【マレーシア3部リーグ】2020年シーズンマレーシアM3リーグ

こんにちは、ゆうたです。

ここ数年でヨーロッパのサッカーリーグの下部リーグでプレーしている日本人選手が多くなってきているとよく聞きますし、ぼく自身2016年にはチェコ4部リーグでプレーした経験があります。それに比べて東南アジアの下部リーグの情報やプレーしている選手のことはあまり知られていないと個人的に感じています。

実際のところ、国によっては下部リーグが存在していても外国籍の選手はプレーできない国も多く、情報もかなり少ないです。そんな中、2020年現在、ぼくがプレーしているマレーシアリーグは、下部リーグでも外国籍の選手がプレーできるリーグの1つです。

そこで今回は、「マレーシアM3リーグ(3部)*以下M3リーグ」の2020年シーズンについて解説してきます。
※2020年シーズンのM3リーグは、コロナウイルスの影響で開幕後第2節のみ開催され、その後中止となりました。

参加クラブ


※Amatuer Football League Official Facebook Pageより(参加クラブ一覧)

2020年シーズンのM3リーグは、マレーシア全土から20クラブが参加しています。

※クラブ名のリンクから各クラブの公式Facebookページに飛ぶことができます。

IKRAM Muda Football ClubImmigration Football ClubKlasiko FCKSR SainsNorthern Lions Football ClubPerlis United Football ClubPIB FCThai Selangor FCが2019年シーズンのM4リーグからの昇格クラブです。

Kuala Lumpur Rovers Football ClubMelaka City Football ClubSemarak Football Clubが新しくできたクラブです。

Sarawak FAは2019年シーズンのマレーシアプレミアリーグからの降格クラブです。

【マレーシア2部リーグ】2019年シーズンマレーシアプレミアリーグ

【マレーシア3部リーグ】2019年シーズンマレーシアM3リーグ

外国籍選手枠

2020年シーズンのM3リーグの外国籍選手枠は、以下の通りです。

登録枠4人(一般外国籍選手2人+20歳以下の一般外国籍選手2人)

出場枠4人(一般外国籍選手2人+20歳以下の一般外国籍選手2人)

FAM Leagueでは、外国籍の選手の登録は認めてられておらずマレーシア国籍の選手のみの選手登録が可能だったため、M3リーグからの新しいルールの1つとなっています。

2019年シーズンは登録・出場枠共に一般外国籍選手2人のみでした。

外国籍選手枠の編成

2020年シーズン終了時のマレーシアM3リーグの外国籍選手の各クラブの編成です。

※あくまで個人的に集めた情報での数字です。

クラブ 1 2 U20-1 U20-2
Armed Forces F.C.
Harini Football Club 🇨🇩 🇳🇪 🇨🇩 🇨🇩
IKRAM Muda Football Club
Immigration Football Club 🇱🇷 🇳🇬
Klasiko FC 🇨🇩 🇳🇬
KSR Sains
Kuala Terengganu Rovers Football Club 🇸🇳
Kuala Lumpur Rovers Football Club 🇦🇷 🇨🇮
Langkawi City Football Club 🇳🇬 🇳🇬 🇯🇵
Manjung City Football Club
Melaka City Football Club
Melawati Football Club 🇸🇳 🇯🇵
Northern Lions Football Club 🇹🇭 🇹🇭
Perlis United Football Club 🇧🇪 🇺🇸
PIB FC 🇯🇵
Protap F.C. 🇳🇬
Sarawak FA 🇨🇬 🇺🇬 🇨🇬 🇺🇬
Semarak Football Club 🇬🇭 🇯🇵
Thai Selangor FC 🇯🇵
Ultimate F.C. 🇯🇵 🇧🇷

※肌色の背景はシーズン途中(開幕後の前期もしくは後期の移籍期間)に加入した選手です。
※薄緑色の背景はシーズン途中に国内移籍(同リーグの他クラブに移籍)した選手です。

地域
アジア(8) 🇯🇵日本(6),🇹🇭タイ(2)
アフリカ(18) 🇳🇬ナイジェリア(5),🇨🇩コンゴ民主共和国(4),🇨🇬コンゴ共和国(2),🇺🇬ウガンダ(2),
🇸🇳セネガル(1),🇳🇪ニジェール(1),🇱🇷リベリア(1),🇨🇮コートジボワール(1),🇬🇭ガーナ(1)
北中米(1) 🇺🇸アメリカ(1)
南米(2) 🇦🇷アルゼンチン(1),🇧🇷ブラジル(1)
ヨーロッパ(1) 🇧🇪ベルギー(1)

※シーズン終了時に在籍していた選手一覧のため、退団した選手は含んでいません。

また、クラブによってはマレーシア国籍の選手のみでリーグ戦を戦っているクラブやゴールキーパーに外国籍選手(マレーシアはスーパーリーグとプレミアリーグでは外国籍選手枠でのゴールキーパーの登録を認めていない)の登録しているクラブもあり、上位リーグとは違ったリーグになっています。

日本国籍選手一覧

宮崎 崚平(ミヤザキ リョウヘイ)選手【FW】、1995年生まれ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Ryohei Miyazaki(@ryoheimiyazaki_10)がシェアした投稿

※宮崎選手のInstagramより
Melawati Football Club所属。日本の地域リーグ、ポーランド、アメリカでプレー後、2020年シーズンからMelawati Football Clubと契約しています。

岸 健太(キシ ケンタ)選手【MF,FW】、1996年生まれ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Kenta Kishi🇲🇾(@soccer161045)がシェアした投稿

※岸選手のInstagramより
PIB FC所属。東京国際大学を卒業後、社会人リーグ、ラオスでプレーし、2020年シーズンからPIB FCと契約しました。

木下 伶耶(キノシタ レイヤ)【MF】、1994年生まれ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Reiya Kinoshita / 木下伶耶(@reeeeeeya38)がシェアした投稿

※木下選手のInstagramより
Ultimate Football Club所属。帝京大学を卒業後、沖縄SV、カンボジアでプレーし、2020年シーズンからUltimate Football Clubと契約しました。

米澤 淳司(ヨネザワ アツシ)選手【FW,MF】1985年生まれ

米澤選手のInstagram
Semarak Football Club所属。中央大学を卒業後、日本のJリーグのジェフユナイテッド市原・千葉でプレーし海外へ。インド、インドネシア、ミャンマー、バングラデシュでプレーし、2020年シーズンからSemarak Football Clubと契約しました。

高山 龍(タカヤマ リュウ)選手【FW】、2000年生まれ

Langkawi City Football Club所属。SC相模原U-21でプレー後、2020年シーズンからLangkawi City Football Clubと契約しました。

saito kota(サイトウ コウタ)選手、1997年生まれ

Thai Selangor所属。

順位表

2020年シーズンのM3リーグの最終順位は以下の通りです。
※2020年シーズンのM3リーグは、コロナウイルスの影響で開幕後第2節のみ開催され、その後中止となりました。

グループA

順位 クラブ 試合 勝ち 引分 負け 得失 勝点
1 Kuala Lumpur Rovers Football Club 2 2 0 0 +4 6
2 Armed Forces F.C. 2 1 1 0 +4 4
3 Langkawi City Football Club 2 1 1 0 +2 4
4 Harini Football Club 2 1 0 1 +6 3
5 Manjung City Football Club 2 1 0 1 −1 3
6 Perlis United Football Club 2 1 0 1 −3 3
7 Thai Selangor FC 2 1 0 1 −6 3
8 Northern Lions Football Club 2 0 1 1 −1 1
9 IKRAM Muda Football Club 2 0 1 1 −2 1
10 Klasiko FC 2 0 0 2 −3 0

グループB

順位 クラブ 試合 勝ち 引分 負け 得失 勝点
1 Kuala Terengganu Rovers Football Club 2 2 0 0 +2 6
2 Protap F.C. 2 1 0 1 +2 3
3 Immigration Football Club 2 1 0 1 +1 3
4 KSR Sains 2 1 0 1 +1 3
5 Melaka City Football Club 2 1 0 1 −1 3
6 Semarak Football Club 2 1 0 1 −1 3
7 Ultimate F.C. 2 1 0 1 −2 3
8 PIB FC 2 0 2 0 0 2
9 Sarawak FA 2 0 1 1 −1 1
10 Melawati Football Club 2 0 1 1 −1 1

まとめ

今回は2020年シーズンのマレーシアM3リーグについて解説しました。

2019年シーズンからの新しい体制で始まったリーグなので、情報は少ないと思いますが、実際にプレーしたぼくだからこそ伝えられることがあると思い、書いてみました。

外国籍選手枠も新設されたことにより、東南アジアでプレーしたい選手にとっては新しいチャンスが増えたことを意味すると個人的には感じています。今後、マレーシアリーグでプレーする日本人選手が増えてくれる気もしています。

このブログを読んで少しでもマレーシアサッカーに興味を持っていただけると嬉しいです。

【マレーシア3部リーグ】2021年シーズンマレーシアM3リーグ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA