【台湾1部リーグ】2019年シーズン台湾フットボールプレミアリーグ

こんにちは、ゆうたです。

親日国として有名な日本からも近い位置にある台湾。そんな台湾にもサッカーリーグが存在します。

今回はそんな台湾1部リーグの2019年シーズンについて解説していきます。

参加クラブ


※中華民國足球協會CTFA Official Facebook Pageより(最終戦の告知)

2019年シーズンの台湾1部リーグは全国リーグとなっており、台湾全土から以下の8クラブが参加しています。
※()内は現地名。

※クラブ名のリンクから各クラブの公式Facebookページに飛ぶことができます。

※CTFA.TV Official Youtubeより(リーグ開幕のプロモーションビデオ)

外国籍選手枠

2019年シーズンの台湾1部リーグの外国籍選手枠は、以下の通りです。

外国籍選手枠はありません。

外国籍選手枠の編成

2019年シーズン終了時の台湾1部リーグの各クラブの外国籍選手の編成です。

※情報を見つけることができませんでした。

日本国籍選手一覧

※あくまで個人的に集めた情報で、他にも在籍した選手はいる可能性はあります。

原田 拡帝(ハラダ ヒロキミ)選手【FW】、1999年生まれ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Hirokimi Harada/原田拡帝/SAO(@hsusao777)がシェアした投稿

※原田選手のInstagramより

Tatung Football Club所属。

大阪 郁馬(オオサカ イクマ)選手【DF】、1994年生まれ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Ikuma Osaka(@ikuma.osaka)がシェアした投稿

※大阪選手のInstagramより

Hang Yuan Football Club所属。

 

高田 俊(タカダ シュン)選手【MF】、1994年生まれ

 

この投稿をInstagramで見る

 

高田 俊(@shuntakada0508)がシェアした投稿

※高田選手のInstagramより

Taichung Futuro FC所属。

一柳 夢吾(イチヤナギ ユウゴ)選手【DF】、1985年生まれ

 

この投稿をInstagramで見る

 

一柳 夢吾/ Yugo Ichiyanagi(@yugo_ichiyanagi)がシェアした投稿

※一柳選手のInstagramより

Taichung Futuro FC所属。

小川 圭佑(オガワ ケイスケ)選手【MF】、1986年生まれ

小川選手のInstagram

Taichung Futuro FC所属。

金子 大晟(カネコ タイセイ)選手【FW】、1998年生まれ

Taichung Futuro FC所属。

谷 俊勲(タニ シュンクン)選手【GK】、1993年生まれ

Taichung Futuro FC所属。

太田 敬人(オオタ タカヒト)選手【MF】、1987年生まれ

 

この投稿をInstagramで見る

 

OTTI (Takahito Ota)(@takahito_ota)がシェアした投稿

※太田選手のInstagramより

Taiwan Red Lions F.C.所属。

前里 陸斗(マエザト リクト)選手【MF】、1998年生まれ

 

この投稿をInstagramで見る

 

前里 陸斗/ Rikuto Maezato(@like_a_shi_sa_14)がシェアした投稿

※前里選手のInstagramより

Taiwan Red Lions F.C.所属。

井上 湧貴(イノウエ ユウキ)選手【MF】、1995年生まれ

Taiwan Red Lions F.C.所属。

順位表

2019年シーズンの台湾1部リーグの最終順位は以下の通りです。

順位 クラブ 試合 勝ち 引分 負け 得失 勝点 備考欄
1 Tatung Football Club 21 16 4 1 +57 52 2020年シーズンAFCカップの本戦への出場権
2 Taiwan Power Company Football Club 21 15 4 2 +28 49 2020年シーズンAFCカップの予選への出場権
3 Hang Yuan Football Club 21 11 8 2 +34 41
4 Taiwan Steel FC 21 10 3 8 −1 33
5 Taichung Futuro FC 21 8 4 9 +11 28
6 Hasus TSU F.C. 21 4 3 14 −36 15
7 Ming Chuan University F.C. 21 3 2 16 −55 11 入れ替え戦へ
8 Taiwan Red Lions F.C. 21 1 4 16 −38 7

※各クラブ、ホーム&アウェイ+1周の全21試合。

※①:優勝したTatung Football Clubには、2020年シーズンAFCカップの本戦(グループステージ)への出場権が与えられます。

※②:第2位のTaiwan Power Company Football Clubは、2020年シーズンAFCカップの予選(プレーオフラウンド)への出場権が与えられます。

※③:第7位と8位のMing Chuan University F.C.Taipei Red Lions F.C.は入れ替え戦(プレーオフ)に参加しました。

まとめ

今回は2019年シーズンの台湾1部リーグについて解説しました。

数年前から台湾リーグのプロ化の話が上がっていますが、現状まだセミプロリーグのような状況が続いていいます。今後どうなっていくか楽しみですね。

また、個人的に親日国でご飯も美味しいと聞くので、訪れてみたい国ひとつです。

このブログを読んで少しでも台湾のサッカーに興味を持っていただけると嬉しいです。

【台湾1部リーグ】2020年シーズン台湾フットボールプレミアリーグ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA