【マレーシア2部リーグ】2022年シーズンマレーシアプレミアリーグ

こんにちは、ゆうたです。

2003年シーズンまでのマレーシアリーグの1部と2部リーグは、Liga Perdana1(1部)とLiga Perdana2(2部)といリーグ名で開催されていましが、2004年シーズン以降は、現在と同じ形のマレーシアスーパーリーグ(1部)とマレーシアプレミアリーグ(2部)で開催されています。
※Liga Perdanaはマレー語でPremier League(プレミアリーグ)の意味

ぼく自身以前までマレーシプレミアリーグのことは、名前を聞くとイングランドプレミアリーグのイメージから1部リーグだと勘違いしていました。笑 ですが、現在はマレーシアの1部リーグではなく2部リーグという位置付けになっています。

また2021年シーズンからJリーグはもちろん日本代表でも活躍した本山雅志選手がマレーシアプレミアリーグ(2部)所属のKelantan United FCへの加入が発表となり、日本でもマレーシアリーグの注目が集まっています。

今回は、そのマレーシアプレミアリーグの2022年シーズンについて解説していきます。

参加クラブ

2022年シーズンのマレーシプレミアリーグはマレーシア全土から以下の10クラブが参加しています。

※クラブ名のリンクから各クラブの公式Facebookページに飛ぶことができます。

Perak FCUiTM FCが2021年シーズンのマレーシアスーパーリーグからの降格クラブです。
※2021年シーズンのマレーシア2部リーグは降格クラブは原則ない予定でしたが、Perak FCが降格してきたため、Perak FC Ⅱは自動降格の対象となりその後チームの解散を発表しました。(同リーグに同じクラブが参加できない決まりのため)
SKUAD PROJEK FAM-MSNは、マレーシアサッカー協会FAMと国家スポーツ評議会MSNが運営する国営サッカーアカデミーの出身者で構成されるチームで、20歳以下のマレーシア国籍選手のみで構成されています。

Johor Darul Ta’zim FCⅡTerengganu FC IISelangor FC 2の3クラブはマレーシアスーパリーグに所属する、Johor Darul Ta’zim FCTerengganu FCSelangor FCのセカンドチームになり、順位次第で下部リーグへの降格はあっても、トップチームが所属する上位リーグ(この3クラブの場合はマレーシアスーパーリーグ)への昇格はできません。

【マレーシア1部リーグ】2021年シーズンマレーシアスーパーリーグ

【マレーシア2部リーグ】2021年シーズンマレーシアプレミアリーグ

外国籍選手枠

2022年シーズンのマレーシプレミアリーグの外国籍選手枠は、以下の通りです。

登録枠4人(一般外国籍の選手3人+アジア枠の選手1人)
出場枠4人(一般外国籍の選手3人+アジア枠の選手1人)

マレーシアプレミアリーグは、マレーシアスーパーリーグと違い東南アジア出身選手の枠はありません。

外国籍選手枠の構成

2022年シーズンのマレーシプレミアリーグの各クラブの外国籍選手の編成です。

※あくまで個人的に集めた情報での数字です。

クラブ 前期/後期 1 2 3 アジア 退団した選手
Johor Darul Ta’zim FCⅡ 前期 🇧🇷 🇪🇸(🇲🇱) 🇪🇸 🇵🇭(🇪🇸)  
後期          
Kelantan FC 前期 🇧🇷 🇭🇹 🇱🇧 🇮🇩  
後期     🇧🇷 🇯🇵  
Kelantan United FC 前期 🇳🇬 🇬🇭 🇯🇵 🇯🇵  
後期          
Kuching City FC 前期 🇧🇷 🇬🇾 🇱🇷 🇯🇵  
後期   🇧🇷      
Perak FC 前期  
後期          
PDRM FC 前期 🇬🇭 🇸🇰 🇰🇬 🇰🇬  
後期       🇯🇴  
Selangor FC 2 前期 🇬🇭 🇬🇭 🇬🇭 🇲🇲 🇬🇭
後期        
Terengganu FC II 前期 🇲🇪 🇬🇭 🇳🇦 🇵🇭(🇩🇪)  
後期        
UiTM FC
前期 –   
後期 🇬🇭        
※退団した選手は怪我やパフォーマンス不足などの理由により途中で退団した選手です。

・地域別外国籍選手数

地域
アジア(9) 🇯🇵日本(4),🇰🇬キルギス(2),🇵🇭フィリピン(2),🇲🇲ミャンマー(1)
アフリカ(8) 🇬🇭ガーナ(5),🇳🇬ナイジェリア(1),🇱🇷リベリア(1),🇳🇦ナミビア(1)
北中米(1) 🇭🇹ハイチ(1)
南米(5) 🇧🇷ブラジル(5),
ヨーロッパ(4) 🇪🇸スペイン(2),🇲🇪モンテネグロ(1),🇸🇮スロベニア(1)

日本国籍選手一覧

本山 雅志(モトヤマ マサシ)選手

ポジション:MF
生年月日:1979年6月20日生まれ
経歴:東福岡高 – 鹿島アントラーズ – ギラヴァンツ北九州 – Kelantan United FC(マレーシア)
Kelantan United FC所属。元日本代表でJリーグの鹿島、北九州でプレー経験があります。2021年からマレーシアでプレーしています。

深井 脩平(フカイ シュウヘイ)選手

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ShuheiFukai 深井脩平(@shuhei.f_22)がシェアした投稿

※深井選手のInstagramより
ポジション:DF
生年月日:1993年7月20日生まれ
経歴:大宮アルディージャユース – 北陸大学 – ブラウブリッツ秋田 – いわてグルージャ盛岡 – ヴァンラーレ八戸 – いわてグルージャ盛岡 – Kelantan United FC(マレーシア)
Kelantan United FC所属。北陸大学を卒業後、日本のJリーグのブラウブリッツ秋田、いわてグルージャ盛岡、ヴァンラーレ八戸でプレーし、2021年からマレーシアでプレーしています。

谷川 由来(タニガワ ユウキ)選手

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Yuki Tanigawa/谷川 由来(@tngwyuk)がシェアした投稿

※谷川選手のInstagramより
ポジション:MF/DF
生年月日:1997年4月21日生まれ
経歴:守山北高 – 京都産業大 – Kuching FA(マレーシア) – Kelantan United FC(マレーシア) – Kuching City FC(マレーシア)
Kuching City FC所属。京都産業大学を卒業後、2020年シーズンにKuching FAでプレーし、2021年シーズンからKelamtan United FCに移籍し、2022年に前所属のKuching City FC(旧Kuching FA)に帰ってきました。

原 健太(ハラ ケンタ)選手

原選手のInstagram
ポジション:FW
生年月日:1996年5月26日生まれ
経歴:1.FC Monheim(ドイツ) – SC Kapellen-Erft(ドイツ) – Port Kembla FC(オーストラリア) – FK Alfa Modriča(ボスニアヘルツェゴビナ) – Kelanatan FC(マレーシア)
Kelanatan FC(後期)所属。

まとめ

今回は2022年シーズンのマレーシアプレミアリーグについて解説してきました。

マレーシアプレミアリーグは、セカンドチームが参戦していたり結果次第で参加できるカップ戦(マレーシアカップとチャレンジカップ)が違ったりとかなり特殊なリーグだと個人的には思っています。

このブログを読んで少しでもマレーシアサッカーに興味を持っていただけると嬉しいです。

マレーシアのサッカーについて

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA