2020年シーズンマレーシアリーグでプレーする日本人選手

こんにちは、ゆうたです。

2019年シーズンのマレーシアリーグではスーパーリーグ(1部)で2人、プレミアリーグ(2部)で2人、M3リーグ(3部)で1人の計5人でしたが、2020年シーズンは少し増えてスーパーリーグ(1部)で1人、プレミアリーグ(2部)で6人、M3リーグ(3部)で6人の日本人選手プレーしました。

今回は、2020年シーズンマレーシアリーグでプレーする13人の日本人選手を紹介していきます。

スーパーリーグ(1部)

恵 龍太郎(メグミ リュウタロウ)選手【FW/MF】、1993年生まれ

この投稿をInstagramで見る

恵 龍太郎/Ryutaro Megumi🇯🇵(@megu1106)がシェアした投稿

※恵選手のInstagramより

FELDA United F.C.所属。2017年シーズンから2019年シーズンまでシンガポールリーグでプレーし、2020年シーズンからFELDA United F.C.でプレーしています。

【マレーシア1部リーグ】2020年シーズンマレーシアスーパーリーグ

プレミアリーグ(2部)

中武 駿介(ナカタケ シュンスケ)選手【MF】、1990年生まれ

この投稿をInstagramで見る

Shunsuke Nakatake(@takezo7)がシェアした投稿

※中武選手のInstagramより

Negeri Sembilan FA所属。2018年シーズンは同リーグのPDRM FAでプレーし、2019年シーズンからNegeri Sembilan FAに完全移籍し、2020年シーズンも契約を延長し、1シーズンプレーしました。2016年シーズンからマレーシアリーグでプレーしており、マレーシアの他にシンガポールリーグでのプレー経験もあります。

ブルーノ 鈴木(ブルーノ スズキ)選手【FW】、1990年生まれ

この投稿をInstagramで見る

BRUNO SUZUKI(@cbruno_7)がシェアした投稿

※鈴木選手のInstagramより

Terengganu FC Ⅱ所属。2018年シーズンから所属しているTerengganu FC Ⅱで2020年シーズンも契約を延長し、1シーズンプレーしました。日本のJリーグとシンガポールリーグでプレーした経験豊富なストライカーです。

渡邉 将基(ワタナベ マサキ)選手【DF】、1986年生まれ

この投稿をInstagramで見る

MASAKI WATANABE 渡邉将基(@masakiwatanabe1202)がシェアした投稿

※渡邊選手のInstagramより

Kelantan FA所属。2018年シーズンはJ2リーグの横浜FCでプレーしており、2019年シーズンはマレーシアプレミアリーグのPerlis FAに完全移籍したもののクラブが財政上の問題で開幕後3試合でリーグから脱退しフリーに。その後すぐ、FELDA United F.C.と契約し、1シーズンプレーしました。2020年シーズンからKelantan FAに移籍しました。日本のJリーグの5クラブ(サガン鳥栖、横浜FC、ギラヴァンツ北九州、ヴァンフォーレ甲府、FC岐阜)でのプレー経験があります。

廣瀬 慧(ヒロセ ケイ)選手【MF】、1995年生まれ

この投稿をInstagramで見る

Kei Hirose(@jjmi_kei_)がシェアした投稿

※廣瀬選手のInstagramより

Johor Darul Ta’zim F.C. II所属。ドイツ、マルタ、インドネシアでプレー後、2020年シーズンからJohor Darul Ta’zim F.C. IIでプレーしています。

谷川 由来(タニガワ ユウキ)選手【MF/DF】、1997年生まれ

この投稿をInstagramで見る

Yuki Tanigawa/谷川 由来(@tngwyuk)がシェアした投稿

※谷川選手のInstagramより

Kuching FA所属。京都産業大学を卒業後、2020年シーズンからKuching FAに所属しています。

鈴木 雄太(スズキ ユウタ)【MF】、1990年生まれ

この投稿をInstagramで見る

Yuta Suzuki(@yutarn20)がシェアした投稿

ぼくです。笑 詳しくは、プロフィールをみてください。笑

プロフィール

【マレーシア2部リーグ】2020年シーズンマレーシアプレミアリーグ

M3リーグ(3部)

※2020年シーズンのM3リーグは、コロナウイルスの影響で開幕後第2節のみ開催され、その後中止となりました。

宮崎 崚平(ミヤザキ リョウヘイ)選手【FW】、1995年生まれ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Ryohei Miyazaki(@ryoheimiyazaki_10)がシェアした投稿

※宮崎選手のInstagramより

Melawati Football Club所属。日本の地域リーグ、ポーランド、アメリカでプレー後、2020年シーズンからMelawati Football Clubと契約しています。

岸 健太(キシ ケンタ)選手【MF,FW】、1996年生まれ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Kenta Kishi🇲🇾(@soccer161045)がシェアした投稿

※岸選手のInstagramより

PIB FC所属。東京国際大学を卒業後、社会人リーグ、ラオスでプレーし、2020年シーズンからPIB FCと契約しました。

木下 伶耶(キノシタ レイヤ)【MF】、1994年生まれ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Reiya Kinoshita / 木下伶耶(@reeeeeeya38)がシェアした投稿

※木下選手のInstagramより

Ultimate Football Club所属。帝京大学を卒業後、沖縄SV、カンボジアでプレーし、2020年シーズンからUltimate Football Clubと契約しました。

米澤 淳司(ヨネザワ アツシ)選手【FW,MF】1985年生まれ

Semarak Football Club所属。中央大学を卒業後、日本のJリーグのジェフユナイテッド市原・千葉でプレーし海外へ。インド、インドネシア、ミャンマー、バングラデシュでプレーし、2020年シーズンからSemarak Football Clubと契約しました。

高山 龍(タカヤマ リュウ)選手【FW】、2000年生まれ

Langkawi City Football Club所属。SC相模原U-21でプレー後、2020年シーズンからLangkawi City Football Clubと契約しました。

saito kota(サイトウ コウタ)選手、1997年生まれ

Thai Selangor所属。

【マレーシア3部リーグ】2020年シーズンマレーシアM3リーグ

まとめ

今回は2020年シーズンマレーシアリーグでプレーする13人の日本国籍選手を紹介しました。

2019年シーズンからM3リーグが新たに新設(2018年シーズンまではFAM CUP)され、それに伴い外国籍選手枠も登録(2018年シーズンまではマレーシア国籍選手のみで開催)できるようになりました。その影響もあり2020年シーズンは今までで一番多い日本国籍選手がプレーしたシーズンとなりました。

2021年シーズンは、コロナウイルスの影響もあり、移籍市場が例年と違う動きがあると予想されます。そんな中、どんな選手がマレーシアでプレーするのか今から楽しみです。

このブログを通じて少しでもマレーシアのサッカーに興味を持ってもらえたら嬉しいです。

マレーシアのサッカーについて

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA