【ブルネイ1部リーグ】2021年シーズンブルネイスーパーリーグ

こんにちは、ゆうたです。

「世界一豊かな国」と言われているブルネイ(正式名称:ブルネイ・ダルサラーム)ですが、この国にもサッカーリーグが存在しています。

今回はそんなブルネイ1部リーグの2021年シーズンについて解説していきます。

参加クラブ


※Brunei Super League Official Facebook Pageより(参加クラブ一覧)

2021年シーズンのブルネイ1部リーグは全国リーグとなっており、ブルネイ全土から以下の15クラブが参加しています。

※クラブ名のリンクから各クラブの公式Facebookページに飛ぶことができます。(リンクがないクラブは見つけることができませんでした。)

DPMM FCは、長年参加してきたシンガポールリーグへの参加が(コロナウイルスのパンデミック)できなくなったため2021年シーズンからブルネイ1部リーグに参加します。
※2020年シーズンはセカンドチームが参加していました。

【ブルネイ1部リーグ】2020年シーズンブルネイスーパーリーグ

外国籍選手枠

2021年シーズンのブルネイ1部リーグの外国籍選手枠は以下の通りです。

登録枠4人(一般外国籍の選手3人+アジア枠の選手1人)

出場枠4人(一般外国籍の選手3人+アジア枠の選手1人)

2018~2019年シーズンは外国籍選手は登録・出場共にできなかったので2020年シーズンからの新しいルールとなります。

外国籍選手枠の編成

2021年シーズンのブルネイ1部リーグの各クラブの外国籍選手の編成です。

※あくまで個人的に集めた情報での数字です。

クラブ 1 2 3 アジア 退団した選手
BAKES FC
BSRC FC
DPMM FC 🇧🇷 🏴󠁧󠁢󠁥󠁮󠁧󠁿 🇧🇾
IKLS
Indera SC 🇳🇬 🇳🇬 🇳🇬 🇩🇪
Jerudong FC 🇨🇮
Kasuka FC 🇱🇷 🇬🇭 🇯🇵 🇯🇵
KB FC
Kota Ranger FC 🇳🇬 🇯🇵
MS ABDB
MS PPDB
Panchor Murai FC
Rimba Star FC
Setia Perdana FC
Wijaya FC

・地域別外国籍選手数

地域
アジア(3) 🇯🇵日本(3)
アフリカ(7) 🇳🇬ナイジェリア(4),🇬🇭ガーナ(1),🇱🇷リベリア(1),🇨🇮コートジボワール(1)
北中米(0)
南米(1) 🇧🇷ブラジル(1)
ヨーロッパ(3) 🇩🇪ドイツ(1),🏴󠁧󠁢󠁥󠁮󠁧󠁿イングランド(1),🇧🇾ベラルーシ(1)

 

日本国籍選手一覧

和田 翔太(ワダ ショウタ)選手

ポジション:GK
生年月日:1984年6月10日
経歴:堀越高校 – 神奈川大学 – さいたまSC – FC琉球 – フェルヴォローザFC – アルテ高崎 – グルージャ盛岡 – ツエーゲン金沢 – 栃木ウーヴァFC – TTM FC(タイ) – Hua Hin FC(タイ) – Singburi FC(タイ) – FC Ulaanbaatar(モンゴル) – Master 7 FC(ラオス) – Kasuka FC(ブルネイ)
Kasuka FC所属。

安藤 竣哉(アンドウ シュンヤ)選手

 

この投稿をInstagramで見る

 

Shunya Ando 安藤 竣哉(@shunya.ando)がシェアした投稿

※安藤選手のInstagramより
ポジション:FW
生年月日:1996年5月21日
経歴:桐蔭学園高校 – SV Gonsenheim U19(ドイツ) – SV Grün-Weiß Siemerode(ドイツ) – VfR Fischeln(ドイツ) – VfB Speldorf(ドイツ) – Holzheimer SG(ドイツ) – Kasuka FC(ブルネイ)
Kasuka FC所属。

神野 峻(カミノ シュン)選手

情報を見つけることができませんでした。

順位表

2021年シーズンのブルネイ1部リーグの最終順位です。

順位 クラブ 試合 勝ち 引分 負け 得失 勝点 備考欄
1 DPMM FC 6 6 0 0 +55 18
2 Kota Ranger FC 6 6 0 0 +31 18
3 Indera SC 7 5 1 1 +25 16
4 Kasuka FC 6 5 0 1 +28 15
5 MS PPDB 6 4 0 2 +5 12
6 MS ABDB 6 3 3 0 +5 12
7 BSRC FC 7 3 1 3 −9 10
8 KB FC 6 2 2 2 −6 8
9 IKLS 6 1 3 2 −5 6
10 Wijaya FC 7 2 0 5 −8 6
11 Panchor Murai FC 7 1 3 3 −24 6
12 BAKES 7 1 1 5 −35 4
13 Rimba Star FC 7 0 3 4 −32 3
14 Setia Perdana FC 7 0 1 6 −11 1
15 Jerudong FC 5 0 0 5 −19 0

※2021年シーズンのブルネイ1部リーグは、新型コロナウイルスの影響で中止となりました。

まとめ

今回は2021年シーズンのブルネイ1部リーグについて解説しました。

情報が少ないブルネイリーグですが、逆に外国籍選手枠が復活した(2020年シーズンはプレー可能になりました)ので、かなりチャンスのあるリーグだと個人的には感じています。

ブルネイは、ぼくが2021年現在、住んでいるマレーシアサラワク州クチンと同じ島(ボルネオ島)にあるのでいつか行ってみたいと密かに考えています。笑

このブログを読んで少しでもブルネイのサッカーに興味を持っていただけると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA