【マレーシア2部リーグ】2019年シーズンマレーシアプレミアリーグ

こんにちは、ゆうたです。

2003年シーズンまでのマレーシアリーグの1部と2部リーグは、Liga Perdana1(1部)とLiga Perdana2(2部)といリーグ名で開催されていましが、2004年シーズン以降は、現在と同じ形のマレーシアスーパーリーグ(1部)とマレーシアプレミアリーグ(2部)で開催されています。

*Liga Perdanaはマレー語でPremier League(プレミアリーグ)の意味

ぼく自身以前までマレーシプレミアリーグのことは、名前を聞くとイングランドプレミアリーグのイメージから1部リーグだと勘違いしていました。笑

ですが、現在はマレーシアの1部リーグではなく2部リーグという位置付けになっています。今回は、そのマレーシアプレミアリーグの2019年シーズンについて解説していきます。

参加クラブ


※Malaysia Football league official Facebook pageより(2019年シーズンの開幕戦の対戦カード)

2019年シーズンのマレーシプレミアリーグはマレーシア全土から以下の12クラブが参加しています。

※クラブ名のリンクから各クラブの公式Facebookページに飛ぶことができます。

Johor Darul Ta’zim F.C.ⅡとTerengganu FC IIは両クラブとも、マレーシアスーパリーグに所属する、Johor Darul Ta’zim F.CとTerengganu FCのセカンドチームになり、順位次第で下部リーグへの降格はあっても、トップチームが所属する上位リーグ(この2クラブの場合はマレーシアスーパーリーグ)への昇格はできません。

Kelantan FAとNegeri Sembilan FAが2018年シーズンのマレーシアスーパーリーグからの降格クラブで、Perlis FAとSelangor United F.C.が2018年シーズンのFAM League(3部)からの昇格クラブになります。

外国籍選手枠

2019年シーズンのマレーシプレミアリーグの外国籍選手枠は、以下の通りです。

登録枠4人(一般外国籍の選手3人+アジア枠の選手1人)
出場枠4人(一般外国籍の選手3人+アジア枠の選手1人)

マレーシアプレミアリーグは、マレーシアスーパーリーグと違い東南アジア出身選手の枠はありません。

外国籍選手枠の構成


※Malaysia Football League Official Youtubeより

2019年シーズン終了時のマレーシプレミアリーグの各クラブの外国籍選手の編成です。

※あくまで個人的に集めた情報での数字です。

クラブ  1   2   3  アジア  退団した選手 
Johor Darul Ta’zim F.C.Ⅱ 🇧🇷 🇦🇷 🇦🇷 🇱🇧        
Kelantan FA 🇫🇷       🇺🇾 🇧🇷 🇦🇫 🇧🇷
Negeri Sembilan FA 🇧🇷 🇧🇷 🇧🇷 🇯🇵 🇸🇱      
PDRM FA 🇲🇪 🇳🇬 🇱🇷 🇰🇷 🇲🇪 🇧🇷 🇨🇫  
Penang FA 🇦🇷 🇧🇷 🇦🇷 🇰🇷 🇭🇹 🇦🇺    
Sabah FA 🇦🇴 🇷🇸 🇹🇲 🇰🇷 🇷🇸 🇧🇷    
Sarawak FA 🇧🇷 🇧🇷 🇧🇷 🇮🇩 🇧🇦      
Selangor United F.C. 🇨🇫 🇲🇪 🇰🇷 🇺🇿 🇦🇷
🇪🇬     
Terengganu FC II 🇺🇦 🇨🇮 🇳🇬 🇯🇵        
UiTM F.C. 🇸🇸 🇧🇷 🇲🇪 🇰🇷 🇧🇳 🇸🇳 🇰🇬  
UKM F.C. 🇷🇴 🇭🇷 🇳🇬 🇮🇷        
Perlis FA                

※肌色の背景はシーズン途中(開幕後の前期もしくは後期の移籍期間)に加入した選手です。
※薄緑色の背景はシーズン途中に国内移籍(マレーシア1部リーグの他クラブに移籍)した選手です。

※シーズン終了時に在籍していた選手一覧のため、退団した選手は含んでいません。

※Perlis FAはリーグ開幕数試合後、2019年シーズンのチーム始動時からの給料未払い問題が解決されず、活動停止になったため、外国籍選手はゼロとなっています。また、Kelantan FAは半期の移籍期間に外国籍選手が4人ともクラブを離れたため、新たに契約した1人のみとなっています。

ここでもマレーシアスーパーリーグと同じくブラジルが9人でトップ、次いで韓国が5人、アルゼンチンが4人、ナイジェリアとモンテネグロが3人、日本が2人、その他が1人ずつとなっています。

このように様々な国籍の選手と交流があることもサッカーの魅力のひとつだと個人的には思っています。ぼく自身、もしサッカーをしていなかったら、ジンバブエ国籍とアフガニスタン国籍の選手たちと1週間同じ部屋で寝泊りすることはきっとなかったと思います。笑(過去にトライアウト中に経験しました)

日本国籍選手一覧

中武 駿介(ナカタケ シュンスケ)選手【MF】、1990年生まれ

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Shunsuke Nakatake(@takezo7)がシェアした投稿

※中武選手のInstagramより

Negeri Sembilan FA所属。2018年シーズンは同リーグのPDRM FAでプレーし、2019年シーズンからNegeri Sembilan FAに完全移籍し、1シーズンプレーしました。2016年シーズンからマレーシアリーグでプレーしており、マレーシアの他にシンガポールリーグでのプレー経験もあります。

ブルーノ 鈴木(ブルーノ スズキ)選手【FW】、1990年生まれ

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

BRUNO SUZUKI(@cbruno_7)がシェアした投稿

※鈴木選手のInstagramより

Terengganu FC Ⅱ所属。2018年シーズンから所属しているTerengganu FC Ⅱで2019年シーズンも契約を延長し、1シーズンプレーしました。日本のJリーグとシンガポールリーグと経験豊富なストライカーです。

順位表

2019年シーズンのマレーシアプレミアリーグの最終順位は以下の通りです。

順位 クラブ 試合 勝ち 引分 負け 得失 勝点 備考欄
1 Sabah FA(※①) 20 13 4 3 +16 43 2020年シーズンのマレーシアスーパーリーグに昇格
2 Johor Darul Ta’zim F.C.Ⅱ 20 9 6 5 +12 33  
3 PDRM FA(※①) 20 9 3 8 +3 30 2020年シーズンのマレーシアスーパーリーグに昇格
4 Terengganu FC II 20 8 6 6 −3 30  
5 UiTM F.C.(※①) 20 8 5 7 +8 29 2020年シーズンのマレーシアスーパーリーグに昇格
6 Negeri Sembilan FA 20 8 5 7 +4 29  
7 Penang FA(※④) 20 8 6 6 +5 24
8 UKM F.C. 20 6 4 10 −4 22
9 Selangor United F.C. 20 6 3 11 −13 21
10 Kelantan FA(※④) 20 4 8 8 −9 17
11 Sarawak FA(※②) 20 4 4 12 −19 16 2020年シーズンのマレーシアM3リーグに降格
12 Perlis FA(※③) 0 0 0 0 0 0 活動停止により降格

※各クラブ、ホーム&アウェイの全22試合。

※①:通常は上位2クラブがマレージアスーパーリーグへの昇格ですが、セカンドチーム(マレーシアスーパーリーグにトップチームをもつJohor Darul Ta’zim F.C.ⅡとTerengganu FC II)は昇格できないのに加え、2019年シーズンマレーシアスーパーリーグに所属していたPKNS F.C.が2020年シーズンより同リーグ所属のSelangor FAのセカンドチームになることが決定し自動降格(同じカテゴリーに同じクラブが所属することはできないため)するため、セカンドチームを除いた上位3クラブSabah FAPDRM FAUiTM F.C.が自動昇格しました。

※②:第11位のSarawak FAは、2019年シーズンマレーシアM3リーグ(3部)で第2位となったKuching FAとプレーオフ(入れ替え戦)で敗戦し、2020年シーズンのマレーシアM3リーグに降格が決定しました。

※③:第12位のPerlis FAはリーグ開幕数試合後、2019年シーズンのチーム始動時からの給料未払い問題が解決されず、活動停止になりました。

※④:Penang FAKelantan FAは昨シーズンまでの給料未払い問題が解決されておらず、シーズン中に勝ち点を減点(Penang FAはマイナス6ポイント、Kelantan FAはマイナス3ポイント)されています。

セカンドチーム(Johor Darul Ta’zim F.C.ⅡTerengganu FC II)を除く、上位5クラブがリーグ戦終了後に開催された2019年シーズンのマレーシアカップに出場し、セカンドチームを含む他の7クラブが2019年シーズンのマレーシアチャレンジカップに出場しました。マレーシアのカップ戦については以下の記事に詳しく書いています。

マレーシアのサッカーについて

まとめ

今回は2019年シーズンのマレーシアプレミアリーグについて解説してきました。

マレーシアプレミアリーグは、セカンドチームが参戦していたり結果次第で参加できるカップ戦(マレーシアカップとチャレンジカップ)が違ったりとかなり特殊なリーグだと個人的には思っています。

このブログを読んで少しでもマレーシアサッカーに興味を持っていただけると嬉しいです。

【マレーシア2部リーグ】2020年シーズンマレーシアプレミアリーグ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA