【タイ2部リーグ】2019年シーズンタイリーグ2

こんにちは、ゆうたです。

近年、力をつけてきている東南アジアのサッカー。日本ではタイ代表でコンサドーレ札幌所属のチャナティップ選手や横浜Fマリノス所属のティーラトン選手などタイ人選手の活躍もありタイリーグを知っている人はいると思います。

今回は、そのタイ2部リーグの2019年シーズンについて解説していきます。

参加クラブ

2019年シーズンのタイ2部リーグはタイ全土から18クラブが参加しています。(2018年シーズンのタイ2部リーグは15クラブ)


※Thai League Official Facebook Pageより(参加クラブ一覧)

※クラブ名のリンクから各クラブの公式Facebookページに飛ぶことができます。(リンクがないクラブは見つけることができませんでした。)

2018年シーズンのタイ1部リーグからAir Force United F.C.、BG Pathum United F.C.、Navy F.C.、Police Tero F.C.、Ubon United F.C.の5クラブが降格してきました。

2018年シーズンのタイ3部リーグからAyutthaya United F.C.、MOF Customs United F.C.、JL Chiangmai United F.C.の3クラブが昇格してきました。

外国籍選手枠

2019年シーズンのタイ2部リーグの外国籍選手枠は、以下の通りです。

登録枠5人(一般外国籍の選手3人+アジア枠の選手1人+東南アジア枠の選手1人)
出場枠5人(一般外国籍の選手3人+アジア枠の選手1人+東南アジア枠の選手1人)

外国籍選手枠の編成

2019年シーズン終了時のタイ2部リーグの各クラブの外国籍選手の編成です。  

※あくまで個人的に集めた情報での数字です。

クラブ 1 2 3 アジア 東南アジア 退団した選手
Air Force United F.C. 🇧🇷 🇧🇷   🇦🇺 🇻🇳 🇦🇫 🇫🇷 🇳🇿
Army United F.C. 🇧🇷 🇧🇷 🇵🇹 🇰🇷 🇸🇬 🇧🇷 🇧🇫  
Ayutthaya United F.C. 🇧🇷 🇰🇷 🇲🇶 🇰🇷 🇱🇦 🇧🇷 🇺🇸  
BG Pathum United F.C. 🇧🇷 🇧🇷 🇪🇸 🇯🇵 🇸🇬 🇧🇷 🇯🇵  
MOF Customs United F.C. 🇯🇵 🇳🇿 🇷🇸 🇯🇵   🇨🇲 🇯🇵  
JL Chiangmai United F.C. 🇧🇷 🇸🇻 🇵🇾 🇰🇷 🇵🇭 🇧🇷    
Kasetsart F.C. 🇧🇷 🇨🇮 🇲🇱 🇯🇵   🇧🇷 🇰🇷  
Khon Kaen F.C. 🇧🇷 🇯🇵   🇰🇷   🇧🇷 🇧🇷 🇱🇦
Lampang F.C. 🇧🇷 🇳🇱 🇳🇱 🇦🇫   🇯🇵    
Navy F.C. 🇧🇷 🇰🇷 🇪🇸 🇰🇷   🇰🇷 🇰🇷  
Nongbua Pitchaya F.C. 🇧🇷 🇧🇷 🇨🇴 🇸🇾 🇸🇬 🇧🇷 🇪🇸  
Police Tero F.C. 🇫🇷 🇫🇷 🇬🇭 🇰🇷 🇲🇾 🇧🇷 🇧🇷  
Rayong F.C. 🇧🇷 🇧🇷 🇰🇷 🇯🇵   🇧🇷 🇱🇦  
Samut Sakhon F.C. 🇧🇷 🇧🇷 🇧🇷 🇰🇷 🇲🇲 🇧🇷 🇲🇬  
Sisaket F.C. 🇧🇷 🇨🇮 🇬🇭 🇯🇵        
Thai Honda F.C. 🇧🇷 🇧🇷 🇭🇷 🇯🇵   🇯🇵    
Ubon United F.C. 🇧🇷 🇪🇬 🇯🇵     🇧🇷 🇧🇷  
Udon Thani F.C. 🇧🇷 🇧🇷 🇧🇷 🇯🇵   🇧🇷    

※肌色の背景はシーズン途中(開幕後の前期もしくは後期の移籍期間)に加入した選手です。
※薄緑色の背景はシーズン途中に国内移籍(同リーグの他クラブに移籍)した選手です。

※シーズン終了時に在籍していた選手一覧のため、退団した選手は含んでいません。

2019年シーズンのタイ2部リーグではブラジルに次に日本と韓国が多くなっており、日本国籍選手の需要が高いと言えます。

日本国籍選手一覧

小島 聖矢(コジマ セイヤ)選手【MF】、1989年生まれ

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

小島聖矢(@seiya8kojima)がシェアした投稿

※小島選手のInstagramより
BG Pathum United F.C.所属(2019年シーズンのハーフシーズン所属)。流通経済大学を卒業後、タイに渡り9シーズン目になります。2019年シーズンの後期に日本のJFL所属の奈良クラブから移籍加入し、シーズン終了までプレーしました。2018年シーズン前期には、バングラデシュリーグでもプレーしています。

大久保 剛志(オオクボ ゴウシ)選手【FW】、1986年生まれ

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Goshi Okubo/โกชิ โอคุโบะ/大久保剛志(@goshi40)がシェアした投稿

※大久保選手のInstagramより
MOF Customs United F.C.所属。ベガルタ仙台のユースからトップチームに昇格し、JFLのソニー仙台FCやJリーグのモンテディオ山形でプレー後、2014年シーズンからタイリーグでプレーしています。2019年シーズンはシーズン2018年シーズン所属した京都サンガFCからMOF Customs United F.C.に移籍し、1シーズンプレーしています。

地頭薗 雅弥(ジトウゾノ マサヤ)選手【MF】、1989年生まれ

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Masaya Jitozono 地頭薗雅弥(@zono.7)がシェアした投稿

※地頭園選手のInstagramより
MOF Customs United F.C.所属(2019年シーズン前期は同リーグLampang F.C.所属)。青山学院大学卒業後、日本のJリーグのSC相模原で3シーズン、シンガポールリーグのアルビレックス新潟シンガポールで1シーズン、マレーシアリーグでハーフシーズンプレー後、タイリーグでプレー経験しています。2019年シーズンは前期に同リーグLampang F.C.所属し、後期からMOF Customs United F.C.に加入しシーズン終了までプレーしました。

南部 健造(ナンブ ケンゾウ)選手【MF】、1992年生まれ

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

南部健造 / Kenzo Nambu(@kenzo.nambu39)がシェアした投稿

※南部選手のInstagramより
Kasetsart F.C.所属。中京大学卒業後、日本のJリーグのカターレ富山、JFLのブリオベッカ浦安、FC大阪でプレー後、2019年シーズンの後期からタイリーグのKasetsart F.C.に加入し、シーズン終了までプレーしました。

<杉下 聖哉(スギシタ セイヤ)選手【FW】、1988年生まれ

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Seiya Sugishita(@steez____10)がシェアした投稿

※杉下選手のInstagramより
Khon Kaen F.C.所属。尚美学園大学卒業後、日本の当時関東1部リーグ所属のさいたまSCでプレー後、インドリーグのクラブに加入しました。タイリーグには2014~15シーズン、2017~18シーズンとプレーし、2019年シーズンからKhon Kaen F.C.に加入し、1シーズンプレーしました。

松村 亮(マツムラ リョウ)選手【MF】、1994年生まれ

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Ryo Matsumura🇯🇵松村亮(@ryomatsumura.official)がシェアした投稿

※松村選手のInstagramより
Rayong F.C.所属。2012年シーズンにヴィッセル神戸ユースからトップチームに昇格し、栃木SC、徳島ヴォルティス、AC長野パルセイロでプレー後、2019年シーズンにRayong F.C.に加入し、1シーズンプレーしました。

片野 寛理(カタノ ヒロミチ)選手【DF】、1982年生まれ

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

katano hiromichi / 片野 寛理(@katano4_jp)がシェアした投稿

※片野選手のInstagramより
Sisaket F.C.所属。順天堂大学を卒業後、当時JFLの栃木SC、佐川印刷FC、ギラヴァンツ北九州(J2への昇格を経験)でプレー後、2011年シーズンからタイリーグでプレーしています。2016年シーズンには香港リーグでもプレーし、2019年シーズンはSisaket F.C.で1シーズンプレーしました。

長崎 健人(ナガサキ ケント)選手【MF】、1990年生まれ

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

開幕2連敗からの2引き分け、5試合目でようやく初勝利!

長崎健人/kento nagasaki(@kensan10)がシェアした投稿 –

※長崎選手のInstagramより
Thai Honda F.C.所属。静岡産業大学を卒業後、シンガポールリーグのアルビレックス新潟シンガポールで5シーズンプレー後、2018年シーズンからThai Honda F.C.に加入し、2019年シーズン終了までプレーしました。

山口 廉史(ヤマグチ レンシ)選手【MF/DF】、1992年生まれ

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Renshi Yamaguchi(@renshiyamaguchi)がシェアした投稿

※山口選手のInstagramより
Ubon United F.C.所属。法政大学を卒業後、シンガポールリーグでプレー後、ラオスで3シーズンプレーし、2019年シーズンからタイリーグのUbon United F.C.に加入し、1シーズンプレーしました。

下地 奨(シモジ ショウ)選手【FW】、1985年生まれ

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Sho Shimoji(@sho_shimoji)がシェアした投稿

※下地選手のInstagramより
Udon Thani F.C.所属。青山学院大学を卒業後、Jリーグのサガン鳥栖で3シーズンプレー後、パラグアイリーグとブラジルリーグでプレーし、2013年シーズンからタイリーグでプレーしています。2019年シーズンはUdon Thani F.C.で1シーズンプレーしました。

※以下リーグ終了時には在籍していませんが、2019年シーズン中に在籍した選手。

馬場 悠企(バンバ ユウキ)選手【MF】、1986年生まれ

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

馬場 悠企(@yuki_bamba32)がシェアした投稿

※馬場選手のInstagramより
BG Pathum United F.C.に在籍(前期のみ)しました。京都産業大学卒業後、当時JFLのSAGAWA SHIGA FCでプレー後、2012年シーズンからタイリーグでプレーしています。2019年シーズンは、前期はタイリーグ2部のBG Pathum United Football Clubで前期のみプレーしました。(後期からタイ1部のTrat F.C.に移籍し、シーズン終了までプレーしました)※リーグ終了時にタイ2部リーグでプレーしていないため、外国籍選手枠の編成でカウントしていません。

寄特 直人(キドク ナオト)選手【DF】、1994年生まれ

MOF Customs United F.C.に在籍(前期のみ)しました。浦和レッズユースから、Jリーグのファジアーノ岡山に加入(当時JFLのファジアーノ岡山ネクストにも所属しプレー)し、SC相模原でプレー後、2018年からタイリーグでプレーしています。2019年シーズンは前期にMOF Customs United F.C.に在籍しハーフシーズンプレーしました。※リーグ終了時にタイ2部リーグでプレーしていないため、外国籍選手枠の編成でカウントしていません。

中野 遼太郎(ナカノ リョウタロウ)選手【MF】、1988年生まれ

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

🇯🇵Ryotaro Nakano🇯🇵(@ryotro_nakanao)がシェアした投稿

※中野選手のInstagramより
Thai Honda F.C.に在籍(前期のみ)しました。早稲田大学を卒業後、ドイツリーグ、ポーランドリーグ、ラトビアリーグでプレー後、2017年シーズンにタイリーグのクラブに加入、シーズン終了後ラトビアリーグに戻り、2019年シーズンからThai Honda F.C.でハーフシーズンプレーしました。※リーグ終了時にタイ2部リーグでプレーしていないため、外国籍選手枠の編成でカウントしていません。

嶺岸 光(ミネギシ ヒカル)選手【FW/MF】、1991年生まれ

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Hikaru Minegishi (Pika)(@hikaruzinyo14)がシェアした投稿

※嶺岸選手のInstagramより
JL Chiangmai United F.C.所属。仙台大学卒業後、フィリピンリーグでプレーし2018年からタイリーグでプレーしています。2019年シーズンからJL Chiangmai United F.C.で1シーズンプレーしました。※フィリピン国籍で登録されている日本国籍も持つ選手なため外国籍選手枠の編成でカウントしていません。

順位表

2019年シーズンのタイ2部リーグの最終順位は以下の通りです。

順位 クラブ 試合 勝ち 引分 負け 得失 勝点 備考欄
1 BG Pathum United F.C.(※①) 34 24 6 4 +49 78 2020年シーズンタイ1部リーグに昇格
2 Police Tero F.C.(※①) 34 19 8 7 +33 65
3 Rayong F.C.(※①) 34 18 7 9 +11 61
4 Sisaket F.C. 34 20 11 3 +33 59  
5 Army United F.C.(※②) 34 15 10 9 +13 55 クラブが解散
6 Thai Honda F.C.(※②) 34 13 12 9 +12 51
7 Udon Thani F.C. 34 15 6 13 +1 51  
8 Khon Kaen F.C. 34 13 10 11 −8 49
9 Nongbua Pitchaya F.C. 34 12 10 12 +1 46
10 Lampang F.C. 34 11 12 11 −4 45
11 JL Chiangmai United F.C. 34 10 10 14 0 40
12 Kasetsart F.C. 34 10 10 14 −3 40
13 Samut Sakhon F.C. 34 8 10 16 −28 34
14 Air Force United F.C. 34 9 7 18 −14 34
15 MOF Customs United F.C. 34 9 6 19 −29 33
16 Navy F.C. 34 9 6 19 −15 33
17 Ubon United F.C.(※③) 34 8 6 20 −25 30 財政難により2020年シーズンタイ4部リーグに降格
18 Ayutthaya United F.C. 34 5 9 20 −27 24  
※各クラブ、ホーム&アウェイの全34試合。

※①:優勝したBG Pathum United F.C.第2位のPolice Tero F.C.、第3位のRayong F.C.は2020年シーズンタイ1部リーグに昇格しました。

※②:第5位のArmy United F.C.と第6位のThai Honda F.C.はクラブが解散し、2020年シーズンタイ2部リーグへ参加しないことをシーズン終了後に発表しました。

※③:第17位のUbon United F.C.は、財政状況の問題でタイ2部リーグに参加するためのライセンスが発行されなかったため、2020年シーズンタイ4部リーグに降格しました。

まとめ

今回は2019年シーズンのタイ2部リーグについて解説しました。

日本国籍選手が10人プレーしており需要は高いと言えますが、プロの経歴がない選手がいきなり契約できるかというと個人的には難しいと感じています。

このブログを読んで少しでもタイのサッカーに興味を持っていただけると嬉しいです。

【タイ2部リーグ】2020~2021年シーズンタイリーグ2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA