【インドネシア1部リーグ】2020年シーズンリーガ1

こんにちは、ゆうたです。

インドネシアは近年、人口増加とともに急激な経済発展を遂げてきていて、勢いのある国のひとつだと言えます。そんなインドネシアのサッカーリーグですがサポーターが東南アジアの国々の中でも飛び抜けて熱いと有名で、ぼく自身プレーしてみたいリーグのひとつです。

2020年シーズンは、2月末から開幕しましたが第3節が終了後、新型コロナウイルスの影響で延期に延期を重ね、中止が決定しました。

今回は、そのインドネシア1部リーグ(Liga 1)の2020年シーズンについて解説していきます。

参加クラブ


※Liga 1 Official Facebook Pageより(2020年シーズンの開幕戦の対戦カード)

2020年シーズンのインドネシア1部リーグはインドネシア全土から18クラブが参加しています。

※クラブ名のリンクから各クラブの公式Facebookページに飛ぶことができます。

2019年シーズンのインドネシア2部リーグ(2018 Liga 2)からPersik KedirPersiraja Banda AcehPersita Tangerangの3クラブが昇格してきました。

【インドネシア1部リーグ】2019年シーズンリーガ1

外国籍選手枠

2020年シーズンのインドネシア1部リーグの外国籍選手枠は、以下の通りです。

登録枠4人(一般外国籍の選手3人+アジア枠の選手1人)

出場枠4人(一般外国籍の選手3人+アジア枠の選手1人)

インドネシア1部リーグは、AFC(アジアサッカー協会)の外国籍選手のルールである”3+1”(一般外国籍の選手3人+アジア枠の選手1人)と同じルールです。 ちなみにインドネシア2部リーグ以下は外国籍選手の登録と出場は認められていません。 ※Indosiar Official Youtubeより(TOP10ゴール)

外国籍選手枠の編成

2020年シーズン終了時のインドネシア1部リーグの各クラブの外国籍選手の編成です。

※あくまで個人的に集めた情報での数字です。

クラブ 1 2 3 アジア 退団した選手
Arema FC 🇧🇷 🇧🇷 🇦🇷🇦🇷🇺🇾🇰🇷
Bali United FC 🇧🇷 🇳🇱 🇮🇶 🇵🇹
PS Barito Putera 🇧🇷 🇷🇸 🇷🇸 🇵🇸
Bhayangkara FC 🇧🇷 🇹🇩 🇰🇷 🇨🇮
Borneo FC 🇹🇯 🇺🇿 🇧🇷🇧🇷
Madura United FC 🇦🇺 🇧🇷 🇧🇷 🇬🇭
Persebaya Surabaya 🇦🇺 🇧🇷 🇲🇱🇵🇸
Persela Lamongan 🇧🇷 🇧🇷 🇮🇶 🇧🇷🇯🇵🇲🇰
Persib Bandung 🇧🇷 🇳🇱 🇳🇱 🇵🇭
Persija Jakarta 🇧🇷 🇭🇷 🇮🇹 🇳🇵 🇳🇱
Persik Kediri 🇧🇷🇦🇷🇷🇸🇦🇺
Persipura Jayapura 🇯🇵 🇧🇷🇧🇷🇳🇱
Persiraja Banda Aceh 🇧🇷🇧🇷🏴󠁧󠁢󠁥󠁮󠁧󠁿🇱🇧
Persita Tangerang 🇺🇦 🇰🇬 🇦🇷🇧🇦
PSIS Semarang 🇧🇷 🇧🇷 🇧🇷 🇵🇸
PSM Makassar 🇳🇱 🇧🇷🇱🇧🇧🇦
PSS Sleman 🇧🇷 🇱🇷 🇺🇦 🇦🇺
TIRA-Persikabo 🇧🇷 🇧🇷 🇫🇮🇺🇿

・地域別外国籍選手数

地域
アジア(12) 🇮🇶イラク(2),🇦🇺オーストラリア(2),🇰🇷韓国(1),🇹🇯タジキスタン(1),🇺🇿ウズベキスタン(1),🇵🇭フィリピン(1),🇳🇵ネパール(1),🇯🇵日本(1),🇰🇬キルギス(1),🇵🇸パレスチナ(1)
アフリカ(2) 🇹🇩チャド(1),🇱🇷リベリア(1)
北中米(0)
南米(18) 🇧🇷ブラジル(18)
ヨーロッパ(10) 🇳🇱オランダ(4),🇷🇸セルビア(2),🇺🇦ウクライナ(2),🇭🇷クロアチア(1),🇮🇹イタリア(1)

※退団した選手は含んでいません。

日本国籍選手一覧

松永 拓也(マツナガ ヤクヤ)選手【MF】、1990年生まれ

※松永選手のInstagramより

Persipura Jayapura所属。2019年シーズンは半期の移籍期間からインドネシアリーグプレーしています。2020年シーズンからPersipura Jayapuraに加入しました。リトアニア、エストニア、フェロー諸島でのプレー経験があります。

中村 駿介(ナカムラ シュンスケ)選手【MF】、1994年生まれ

※中村選手のInstagramより

Persela Lamongan所属。ドイツ、マルタでプレー後2020年シーズンからPersela Lamonganと契約し数試合プレーしました。

まとめ

今回は2020年シーズンのインドネシア1部リーグについて解説しました。

たくさんの島で成り立っているインドネシアは、各クラブも様々な場所にあり飛行機での移動が多いと聞きます。乗り換えを繰り返し総移動時間10時間以上という場合もあるみたいです。

このブログを読んで少しでもインドネシアのサッカーに興味を持っていただけると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA