【マレーシア1部リーグ】2022年シーズンマレーシアスーパーリーグ

こんにちは、ゆうたです。

近年、力をつけてきている東南アジアのサッカー。日本ではタイ代表でコンサドーレ札幌所属のチャナティップ選手や横浜Fマリノス所属のティーラトン選手などタイ人選手の活躍もありタイリーグを知っている人はいると思います。

実は、J2のファジアーノ岡山(2021年シーズンはJ3のアスルクラロ沼津に期限付き移籍)にマレーシア出身の現U−23マレーシア代表の長身ストライカーのファディ選手が所属しています。

また2021年シーズンからJリーグはもちろん日本代表でも活躍した本山雅志選手がマレーシアプレミアリーグ(2部)所属のKelantan United FCへの加入が発表となり、日本でもマレーシアリーグの注目が集まっています。

今回は、そんなファディ選手もプレーした経験のあるマレーシアスーパーリーグの2022年シーズンについて解説していきます。

参加クラブ

2022年シーズンのマレーシアスーパーリーグは全国リーグとなっており、マレーシア全土から以下の12クラブが参加しています。

Negeri Sembilan FCSarawak United FCが2021年シーズンのマレーシアプレミアリーグ(2部)からの昇格クラブになります。

2021年シーズンからの民営化に伴い、クラブ名(クラブロゴも)が新しくなったクラブが多くあります。

【マレーシア1部リーグ】2021年シーズンマレーシアスーパーリーグ

【マレーシア2部リーグ】2021年シーズンマレーシアプレミアリーグ

 

外国籍選手枠

2022年シーズンのマレーシアスーパーリーグの外国籍選手枠は、以下の通りです。

登録枠5人(一般外国籍の選手3人+アジア枠の選手1人+東南アジア枠の選手1人)

出場枠5人(一般外国籍の選手3人+アジア枠の選手1人+東南アジア枠の選手1人)

2017年シーズンまでは、登録・出場枠共に4人(一般外国籍の選手3人+アジア枠の選手1人)でしたが、2018年シーズンから新たに東南アジア枠が増設されています。

外国籍選手枠の編成

2022年シーズンのマレーシアスーパーリーグの各クラブの外国籍選手の編成です。

※あくまで個人的に集めた情報での数字です。

クラブ 前期/後期 1 2 3 アジア 東南アジア 退団した選手
Johor Darul Ta’zim FC 前期 🇧🇷 🇲🇱(🇪🇸) 🇮🇹(🇦🇷) 🇦🇺 🇵🇭(🇪🇸)
後期
Kedah Darul Aman FC 前期 🇨🇮 🇨🇲 🇲🇩 🇰🇷 🇹🇭(🇩🇪)
後期
Kuala Lumpur City FC 前期 🇧🇷 🇨🇴 🇨🇬 🇦🇺(🇮🇹) 🇵🇭(🇩🇰)
後期
Melaka United FC 前期 🇧🇷 🇬🇭 🇭🇹 🇧🇭(🇳🇬) 🇵🇭(🇳🇱)
後期
Negeri Sembilan FC
前期 🇧🇷 🇫🇷 🇹🇬 🇹🇯(🇬🇭) 🇵🇭(🇸🇪)
後期
Penang FC 前期 🇧🇷 🇧🇷 🇧🇷 🇱🇧 🇵🇭(🇮🇹)
後期
Petaling Jaya City FC 前期
後期
Sabah FC 前期 🇧🇷 🇧🇷 🇯🇵 🇰🇷 🇮🇩
後期
Sarawak United FC 前期 🇹🇬 🇳🇬 🇦🇷 🇰🇷 🇰🇭(🇫🇷)
後期
Selangor FC 前期 🇧🇷 🇧🇷 🇯🇴 🇯🇴 🇸🇬
後期
Sri Pahang FC 前期 🇦🇷 🇫🇷 🇲🇱 🇯🇴 🇱🇦(🇫🇷)
後期
Terengganu FC 前期 🇸🇳 🇨🇮 🇱🇷 🇧🇭(🇳🇬) 🇵🇭(🏴󠁧󠁢󠁥󠁮󠁧󠁿)
後期

※退団した選手は怪我やパフォーマンス不足などの理由により途中で退団した選手です。

・地域別外国籍選手数

地域
アジア(24) 🇵🇭フィリピン(6),🇯🇴ヨルダン(3),🇰🇷韓国(3),🇦🇺オーストラリア(2),
🇧🇭バーレーン(2),🇯🇵日本(1)🇹🇯タジキスタン(1),🇸🇬シンガポール(1),
🇱🇦ラオス(1),🇹🇭タイ(1),🇱🇧レバノン(1),🇮🇩インドネシア(1),🇰🇭カンボジア(1)
アフリカ(12) 🇨🇮コートジボワール(2),🇹🇬トーゴ(2),🇲🇱マリ(2),🇬🇭ガーナ(1),🇱🇷リベリア(1),
🇳🇬ナイジェリア(1),🇸🇳セネガル(1),🇨🇬コンゴ共和国(1),🇨🇲カメルーン(1)
北中米(1) 🇭🇹ハイチ(1)
南米(14) 🇧🇷ブラジル(11),🇦🇷アルゼンチン(2),🇨🇴コロンビア(1)
ヨーロッパ(4) 🇫🇷フランス(2),🇲🇩モルドバ(1),🇮🇹イタリア(1)

日本国籍選手一覧

加賀山 泰毅(カガヤマ タイキ)選手

※加賀山選手のInstagramより
ポジション:FW
生年月日:1996年5月14日生まれ
経歴: JFAアカデミー福島U-18 – 関西大学 – Musan Salama(フィンランド) – KPV Kokkola(フィンランド) – FC Inter Turku(フィンランド) – Sabah FC(マレーシア)
Sabah FC所属。関西大学を卒業後、フィンランドでプレーし、2022年からマレーシアでプレーしています。

まとめ

今回は2022年シーズンのマレーシアスーパーリーグについて解説しました。

2014年シーズンから8連覇を達成したJohor Darul Ta’zim F.C.。2022年シーズンは連覇を止めることができるクラブが出てくるのか、これから楽しみです。

このブログを読んで少しでもマレーシアのサッカーに興味を持っていただけると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA