【モンゴル1部リーグ】2021年シーズンモンゴルナショナルプレミアリーグ

こんにちは、ゆうたです。

モンゴルと聞いて相撲を思い浮かべる人は多いのでないでしょうか。そんなモンゴルにもサッカーリーグが存在し、多くの日本国籍選手がプレーしています。

今回はそんなモンゴル1部リーグの2021年シーズンについて解説していきます。

参加クラブ


※National Premier League Official Facebook Pageより(優勝クラブ)

2021年シーズンのモンゴル1部リーグは全国リーグとなっており、モンゴル全土から以下の10クラブが参加しています。

※クラブ名のリンクから各クラブの公式Facebookページに飛ぶことができます。(リンクがないクラブは見つけることができませんでした。)

BCH LionsKhoromkhon FCが2020年シーズンのモンゴル2部リーグからの昇格クラブです。

【モンゴル1部リーグ】2020年シーズンモンゴルナショナルプレミアリーグ

外国籍選手枠

2021年シーズンのモンゴル1部リーグの外国籍選手枠は、以下の通りです。

登録枠4人(一般外国籍の選手3人+アジア枠の選手1人)
出場枠4人(一般外国籍の選手3人+アジア枠の選手1人)

2018年シーズンは、登録枠・出場枠共にアジア枠はなく一般外国籍の選手3人でした。

※Mongolian Football Federation Official Youtubeより(2020年シーズンの最優秀選手の候補者)

外国籍選手枠の編成

2021年シーズン終了時のモンゴル1部リーグの各クラブの外国籍選手の編成です。

※情報を見つけることができませんでした。

日本国籍選手一覧

2021年シーズンは、以下の日本国籍選手が在籍していました。
※情報が見つけられなかった選手もいます。

岩橋 聡志(イワハシ サトシ)選手

※岩橋選手のInstagramより
ポジション:FW
生年月日:1995年9月2日生まれ
経歴:長崎日大高校 – 城西国際大学 – St.patricks CYFC(アイルランド) – Khangarid FC(モンゴル) – Athletic 220 FC(モンゴル)
Athletic 220 FC所属。城西国際大学を卒業後、アイルランドでプレーし、2020年シーズンはモンゴルで契約したものの新型コロナウイルスの影響で渡航できず、2021年シーズンからAthletic 220 FCでプレーしています。

菱田 拓(ヒシダ タク)選手

 

View this post on Instagram

 

菱田 拓(@taku_hishida)がシェアした投稿

※菱田選手のInstagramより
ポジション:FW
生年月日:1993年8月14日生まれ
経歴:拓殖大学 – Preussen Eberswalde(ドイツ) – SP Falcons(モンゴル) – NK Varteks(クロアチア) – Rezeknes FA(ラトビア) – SP Falcons(モンゴル)

遠藤 幹人(エンドウ ミキト)選手

 

View this post on Instagram

 

Mikito Endo(@mikito_endo_10)がシェアした投稿

※遠藤選手のInstagramより
ポジション:MF
生年月日:1995年9月9日生まれ
経歴:花咲徳栄高校 – 帝京平成大学 – SP Falcons(モンゴル) – Tiffy Army FC(カンボジア) – SP Falcons(モンゴル)

大津 一貴(オオツ カズタカ)選手

 

View this post on Instagram

 

Otsu Kazutaka(@kazuuu02)がシェアした投稿

※大津選手のInstagramより
ポジション:MF
生年月日:1989年10月25日生まれ
経歴:青森山田高校 – 関東学院大学 – TFSC – FC Ulaanbaatar(モンゴル) – Three Kings United(ニュージーランド) – Kamphaengphet FC(タイ) – FC Ulaanbaatar(モンゴル)

戸張 雅也(トバリ マサヤ)選手

ポジション:MF
生年月日:1997年9月2日生まれ
経歴:Taiwan Steel FC(台湾) – Khangarid FC(モンゴル)

古川 龍星(フルカワ リュウセイ)選手

※古川選手のInstagramより
ポジション:FW
生年月日:2000年12月6日生まれ
経歴:東海大学附属福岡高校 – Parramatta FC(オーストラリア) – Bankstown City FC(オーストラリア) – FK Minija Kretinga(リトアニア) – Khangarid FC(モンゴル)

伊津野 有盛(イズノ ユウセイ)選手

伊津野選手のInstagram
ポジション:FW
生年月日:2000年10月14日生まれ
経歴:熊本国府高校 – Khoromkhon FC(モンゴル)

渡邉 宰(ワタナベ ツカサ)選手

 

View this post on Instagram

 

渡邉 宰(@tsukasa__watanabe)がシェアした投稿

※渡邉選手のInstagramより
ポジション:FW
生年月日:1999年5月5日生まれ
経歴:埼玉栄高校 – 拓殖大学 – Vientiane FT(ラオス) – Khoromkhon FC(モンゴル)

西田 健吾(ニシダ ケンゴ)選手

※西田選手のInstagramより
ポジション:MF
生年月日:1987年7月12日生まれ
経歴:堀越高校 – ガンジュ岩手 – ミゲウ・コウト(ブラジル) – アンソメット岩手・八幡平 – FC鈴鹿ランポーレ – FC今治 – Saythany City(ラオス) – Football Samurai Academy(イングランド) – タブリンバス(アイルランド) – BCH Lions(モンゴル)

三澤 徹晃(ミサワ テツアキ)選手

 

View this post on Instagram

 

(@tetsuaki0128)がシェアした投稿

 ※三澤選手のInstagramより
ポジション:FW
生年月日:1999年1月28日生まれ
経歴:瀬戸内高校 – 神奈川大学 – BCH Lions(モンゴル)

佐々木 瑞穂(ササキ ミズホ)選手

 

View this post on Instagram

 

佐々木 瑞穂(@05mizuho)がシェアした投稿

 ※佐々木選手のInstagramより
ポジション:MF
生年月日:1986年6月6日生まれ
経歴:東京都立久留米高校 – セントラル中国(現デッツォーラ島根) – カマタマーレ讃岐 – FC町田ゼルビア(セカンドチーム)- コバルトーレ女川 – スペリオ城北 – TFC – FC Ulaanbaatar(モンゴル) – Selenge Press(モンゴル) – Deren FC(モンゴル) – BCH Lions(モンゴル) – FC Ulaanbaatar(モンゴル) – BCH Lions(モンゴル)

順位表

2021年シーズンのモンゴル1部リーグの最終順位は以下の通りです。

順位 クラブ 試合 勝ち 引分 負け 得失 勝点 備考欄
1 Athletic 220 FC 18 13 1 4 +22 40 2022年シーズンのAFCカップ予選への出場権
2 Deren FC 18 11 2 5 +13 35
3 SP Falcons 18 11 2 5 +14 35
4 FC Ulaanbaatar 18 9 6 3 +18 33
5 Khaan Khuns – Erchim FC 18 9 3 6 +14 30
6 Ulaanbaatar City FC 18 9 2 7 +2 29
7 Khangarid FC 18 5 3 10 -15 18
8 BCH Lions 18 5 2 11 -15 17
9 Khoromkhon FC 18 5 2 11 -16 17
10 Ulaanbaataryn Mazaalainuud FC 18 0 3 15 -37 3

※各クラブ、ホーム&アウェイの全18試合。

※①:優勝したAthletic 220 FCは、2022年シーズンのAFCカップ予選(プレーオフラウンド)への出場権が与えられます。

※②:第9位のKhoromkhon FCと第10位のUlaanbaataryn Mazaalainuud FCは、2022年シーズンのモンゴル2部リーグに自動降格しました。

まとめ

今回は2021年シーズンのモンゴル1部リーグについて解説しました。

個人的には、プロ経歴のない選手のファーストステップとしてはモンゴルリーグは狙い目(多くの日本国籍選手がプレーしており需要も高い)なのかなと感じています。もちろん簡単に契約できるわけではないですし、契約できたとしても簡単に活躍できるとは言えません。

このブログを読んで少しでもモンゴルのサッカーに興味を持っていただけると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA