレーしています。

今回は、その韓国1部リーグの2021年シーズンについて解説していきます。

参加クラブ


※K리그(K LEAGUE) Official Facebook Pageより(開幕戦の対戦カード)

2021年シーズンの韓国1部リーグは韓国全土から12クラブが参加しています。

※クラブ名のリンクから各クラブの公式Facebookページに飛ぶことができます。

Jeju United FCSuwon FCが2020年シーズン韓国2部リーグからの昇格クラブです。

外国籍選手枠

2021年シーズンの韓国1部リーグの外国籍選手枠は、以下の通りです。

登録枠5人(一般外国籍の選手3人+アジア枠の選手1人+東南アジア枠の選手1人)
出場枠5人(一般外国籍の選手3人+アジア枠の選手1人+東南アジア枠の選手1人)

2019年シーズンまでは、登録・出場枠共に4人(一般外国籍の選手3人+アジア枠の選手1人)でしたが、2020年シーズンから新たに東南アジア枠が追加されました。

 ※K LEAGUE Official Youtubeより(Daegu vs Jeonbuk Highlights)

外国籍選手枠の編成

2021年シーズンの韓国1部リーグの各クラブの外国籍選手の編成です。

※あくまで個人的に集めた情報での数字です。

クラブ 1 2 3 アジア 東南アジア 退団した選手
Daegu FC 🇧🇷 🇧🇷 🇯🇵 🇧🇷
Gangwon FC 🇷🇸 🇺🇿 🇯🇵
Gwangju FC 🇧🇷 🇧🇷 🇷🇸
Incheon United FC 🇧🇷 🇨🇷 🇲🇪 🇦🇺
Jeju United FC 🇬🇼 🇵🇱 🇺🇿
Jeonbuk Hyundai Motors FC 🇧🇷 🇬🇲 🇷🇺 🇯🇵 🇹🇭
Pohang Steelers FC 🇧🇦 🇨🇴 🇺🇦 🇦🇺
Seongnam FC 🇦🇹 🇷🇴 🇷🇸 🇺🇿
FC Seoul 🇪🇸 🇷🇸
Suwon Samsung Bluewings FC 🇨🇦 🇮🇹 🇷🇸 🇦🇺
Suwon FC 🇧🇷 🇧🇷 🇿🇦 🇧🇷
Ulsan Hyundai FC 🇦🇹 🇬🇪 🇳🇱 🇦🇺

・地域別外国籍選手数

地域
アジア(9) 🇺🇿ウズベキスタン(3),🇦🇺オーストラリア(3),🇯🇵日本(2),🇹🇭タイ(1)
アフリカ(3) 🇿🇦南アフリカ(1),🇬🇲ガンビア(1),🇬🇼ギニアビサウ(1)
北中米(2) 🇨🇷コスタリカ(1),🇨🇦カナダ(1)
南米(9) 🇧🇷ブラジル(8),🇨🇴コトンビア(1)
ヨーロッパ(17) 🇷🇸セルビア(5),🇦🇹オーストリア(2),🇪🇸スペイン(1),🇲🇪モンテネグロ(1),
🇧🇦ボスニアヘルツェゴビナ(1),🇵🇱ポーランド(1),🇷🇺ロシア(1),
🇺🇦ウクライナ(1),🇷🇴ルーマニア(1),🇮🇹イタリア(1),🇬🇪ジョージア(1),🇳🇱オランダ(1)

※退団した選手は含んでいません。

日本国籍選手一覧

西 翼(ニシ ツバサ)選手

 

この投稿をInstagramで見る

 

Tsubasa Nishi(@tsuba0408)がシェアした投稿

※西選手のInstagramより
ポジション:MF
生年月日:1990年4月8日生まれ
経歴:ルーテル学院高校 – 専修大学 – Gwardia Koszalin(ポーランド) – Lechia Gdańsk(ポーランド) – RTS Widzew Łódź(ポーランド) – OKS Stomil Olsztyn(ポーランド) – Legia Warsaw II(ポーランド) – MFK Zemplín Michalovce(スロバキア) – Daegu FC(韓国)
韓国1部リーグDaegu FC所属。専修大学を卒業後、ポーランド、スロベニアでプレーし、2018年からDaegu FCに所属しています。

邦本 宜裕(クニモト タカヒロ)選手

※邦本選手のInstagramより
ポジション:FW
生年月日:1997年10月8日生まれ
経歴:浦和レッズユース – アビスパ福岡 – Gyeongnam FC(韓国) – Jeonbuk Hyundai Motors FC(韓国)
韓国1部リーグJeonbuk Hyundai Motors FC所属。浦和レッズユースでプレー後、日本のJリーグの福岡でプレー後、2018年シーズンから韓国でプレーしています。U-17~20日本代表経験あり。

※移籍した選手

石田 雅俊(イシダ マサトシ)選手

※石田選手のInstagramより
ポジション:FW
生年月日:1995年5月4日生まれ
経歴:市立船橋高校 – 京都サンガFC – SC相模原 – 京都サンガFC – ザスパクサツ群馬 – 京都サンガFC – アスルクラロ沼津 – 京都サンガFC – Ansan Greeners FC(韓国) – Suwon FC(韓国) – Gangwon FC(韓国) – Daejeon Hana Citizen FC(韓国)
Gangwon FC(前期)→韓国2部Daejeon Hana Citizen FC(後期)。市立船橋高校を卒業後、日本のJリーグの京都、相模原、群馬、沼津でプレーし、2019年シーズンから韓国でプレーしています。U-18日本代表経験あり。

まとめ

今回は2021年シーズンの韓国1部リーグについて解説しました。

韓国リーグのクラブは、AFCチャンピオンズリーグでも日本のJクラブと対戦することもあり、注目している方も多くいるのではないでしょうか。

このブログを読んで少しでも韓国のサッカーに興味を持っていただけると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA