【ブルネイ1部リーグ】2018~2019年シーズンブルネイスーパーリーグ

こんにちは、ゆうたです。

「世界一豊かな国」と言われているブルネイ(正式名称:ブルネイ・ダルサラーム)ですが、この国にもサッカーリーグが存在しています。

今回はそんなブルネイ1部リーグの2018~2019年シーズンについて解説していきます。

参加クラブ


※Brunei Super League Official Facebook Pageより(開幕戦の試合結果)

2018~2019年シーズンのブルネイ1部リーグは全国リーグとなっており、ブルネイ全土から以下の10クラブが参加しています。

※クラブ名のリンクから各クラブの公式Facebookページに飛ぶことができます。(リンクがないクラブは見つけることができませんでした。)

外国籍選手枠

2018~2019年シーズンのブルネイ1部リーグの外国籍選手枠は不明です。

※情報を見つけることができませんでした。おそらく外国籍選手は登録できず、現地でき選手のみがプレーしているようです。

外国籍選手枠の編成

2018~2019年シーズンのブルネイ1部リーグの外国籍選手枠の編成は不明です。

※情報を見つけることができませんでした。おそらく2018~2019年シーズンは、外国籍選手は登録できず、現地でき選手のみがプレーしているようです。

日本国籍選手一覧

2018~2019年シーズンのブルネイ1部リーグでプレーする日本国籍選手は不明です。

※情報が見つけることができませんでした。おそらく2018~2019年シーズンは、外国籍選手は登録できず、現地でき選手のみがプレーしているようです。

過去に伊藤壇さんがプレーされたことがあります。

○伊藤 壇(イトウ ダン)選手【MF】、1975年生まれ

順位表

2018~2019年シーズンのブルネイ1部リーグの最終順位は以下の通りです。

順位 クラブ 試合 勝ち 引分 負け 得失 勝点 備考欄
1 MS ABDB 18 15 1 2 +27 46
2 Kasuka 18 11 4 3 +42 37
3 Wijaya FC 18 11 4 3 +21 37
4 Indera SC 18 10 5 3 +25 35 2020年シーズンのAFCカップの予選への出場権
5 Kota Ranger FC 18 11 2 5 +20 35
6 MS PDB 18 7 4 7 +3 25
7 Lun Bawang 18 5 2 11 −20 17
8 Setia Perdana 18 3 1 14 −30 10
9 IKLS 18 3 1 14 −32 10
10 Najip 18 2 0 16 −56 6

※各クラブ、ホーム&アウェイの全18試合。

優勝したMS ABDBに与えられる2020年シーズンAFCカップの予選(プレーオフラウンド)への出場権ですが、AFC(アジアサッカー協会)が主催する大会に参加するために必要なライセンスを保持していなかったため、唯一そのライセンスを保持している第4位のIndera SCに与えられました。

※降格クラブはありません。

まとめ

今回は2018~2019年シーズンのブルネイ1部リーグについて解説しました。

情報が少ないブルネイリーグですが、逆に外国籍の枠が復活(実際に2020年シーズンはプレー可能になりました)すれば、かなりチャンスのあるリーグだと個人的には感じています。

ブルネイは、ぼくが2020年現在、住んでいるマレーシアサラワク州クチンと同じ島(ボルネオ島)にあるのでいつか行ってみたいと密かに考えています。笑

このブログを読んで少しでもブルネイのサッカーに興味を持っていただけると嬉しいです。

【ブルネイ1部リーグ】2020年シーズンブルネイスーパーリーグ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA