【韓国2部リーグ】2021年シーズンKリーグ2

こんにちは、ゆうたです。

2021年現在、多くの韓国出身の選手が日本のJリーグで活躍しています。

その逆に日本人選手も韓国リーグでプレーしています。

今回は、その韓国2部リーグの2021年シーズンについて解説していきます。

参加クラブ


※K리그(K LEAGUE) Official Facebook Pageより(開幕戦の対戦カード)

2021年シーズンの韓国2部リーグは韓国全土から10クラブが参加しています。

※クラブ名のリンクから各クラブの公式Facebookページに飛ぶことができます。

Busan IParkGimcheon Sangmu FCが2020年シーズン韓国1部リーグからの降格クラブです。

外国籍選手枠

2021年シーズンの韓国2部リーグの外国籍選手枠は、以下の通りです。

登録枠5人(一般外国籍の選手3人+アジア枠の選手1人+東南浅アジア枠の選手1人)
出場枠5人(一般外国籍の選手3人+アジア枠の選手1人+東南浅アジア枠の選手1人)

2019年シーズンまでは、登録・出場枠共に4人(一般外国籍の選手3人+アジア枠の選手1人)でしたが、2020年シーズンから新たに東南アジア枠が追加されました。


※K LEAGUE Official Youtubeより(Daejeon vs Seoul E Highlights)

外国籍選手枠の編成

2021年シーズンの韓国2部リーグの各クラブの外国籍選手の編成です。

※あくまで個人的に集めた情報での数字です。

クラブ 1 2 3 アジア 東南アジア 退団した選手
Ansan Greeners FC 🇦🇷 🇧🇷 🇧🇷 🇯🇵 🇮🇩
FC Anyang 🇧🇷 🇨🇷 🇬🇭 🇯🇵
Bucheon FC 1995 🇧🇷 🇯🇵
Busan IPark 🇭🇷 🇨🇾 🇦🇺
Chungnam Asan FC 🇧🇷 🇧🇷 🇯🇵
Daejeon Hana Citizen FC 🇧🇷 🇧🇷 🇯🇵 🇺🇿 🇧🇷
Gyeongnam FC 🇧🇷 🇧🇷
Jeonnam Dragons 🇧🇷 🇧🇷 🇳🇬 🇺🇿
Seoul E-Land FC 🇦🇷 🇧🇷 🇧🇷 🇯🇵

※Gimcheon Sangmu FCはローカル選手のみの構成になっています。

・地域別外国籍選手数

地域
アジア(9) 🇯🇵日本(5),🇺🇿ウズベキスタン(2),🇦🇺オーストラリア(1),🇮🇩インドネシア(1)
アフリカ(2) 🇬🇭ガーナ(1),🇳🇬ナイジェリア(1)
北中米(1) 🇨🇷コスタリカ(1)
南米(16) 🇧🇷ブラジル(14),🇦🇷アルゼンチン(2)
ヨーロッパ(2) 🇭🇷クロアチア(1),🇨🇾キプロス(1)

※退団した選手は含んでいません。

日本国籍選手一覧

磐瀬 剛(イワセ ゴウ)選手

 

この投稿をInstagramで見る

 

磐瀬剛 IwaseGo(@iwasego)がシェアした投稿

※磐瀬選手のInstagramより
ポジション:MF/DF
生年月日:1995年6月28日生まれ
経歴:市立船橋高校 – 京都サンガFC – FC岐阜 – 京都サナガFC – FC岐阜 – 京都サンガFC – ザスパクサツ群馬 – Ansan Greeners FC(韓国)
韓国2部リーグAnsan Greeners FC所属。市立船橋高校を卒業後、日本のJリーグの京都サンガFC、FC岐阜、ザスパクサツ群馬でプレーし、2021年シーズンから韓国でプレーしています。U-19日本代表経験あり。

田村 亮介(タムラ リョウスケ)選手

※田村選手のInstagramより
ポジション:FW
生年月日:1995年5月8日生まれ
経歴:京都サンガFCU-18 – 京都サンガFC – サガン鳥栖 – 京都サンガFC – 福島ユナイテッドFC – FC Anyang(韓国)
韓国2部リーグのFC Anyang所属。京都サンガFCU-18でプレー後、トップチームに昇格し、サガン鳥栖、福島ユナイテッドFCでプレーし、2021年シーズンから韓国でプレーしています。

室伏 航(ムロフシ ワタル)選手

ポジション:MF
生年月日:1995年6月13日生まれ
経歴:市立船橋高校 – 順天堂大学 – アルビレックス新潟シンガポール(シンガポール) – York United FC(カナダ) – Bucheon FC 1995(韓国)
韓国2部リーグBucheon FC 1995所属。順天堂大学を卒業後、シンガポール、カナダでプレーし、2021年シーズンから韓国でプレーしています。

石田 雅俊(イシダ マサトシ)選手

※石田選手のInstagramより
ポジション:FW
生年月日:1995年5月4日生まれ
経歴:市立船橋高校 – 京都サンガFC – SC相模原 – 京都サンガFC – ザスパクサツ群馬 – 京都サンガFC – アスルクラロ沼津 – 京都サンガFC – Ansan Greeners FC(韓国) – Suwon FC(韓国) – Gangwon FC(韓国) – Daejeon Hana Citizen FC(韓国)
韓国2部リーグDaejeon Hana Citizen FC所属。市立船橋高校を卒業後、日本のJリーグの京都、相模原、群馬、沼津でプレーし、2019年シーズンから韓国でプレーしています。U-18日本代表経験あり。

小林 祐希(コバヤシ ユウキ)選手
小林選手のInstagram
ポジション:MF
生年月日:1992年4月24日生まれ
経歴:東京ヴェルディユース – 東京ヴェルディ – ジュビロ磐田 – 東京ヴェルディ – ジュビロ磐田 – SC Heerenveen(オランダ) – Waasland-Beveren(ベルギー) –  Al-Khor SC(カタール) – Seoul E-Land FC(韓国)
Seoul E-Land FC所属。東京ベルディユースでプレー後、日本のJリーグの東京ベルディ、ジュビロ磐田、オランダ、ベルギー、カタールでプレーし、2021年韓国に移籍してきました。U-16,17,19日本代表経験あり。日本代表。

※退団した選手

道渕 諒平(ミチブチ リョウヘイ)選手

ポジション:MF
生年月日:1994年6月16日生まれ
経歴:ベガルタ仙台ユース – 明治大学 – ヴァンフォーレ甲府 – ベガルタ仙台 – Chungnam Asan FC(韓国)
韓国2部リーグのChungnam Asan FC所属。明治大学を卒業後、ヴァンフォーレ甲府、ベガルタ仙台でプレーし、2021年シーズンから韓国でプレーしています。

まとめ

今回は2021年シーズンの韓国2部リーグについて解説しました。

韓国リーグのクラブは、AFCチャンピオンズリーグでも日本のJクラブと対戦することもあり、注目している方も多くいるのではないでしょうか。

このブログを読んで少しでも韓国のサッカーに興味を持っていただけると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA