【モンゴル1部リーグ】2019年シーズンモンゴルプレミアリーグ

こんにちは、ゆうたです。

モンゴルと聞いて相撲を思い浮かべる人は多いのでないでしょうか。そんなモンゴルにもサッカーリーグが存在し、多くの日本国籍選手がプレーしています。

今回はそんなモンゴル1部リーグの2019年シーズンについて解説していきます。

参加クラブ


※Mongolian Football Federation Official Facebook Pageより(開幕前の告知)

2019年シーズンのモンゴル1部リーグは全国リーグとなっており、モンゴル全土から以下の10クラブが参加しています。

※クラブ名のリンクから各クラブの公式Facebookページに飛ぶことができます。(リンクがないクラブは見つけることができませんでした。)


※Mongolian Football Federation Official Youtubeより(第2節のハイライト動画)

外国籍選手枠

2019年シーズンのモンゴル1部リーグの外国籍選手枠は、以下の通りです。

登録枠4人(一般外国籍の選手3人+アジア枠の選手1人)
出場枠4人(一般外国籍の選手3人+アジア枠の選手1人)

2018年シーズンは、登録枠・出場枠共にアジア枠はなく一般外国籍の選手3人でした。

外国籍選手枠の編成

2019年シーズン終了時のモンゴル1部リーグの各クラブの外国籍選手の編成です。

※情報を見つけることができませんでした。

日本国籍選手一覧

2019年シーズンは、以下の日本国籍選手が在籍していました。
※情報が見つけられなかった選手もいます。

田中 宗一郎(タナカ ソウイチロウ)選手【DF】、1993年生まれ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Soichiro Tanaka(@tanakasoichiro4.02)がシェアした投稿

※田中選手のInstagramより

Ulaanbaatar City所属。

脇野 隼人(ワキノ ハヤト)選手【FW,MF】、1993年生まれ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Hayato Wakino(@hayatowakino)がシェアした投稿

※脇野選手のInstagramより

Erchim FC所属。

吉川 翔吾(ヨシカワ ショウゴ)選手【MF】、1995年生まれ

※吉川選手のInstagramより

Erchim FC所属。

金城 寛大(カネシロ モトヒロ)選手【FW】、1993年生まれ

Erchim FC所属。

石川 令(イシカワ レイ)選手【MF】、1987年生まれ

Erchim FC所属。

村田 勝利(ムラタ ショウリ)選手【MF】、1993年生まれ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Shori 40(@shori_murata)がシェアした投稿

※村田選手のInstagramより

Athletic 220 FC所属。

橋口 倫人(ハシグチ ノリト)選手【MF】、1995年生まれ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Norito Hashiguchi / 橋口 倫人🇯🇵(@noritoooooo)がシェアした投稿

※橋口選手のInstagramより

Athletic 220 FC所属。

中村 大我(ナカムラ タイガ)選手【MF】、1995年生まれ

Athletic 220 FC所属。

渡邉 卓矢(ワタナベ タクヤ)選手【DF】、1988年生まれ

Athletic 220 FC所属。(後期より)

柳館 知(ヤナギダテ カズ)選手【DF】、1992年生まれ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Kazu Yanagidate(@kazuyanagidate)がシェアした投稿

※柳館選手のInstagramより

SP Falcons所属。

遠藤 幹人(エンドウ ミキト)選手【MF】、1995年生まれ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Mikito Endo(@mikito_endo_10)がシェアした投稿

※遠藤選手のInstagramより

SP Falcons所属。

西尾 龍也(ニシオ タツヤ)選手【FW】、1995年生まれ

 

この投稿をInstagramで見る

 

nishio tatsuya(@xiweilongye2071)がシェアした投稿

※西尾選手のInstagramより

SP Falcons所属。

大津 一貴(オオツ カズタカ)選手【MF】、1989年生まれ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Otsu Kazutaka(@kazuuu02)がシェアした投稿

※大津選手のInstagramより

FC Ulaanbaatar所属。

阿部 速秀(アベ ハヤヒデ)選手【FW】、1996年生まれ

 

この投稿をInstagramで見る

 

💃はやひで/Hayahide🕺(@hayahide09)がシェアした投稿

※阿部選手のInstagramより

FC Ulaanbaatar所属。

河野 公寿(カワノ マサトシ)選手【GK】、1994年生まれ

 

この投稿をInstagramで見る

 

MASA (masatoshi kawano)🇯🇵🇪🇸🇲🇳(@kawano_masatoshi27)がシェアした投稿

※河野選手のInstagramより

FC Ulaanbaatar(前期)、Khaan Khuns Titem FC(後期)所属。

飯塚 ひろむ(イイズカ ヒロム)選手【MF】、1995年生まれ

Khaan Khuns Titem FC所属。

東海尚哉(トウカイ ナオヤ)選手【FW】、1991年生まれ

 

この投稿をInstagramで見る

 

東海尚哉(Naoya Tokai)(@naoyatokai57)がシェアした投稿

※東海選手のInstagramより

Khaan Khuns Titem FC(前期)、Anduud City FC(後期)所属。

伊津野 有盛(イズノ ユウセイ)選手【MF】、2000年生まれ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Yusei Izuno(@73yusei1014)がシェアした投稿

※伊津野選手のInstagramより

Khoromkhon FC所属。

日比 康介(ヒビ コウスケ)選手【】、1993年生まれ

Khoromkhon FC所属。

渡辺 玲(ワタナベ レイ)選手【FW】、1999年生まれ

 

この投稿をInstagramで見る

 

渡辺 玲(@rei_soccer7)がシェアした投稿

※渡辺選手のInstagramより

Khoromkhon FC所属。

順位表

2019年シーズンのモンゴル1部リーグの最終順位は以下の通りです。

順位 クラブ 試合 勝ち 引分 負け 得失 勝点 備考欄
1 Ulaanbaatar City FC(※①) 22 15 3 4 +36 48 2020年シーズンのAFCカップ予選への出場権
2 Erchim FC 22 15 3 4 +37 48
3 Khangarid FC 22 13 1 8 +17 40
4 Athletic 220 FC 22 10 6 6 +14 36
5 Deren FC 22 10 5 7 +13 35
↑上位リーグ↑ ↓下位リーグ↓
6 SP Falcons 22 12 2 8 +34 38
7 FC Ulaanbaatar 22 8 5 9 +10 29
8 Anduud City FC 22 9 1 12 −25 28
9 Khaan Khuns Titem (※②) 22 2 2 18 −44 8 2020年シーズンのモンゴル2部リーグに降格
10 Khoromkhon FC(※②) 22 2 0 20 −92 6

※各クラブ、ホーム&アウェイの全18試合後、上位リーグと下位リーグに分かれて総当たり(各クラブ4試合)しました。

※①:優勝したUlaanbaatar Cityは、2020年シーズンのAFCカップ予選(プレーオフラウンド)への出場権が与えられます。

※②:第9位のKhaan Khuns Titem FCと第10位のKhoromkhon FCは、2020年シーズンのモンゴル2部リーグに自動降格しました。

まとめ

今回は2019年シーズンのモンゴル1部リーグについて解説しました。

個人的には、プロ経歴のない選手のファーストステップとしてはモンゴルリーグは狙い目(多くの日本国籍選手がプレーしており需要も高い)なのかなと感じています。もちろん簡単に契約できるわけではないですし、契約できたとしても簡単に活躍できるとは言えません。

このブログを読んで少しでもモンゴルのサッカーに興味を持っていただけると嬉しいです。

【モンゴル1部リーグ】2020年シーズンモンゴルナショナルプレミアリーグ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA