【ラオス1部リーグ】2019年シーズンラオプレミアリーグ

こんにちは、ゆうたです。

「東南アジア最後の桃源郷」と言われている東南アジアの小国ラオス。そんなラオスにもサッカーリーグが存在します。

今回は、そのラオス1部リーグの2019年シーズンについて解説していきます。

参加クラブ


※Lao Premier League Official Facebook Pageより(参加クラブ一覧)

2019年シーズンのラオス1部リーグは全国リーグとなっており、ラオス全土から以下の6クラブが参加しています。

※クラブ名のリンクから各クラブの公式Facebookページに飛ぶことができます。

Young Elephants FCは23歳以下のラオス代表選手で編成されたチームです。

外国籍選手枠

2019年シーズンのラオス1部リーグの外国籍選手枠は、以下の通りです。

登録枠4人(一般外国籍の選手3人+アジア枠の選手1人)
出場枠4人(一般外国籍の選手3人+アジア枠の選手1人)

ラオス1部リーグは、AFC(アジアサッカー協会)の外国籍選手のルールである”3+1”(一般外国籍の選手3人+アジア枠の選手1人)と同じルールです。

また、カップ戦(Lao FF Cup)は外国籍選手枠は2枠のみです。


※Lao League Official Youtubeより(ハイライト)

外国籍選手枠の編成

2019年シーズン終了時ラオス1部リーグの各クラブの外国籍選手の編成です。

※あくまで個人的に集めた情報での数字です。

クラブ 1 2 3 アジア 退団した選手
Evo United 🇳🇬 🇯🇵 🇰🇷 🇰🇷 🇳🇬🇨🇲
Lao Army F.C.
Lao Police Club
Lao Toyota F.C. 🇧🇷 🇧🇷 🇯🇵 🇯🇵  
Master 7 FC 🇸🇱 🇯🇵 🇯🇵 🇯🇵 🇨🇮🇯🇵🇧🇷
Young Elephants FC

※肌色の背景はシーズン途中(開幕後の前期もしくは後期の移籍期間)に加入した選手です。

※シーズン終了時に在籍していた選手一覧のため、退団した選手は含んでいません。

2019年シーズンは、日本国籍の選手が6人と一番多くなっています。

日本国籍選手一覧

本間 和夫(ホンマ カズオ)選手【FW】、1980年生まれ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Kazuo Homma(@kazuohomma)がシェアした投稿

※本間選手のInstagramより
Lao Toyota F.C.所属。2014年シーズンからLao Toyota F.C.に加入し、6シーズン目の2019年シーズン終了までプレーしました。セルビア、ハンガリー(10シーズン)でのプレー経験があります。

大谷 壮馬(オオタニ ソウマ)選手【MF】、1990年生まれ

この投稿をInstagramで見る

Soma Otani(@soma0000)がシェアした投稿

※大谷選手のInstagramより
Lao Toyota F.C.所属。2018年シーズンからLao Toyota F.C.に加入し、2シーズン目の2019年シーズン終了までプレーしました。モンテネグロ、ボスニアヘルツェゴビナ、タイでのプレー経験があります。

和田 翔太(ワダ ショウタ)選手【GK】、1984年生まれ

和田選手のInstagram

Master 7 FC所属。2019年シーズンから加入し、1シーズンプレーしました。タイとモンゴルでのプレー経験があります。

菅澤 孝也(スガサワ タカヤ)選手【FW】、1987年生まれ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Takaya Sugasawa(@tky.s15)がシェアした投稿

※菅澤選手のInstagramより
Master 7 FC所属。後期からMaster 7 FCに加入しシーズン終了までプレーしました。シンガポールやタイでのプレー経験があります。

岸 健太(キシ ケンタ)選手【MF】、1996年生まれ

この投稿をInstagramで見る

Kenta Kishi(@soccer161045)がシェアした投稿

※岸選手のInstagramより
Master 7 FC所属。後期からMaster 7 FCに加入しシーズン終了までプレーしました。

Asano Kohsuke(アサノ コウスケ)選手【MF】、不明

Evo United所属。前期はMaster 7 FCでプレーし、後期からEvo Unitedに加入しシーズン終了までプレーしました。

順位表

2019年シーズンのラオス1部リーグの最終順位は以下の通りです。

順位 クラブ 試合 勝ち 引分 負け 得失 勝点 備考欄
1 Lao Toyota F.C.(※①) 15 12 1 2 +34 37 2020年シーズンAFCカップの本戦への出場権
2 Master 7 FC(※②) 15 9 2 4 +11 29 2020年シーズンAFCカップの予選への出場権
3 Young Elephants FC 15 8 4 3 +23 28
4 Lao Police Club 15 4 3 8 −11 15
5 Lao Army F.C. 15 2 4 9 −20 10
6 Evo United 15 2 2 11 −37 8

※各クラブ、ホーム&アウェイ1周ともう半周の全15試合。

※①:優勝したLao Toyota F.C.は、(国内カップ戦の2019 Lao FF Cupでも優勝)は、2020年シーズンAFCカップの本戦(グループステージ)への出場権が与えられます。

※②:本来、国内カップ戦の2019 Singapore Cupの優勝クラブに与えられるもう1枠の2020年シーズンAFCカップの予選(プレーオフラウンド)への出場権は、第2位のMaster 7 FCに与えられます。

まとめ

今回は2019年シーズンのラオス1部リーグについて解説しました。

2018年に一度ラオスに訪れたことがありますが、街も人も穏やかで住みやすそうだなーと個人的には思っています。笑

このブログを読んで少しでもラオスのサッカーに興味を持っていただけると嬉しいです。

【ラオス1部リーグ】2020年シーズンラオプレミアリーグ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA