【ラオス1部リーグ】2022年シーズンラオプレミアリーグ

こんにちは、ゆうたです。

「東南アジア最後の桃源郷」と言われている東南アジアの小国ラオス。そんなラオスにもサッカーリーグが存在します。

今回は、そのラオス1部リーグの2021年シーズンについて解説していきます。

参加クラブ

※Lao League 1 ລາວລີກ 1 Official Facebook Pageより(参加クラブ一覧)

2022年シーズンのラオス1部リーグは全国リーグとなっており、ラオス全土から以下の7クラブが参加しています。

※クラブ名のリンクから各クラブの公式Facebookページに飛ぶことができます。

Master7 FCLuangprabang FFFC Champasakが新しく参戦するクラブです。

【ラオス1部リーグ】2021年シーズンラオプレミアリーグ

外国籍選手枠

2022年シーズンのラオス1部リーグの外国籍選手枠は、以下の通りです。

登録枠4人(一般外国籍の選手3人+アジア枠の選手1人)
出場枠4人(一般外国籍の選手3人+アジア枠の選手1人)

ラオス1部リーグは、AFC(アジアサッカー協会)の外国籍選手のルールである”3+1”(一般外国籍の選手3人+アジア枠の選手1人)と同じルールです。

※Lao League Official Youtubeより(Master7 VS Young Elephant | HIGHLIGHTS)

外国籍選手枠の編成

2022年シーズンのラオス1部リーグの各クラブの外国籍選手の編成です。

※あくまで個人的に集めた情報での数字です。

クラブ 1 2 3 アジア 退団した選手
Lao Army FC
Ezra FC 🇬🇺 🇯🇵
Viengchanh FC 🇳🇬 🇸🇱 🇨🇲
Young Elephants FC 🇧🇷 🇲🇲 🇯🇵 🇯🇵 🇯🇵🇯🇵
Master7 FC 🇲🇱 🇯🇵 🇧🇷🇸🇱🇳🇬
Luangprabang FF 🇱🇷 🇯🇵
FC Champasak

・地域別外国籍選手数

地域
アジア(7) 🇯🇵日本(5),🇲🇲ミャンマー(1),🇬🇺グアム(1)
アフリカ(5) 🇳🇬ナイジェリア(1),🇲🇱マリ(1),🇱🇷リベリア(1),🇸🇱シエラレオネ(1),🇨🇲カメルーン(1)
北中米(0)
南米(1) 🇧🇷ブラジル(1)
ヨーロッパ(0)

 

日本国籍選手一覧

渡邉 卓矢(ワタナベ タクヤ)選手

 

この投稿をInstagramで見る

 

Takuya Watanabe(@takuya.w13)がシェアした投稿

※渡邊選手のInstagramより
ポジション:MF/DF
生年月日:1988年4月11日
経歴:Estudiantes de la plata(アルゼンチン) – JSC Niigata – Sportiva Tsukuba – HBO Tokyo – CMAC UNITED(カンボジア) – Goyo FC(モンゴル) – Selengepress(モンゴル) – Three Star Club(ネパール) – Selengepress(モンゴル) – Samutprakan FC(タイ) – Athletic 220(モンゴル) – Viengchanh FC(ラオス)
Viengchanh FC所属。2020年シーズンからViengchanh FCに加入しました。カンボジア、タイ、モンゴル、ネパールでのプレー経験があります。

柳園 良太(ヤナギゾノ リョウタ)選手

 ※柳園選手のInstagramより
ポジション:FW
生年月日:1996年4月12日生まれ
経歴:西武台高校 – 東京国際大学 – FCViktoria Arnoldsweiler(ドイツ) – SV Rott(ドイツ) – YSCC横浜 – Young Elephants FC(ラオス)
Young Elephants FC所属。

村田 勝利(ムラタ ショウリ)選手

 

この投稿をInstagramで見る

 

Shori 14(@shori.14)がシェアした投稿

※村田選手のInstagramより
ポジション:MF
生年月日:1993年9月4日生まれ
経歴:桐光学園高校 -関東学院大学 – HBO東京 – Lao Toyota FC(ラオス) – Athletic 220 FC(モンゴル) – Yangon United FC(ミャンマー) – Persiraja Banda Aceh(インドネシア) – Young Elephants FC(ラオス)
Young Elephants FC所属(後期のみ)。関東学院大学を卒業後、ラオス、モンゴル、ミャンマー、インドネシアでプレーし2022年からラオスに戻ってプレーしています。

石川 令(イシカワ レイ)選手

ポジション:MF
生年月日:1987年2月10日生まれ
経歴:Club Atlético Argentino de Rosario(アルゼンチン) – UD Tegueste(スペイン) – North York Astros(カナダ) – FK Jelgava(ラトビア) – SV Rot-Weiß Hadamar(ドイツ) – Lamphun Warriors FC(タイ) – Kamphaengphet FC(タイ) – Phetchaburi FC(タイ)- Lamphun Warriors FC(タイ) – Nan FC(タイ) – Luang Prabang United(ラオス) – Khaan Khuns-Erchim(モンゴル) – Luang Prabang FC(ラオス)
Luang Prabang FC(後期)所属。

鮎川 幸浩(アユカワ ユキヒロ)選手

ポジション:FW
生年月日:1998年9月18日生まれ
経歴:大宮工業高校 – 東洋大学 – Master7 FC(ラオス)
Master7 FC(後期)所属。

※以下前期のみ在籍

岩橋 聡志(イワハシ サトシ)選手

※岩橋選手のInstagramより
ポジション:FW
生年月日:1995年9月2日生まれ
経歴:長崎日大高校 – 城西国際大学 – St.patricks CYFC(アイルランド) – Khangarid FC(モンゴル) – Athletic 220 FC(モンゴル) – Young Elephants FC(ラオス)
Young Elephants FC所属(前期のみ)。城西国際大学を卒業後、アイルランド、モンゴルでプレーし、2022年からラオスでプレーしています。

戸張 雅也(トバリ マサヤ)選手

ポジション:MF
生年月日:1997年9月2日生まれ
経歴:Taiwan Steel FC(台湾) – Khangarid FC(モンゴル)
Young Elephants FC所属(前期のみ)。

まとめ

今回は2022年シーズンのラオス1部リーグについて解説しました。

2018年に一度ラオスに訪れたことがありますが、街も人も穏やかで住みやすそうだなーと思っています。笑

毎シーズン日本国籍選手も多くプレーしており、2部リーグも外国籍選手がプレー可能なため、プロ経歴のない選手にはチャンスの多くあるリーグだと個人的には感じています。

このブログを読んで少しでもラオスのサッカーに興味を持っていただけると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA