【マカオ1部リーグ】2019年シーズンリーガ・デ・エリチ

こんにちは、ゆうたです。

マカオと聞いて最初に思い浮かべるのはキラキラした夜景の街並みやカジノではないでしょうか。ぼくもそうでした。笑

しかし、そんなマカオにもサッカーリーグが存在します。

今回はそんなマカオ1部リーグの2019年シーズンについて解説していきます。

参加クラブ


※TDM 澳廣視新聞 Official Facebook Pageより(リーグ開幕前の告知動画)

2019年シーズンのマカオ1部リーグは全国リーグとなっており、マカオ全土から以下の10クラブが参加しています。

※クラブ名のリンクから各クラブの公式Facebookページに飛ぶことができます。(リンクがないクラブは見つけることができませんでした。)

Clube Desportivo TIM IECMacau Football Association Developmentは2018年シーズンのマカオ2部リーグからの昇格クラブです。

※Our Football Official Youtubeより(2019/6/28 澳門甲組 Macau 1st Division)

外国籍選手枠

2019年シーズンのマカオ1部リーグの外国籍選手枠は、不明です。

外国籍選手枠の編成

2019年シーズン終了時のマカオ1部リーグの各クラブの外国籍選手の編成です。

※情報を見つけることができませんでした。

日本国籍選手一覧

斉藤 誠司(サイトウ セイジ)選手【MF】、1986年生まれ

Chao Pak Kei Football Team所属。16歳でブラジルに渡り18歳の時にプロ契約。その後、ポルトガル、シンガポール、ポーランド、インド、ラトビア、インドネシア、バーレーン、モンゴルでプレー後、現在のマカオリーグのChao Pak Kei Football Teamに移籍しました。

順位表

2019年シーズンのマカオ1部リーグの最終順位は以下の通りです。

順位 クラブ 試合 勝ち 引分 負け 得失 勝点 備考欄
1 Chao Pak Kei Football Team 18 15 2 1 +61 47 2020年シーズンAFCカップの本戦への出場権
2 Cheng Fung 18 12 1 5 +18 37
3 Benfica de Macau 18 11 2 5 +24 35
4 Monte Carlo 18 10 4 4 +19 34
5 Windsor Arch Ka I 18 8 3 7 −5 27
6 Hang Sai  18 8 0 10 −5 24
7 Sporting Clube de Macau 18 6 4 8 −6 22
8 Polícia de Segurança Pública 18 5 1 12 −27 16
9 Clube Desportivo TIM IEC 18 4 3 11 −29 15 2020年シーズンのマカオ2部リーグに降格
10 Macau Football Association Development 18 1 0 17 −50 3

※各クラブ、ホーム&アウェイの全18試合。

※①:優勝したChao Pak Kei Football Teamには、2020年シーズンAFCカップの本戦(グループステージ)への出場権が与えられます。

※②:第7位と8位のClube Desportivo TIM IECClube Desportivo TIM IECは入れ替え戦(プレーオフ)に参加しました。

まとめ

今回は2019年シーズンのマカオ1部リーグについて解説しました。

歴史的な背景もありポルトガル語もクラブ名が多く、ポルトガル国籍選手も多く活躍していると聞いたことがあります。

リーグ優勝クラブにはAFCカップへの出場権が与えられるのでステップアップを狙うのに良いかもしれませんね。

このブログを読んで少しでもマカオのサッカーに興味を持っていただけると嬉しいです。

【マカオ1部リーグ】2020年シーズンリーガ・デ・エリチ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA