【ラオス1部リーグ】2021年シーズンラオプレミアリーグ

こんにちは、ゆうたです。

「東南アジア最後の桃源郷」と言われている東南アジアの小国ラオス。そんなラオスにもサッカーリーグが存在します。

今回は、そのラオス1部リーグの2021年シーズンについて解説していきます。

参加クラブ


※Lao Premier League Official Facebook Pageより(参加クラブ一覧)

2021年シーズンのラオス1部リーグは全国リーグとなっており、ラオス全土から以下の5クラブが参加しています。

※クラブ名のリンクから各クラブの公式Facebookページに飛ぶことができます。

【ラオス1部リーグ】2020年シーズンラオプレミアリーグ

外国籍選手枠

2021年シーズンのラオス1部リーグの外国籍選手枠は、以下の通りです。

登録枠4人(一般外国籍の選手3人+アジア枠の選手1人)
出場枠4人(一般外国籍の選手3人+アジア枠の選手1人)

ラオス1部リーグは、AFC(アジアサッカー協会)の外国籍選手のルールである”3+1”(一般外国籍の選手3人+アジア枠の選手1人)と同じルールです。

※Lao League Official Youtubeより(PEPSI LAO LEAGUE 1 2021 / EZRA FC 1-3 YOUNG ELEPHANTS FC)

外国籍選手枠の編成

2021年シーズンのラオス1部リーグの各クラブの外国籍選手の編成です。

※あくまで個人的に集めた情報での数字です。

クラブ 1 2 3 アジア
Lao Army FC
Ezra FC
FC Chanthabouly 🇧🇷 🇯🇵 🇯🇵
Viengchanh FC 🇨🇲 🇯🇵
Young Elephants FC 🇨🇮 🇸🇱 🇲🇱 🇯🇵

・地域別外国籍選手数

地域
アジア(4) 🇯🇵日本(4)
アフリカ(4) 🇨🇮コートジボワール(1),🇲🇱マリ(1),🇸🇱シエラレオネ(1),🇨🇲カメルーン(1)
北中米(0)
南米(1) 🇧🇷ブラジル(1)
ヨーロッパ(0)

 

日本国籍選手一覧

川上 典洋(カワカミ ノリヒロ)選手

ポジション:DF
生年月日:1987年4月4日生まれ
経歴:大社高校 – ジェフユナイテッド市原・千葉 – ジェフ・クラブ – ジェフユナイテッド市原・千葉 – ジェフリザーブズ – ジェフユナイテッド市原・千葉 – ジェフリザーブズ – ジェフユナイテッド市原・千葉 – 栃木SC – ツエーゲン金沢 – アルビレックス新潟シンガポール(シンガポール) – Geylang International FC(シンガポール) – Tampines Rovers FC(シンガポール) – アルビレックス新潟シンガポール(シンガポール) – Trat FC(タイ) – SC相模原 – テゲバジャーロ宮崎 – SC相模原 – テゲバジャーロ宮崎 – J.FC MIYAZAKI(現ヴェロスクロノス都農) – LAO TOYOTA FC(ラオス) – Young Elephants FC(ラオス)
Young Elephants FC所属。日本のJリーグの千葉、栃木、金沢(当時JFL)でプレー後、シンガポールで4シーズンプレーし、タイ、相模原、宮崎でプレーし2020年シーズンからLao Toyota F.C.に加入しましたが、2020年シーズンのリーグ開幕前にYoung Elephants FCに移籍しました。

渡邉 卓矢(ワタナベ タクヤ)選手

 

View this post on Instagram

 

Takuya Watanabe(@takuya.w13)がシェアした投稿

※渡邊選手のInstagramより
ポジション:MF/DF
生年月日:1988年4月11日
経歴:Estudiantes de la plata(アルゼンチン) – JSC Niigata – Sportiva Tsukuba – HBO Tokyo – CMAC UNITED(カンボジア) – Goyo FC(モンゴル) – Selengepress(モンゴル) – Three Star Club(ネパール) – Selengepress(モンゴル) – Samutprakan FC(タイ) – Athletic 220(モンゴル) – Viengchanh FC(ラオス)
Viengchanh FC所属。2020年シーズンからViengchanh FCに加入しました。カンボジア、タイ、モンゴル、ネパールでのプレー経験があります。

柳舘 知(ヤナギダテ カズ)選手

 

この投稿をInstagramで見る

 

Kazu Yanagidate(@kazu_yanagidate)がシェアした投稿

※柳舘選手のInstagramより
ポジション:DF
生年月日:1993年3月23日
経歴:HBO東京 – National Defense Ministry(カンボジア) – CMAC UNITED(カンボジア) – G.C. National Police FC(カンボジア) – Kuda Henveiru United(モルディブ) – Anduud City(モンゴル) – SP Falcons(モンゴル) – Viengchanh FC(ラオス) – FC Chanthabouly(ラオス)
FC Chanthabouly所属。2020年シーズンにViengchanh FCに加入し、2021年シーズンからFC Chanthaboulyに移籍しました。

井手口 正昭(イデグチ マサアキ)選手

 

View this post on Instagram

 

masaaki ideguchi(@ide0810)がシェアした投稿

※井手口選手のInstagramより
ポジション:MF
生年月日:1988年8月10日
経歴:東福岡高校 – 阪南大学 – 横浜FC – 横浜FC香港 – 横浜FC – Hoang Anh Gia Lai FC(ベトナム) – FC大阪 – Visakha FC(カンボジア) – Phnom Penh Crown FC(カンボジア) – FC Chanthabouly(ラオス)
FC Chanthabouly所属。2021年からFC Chanthaboulyに移籍しました。

順位表

2021年シーズンのラオス1部リーグの最終順位です。

順位 クラブ 試合 勝ち 引分 負け 得失 勝点 備考欄
1 Young Elephants FC 2 2 0 0 +4 6
3 Lao Army FC 3 1 1 1 0 4
4 Ezra FC 2 1 0 1 -1 3
5 FC Chanthabouly 2 0 2 0 0 2
6 Viengchanh FC 3 0 1 2 −3 1

※2021年シーズンのラオス1部リーグは、新型コロナウイルスの影響で中止となりました。

まとめ

今回は2021年シーズンのラオス1部リーグについて解説しました。

2018年に一度ラオスに訪れたことがありますが、街も人も穏やかで住みやすそうだなーと思っています。笑

毎シーズン日本国籍選手も多くプレーしており、2部リーグも外国籍選手がプレー可能なため、プロ経歴のない選手にはチャンスの多くあるリーグだと個人的には感じています。

このブログを読んで少しでもラオスのサッカーに興味を持っていただけると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA