【シンガポール1部リーグ】2019年シーズンシンガポールプレミアリーグ

こんにちは、ゆうたです。

ここ10年くらいでタイをはじめとする東南アジアの国々のサッカーリーグでプレーしている日本国籍の選手が増加してきました。ぼくもそのうちの1人です。

その東南アジアの中でもシンガポールリーグは、2000年前半から多くの日本国籍の選手がプレーし活躍してきた歴史があります。

今回は、そのシンガポール1部リーグの2019年シーズンについて解説していきます。

参加クラブ


※AIA Singapore Premier League Official Facebook Pageより(2019年シーズンの開幕戦の対戦カードの記事)

2019年シーズンのシンガポール1部リーグは全国リーグとなっており、シンガポール全土から以下の9クラブが参加しています。

※クラブ名のリンクから各クラブの公式Facebookページに飛ぶことができます。

シンガポールリーグの特徴は、シンガポール国内のクラブだけでなくブルネイ(他国)を本拠地に構えるDPMM FC(ブルネイ国籍の選手が主体でシンガポール国籍の選手は在籍していません)や日本国籍選手主体(2017年シーズンまでは全選手日本国籍選手でしたが2018年シーズン以降シンガポール国籍の選手の登録も可能に)のAlbirex Niigata Singapore FCが参加しているところです。また、23歳以下のシンガポール代表チームのYoung Lions FCも参加しています。


※AIA Singapore Premier League Official Youtubeより(開幕戦の告知動画)

外国籍選手枠

2019年シーズンのシンガポール1部リーグの外国籍選手枠は、以下の通りです。

登録枠4人(一般外国籍の選手2人+21歳以下の一般外国籍の選手2人)
出場枠4人(一般外国籍の選手2人+21歳以下の一般外国籍の選手2人)

※①Albirex Niigata Singapore FCは予算が許す限り、シンガポール国籍の選手(23歳以上の選手は1人のみ)の登録が認められています。

※②DPMM FCは、一般外国籍の選手3人の登録が可能で21歳以下の一般外国籍の選手の登録は認められていません。

※③Young Lions FCは、外国籍選手の登録が認められていません。

外国籍選手枠の編成

2019年シーズン終了時のシンガポール1部リーグの各クラブの外国籍選手の編成です。

※あくまで個人的に集めた情報での数字です。

クラブ   1   2   3 U21-1 U21-2 U21-3 退団した選手
Albirex Niigata Singapore FC 🇸🇬 🇸🇬 🇸🇬 🇸🇬 🇸🇬 🇸🇬
Balestier Khalasa FC 🇭🇷 🇭🇷 🇦🇹
DPMM FC 🇦🇺 🏴󠁧󠁢󠁥󠁮󠁧󠁿 🇧🇾
Geylang International FC 🇳🇱 🇯🇵 🇳🇿 🇦🇺 🇦🇺
Home United FC 🇦🇺 🇰🇷 🇦🇺
Hougang United FC 🇭🇷 🇰🇷 🇫🇷 🇧🇷
Tampines Rovers FC 🇨🇦 🇯🇵 🇷🇸 🇧🇦
Warriors FC 🇫🇷 🇯🇵 🇯🇵

※肌色の背景はシーズン途中(開幕後の前期もしくは後期の移籍期間)に加入した選手です。

※シーズン終了時に在籍していた選手一覧のため、退団した選手は含んでいません。

他の東南アジア諸国と違い、アフリカの国々の国籍の選手がおらずヨーロッパの国々の国籍の選手が多く在籍しています。その中で日本とオーストラリアが4人と一番多く在籍しています。

日本人選手一覧

市川 祐樹(イチカワ ユウキ)選手【DF】、1987年生まれ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Yuki Ichikawa(@yuuuuki9280)がシェアした投稿

※市川選手のInstagramより
Geylang International FC所属。2012年シーズンからシンガポールリーグでプレーしています。Geylang International FCでは6シーズン目になります。

恵 龍太郎(メグミ リュウタロウ)選手【FW/MF】、1993年生まれ

 

この投稿をInstagramで見る

 

恵 龍太郎/Ryutaro Megumi🇯🇵(@megu1106)がシェアした投稿

※恵選手のInstagramより
Tampines Rovers FC所属。2017年シーズンからシンガポールリーグでプレーしています。Tampines Rovers FCでは3シーズン目になります。

福田 健人(フクダ ケント)選手【DF】、1990年生まれ

 

この投稿をInstagramで見る

 

KENTO FUKUDA(@kento_fukuda_5)がシェアした投稿

※福田選手のInstagramより
Warriors FC所属。日本のJリーグの湘南ベルマーレ、藤枝MYFCとFC刈谷(両クラブ当時はJFL)でプレー後、シンガポールリーグでプレーしています。Warriors FCでは4シーズン目になります。

永澤 竜亮(ナガサワ リョウスケ)選手【FW】、1998年生まれ

Warriors FC所属。※出場記録なし

※Albirex Niigata Singapore FCに所属する日本国籍選手は、記載していません。

順位表

2019年シーズンのシンガポール1部リーグの最終順位は以下の通りです。

順位 クラブ 試合 勝ち 引分 負け 得失 勝点 備考欄
1 DPMM FC(※③) 24 15 5 4 +26 50
2 Tampines Rovers FC(※①) 24 12 8 4 +23 44 2020年シーズンのAFCチャンピオンズリーグの予選1回戦への出場権
3 Hougang United FC(※②) 24 13 4 7 +13 43 2020年シーズンAFCカップの本戦に出場権
4 Albirex Niigata Singapore FC(※③) 24 12 5 7 +11 41
5 Geylang International FC 24 10 3 11 −7 33
6 Home United FC 24 9 3 12 −12 30
7 Warriors FC 24 6 5 13 −16 23
8 Young Lions FC(※③) 24 6 4 14 −17 22
9 Balestier Khalasa FC 24 4 5 15 −21 17

※各クラブ、ホーム&アウェイ1周ともう半周の全24試合。

※①:第2位のTampines Rovers FC(国内カップ戦の2019 Singapore Cupでも優勝)は、2020年シーズンのAFCチャンピオンズリーグの予選1回戦への出場権(敗退した場合、2020年シーズンAFCカップの本戦のグループステージに出場)が与えられます。(優勝したDPMM FCには参加権がないため)

※②:本来、国内カップ戦の2019 Singapore Cupの優勝クラブに与えられるもう1枠の2020年シーズンAFCカップの本戦(グループステージ)に出場権は、第3位のHougang United FCに与えられます。

※③:優勝したブルネイが本拠地のDPMM FC、日系クラブのAlbirex Niigata Singapore FC、23歳以下のシンガポール代表のYoung Lions FCはAFC(アジアサッカー協会)主催の大会には参加できません。

まとめ

今回は2019年シーズンのシンガポール1部リーグについて解説しました。

日系クラブのAlbirex Niigata Singapore FCが参戦していることもあり、シンガポールリーグでプレーしたことがある日本国籍の選手は多くいます。実際にAlbirex Niigata Singapore FCから他の東南アジアの国々やヨーロッパ、日本のJリーグに移籍する選手も多くいて、個人的にはかなり魅力的なリーグだと感じています。

このブログを読んで少しでもシンガポールのサッカーに興味を持っていただけると嬉しいです。

【シンガポール1部リーグ】2020年シーズンシンガポールプレミアリーグ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA